サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 打倒スポーツカーも夢じゃない!? スゴいエンジンを搭載した車3選

ここから本文です

打倒スポーツカーも夢じゃない!? スゴいエンジンを搭載した車3選

■スポーツカー顔負けのエンジンを搭載したクルマを振り返る

 スポーツカーの定義は諸説ありますが、その多くは見るからに速そうな外観のボディに、ハイパワーなエンジンを搭載するのが一般的です。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 しかし、高性能モデルはスポーツカーだけでなく、セダンやステーションワゴンといったクルマにも存在。

 そこで、外観に似合わないスゴいエンジンを搭載したクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●BMW「M5ツーリング」

 BMWの「Mハイパフォーマンスモデル」はBMW M社によって開発された高性能モデルで、2003年に発売された5代目「5シリーズ」にも「M5」がラインナップされました。

 この第4世代にあたるM5には、日本で導入されなかったステーションワゴンの「M5ツーリング」が存在します。

 セダンと同等の性能やドライビングプレジャーを誇り、ステーションワゴンならではの利便性を実現した、まさにスーパーワゴンです。

 M5ツーリングには、当時、BMWがF1用エンジンを供給していたことから、そのテクノロジーがフィードバックされた最高出力507馬力を発揮する5リッターV型10気筒エンジンを搭載。大排気量ながら最高回転数は8000rpmに達します。

 なお、常に507馬力を発揮できる状態にあるわけではなく、エンジン始動時は快適性重視の「P400パフォーマンスプログラム」が自動的に作動し、最高出力は400馬力に抑えられ、507馬力を発揮させるにはドライバーが「P500プログラム」を作動させる必要がありました。

 トランスミッションは7速SMG(AMT)が搭載され、駆動方式は2WDのFRです。

 外観は前後ワイドフェンダーとされ、専用の19インチホイールや4本出しマフラーなどにより、高性能モデルにふさわしいオーラを放っています。

 第4世代のM5は約2万台生産されましたが、M5ツーリングはわずか1000台ほどの生産台数で、いまでは大変希少なモデルです。

●メルセデス・ベンツ「450SEL 6.9」

 メルセデス・ベンツの高性能モデルというと、いまはメルセデス・AMGが担っていますが、かつては自社でも高性能モデルを開発していました。

 メジャーなモデルではポルシェと共同開発した「500E」がありますが、それ以前にもスゴいセダンが存在しています。

 1972年に発売されたメルセデス・ベンツ「W116型」は、いまに続く「Sクラス」が初めて名付けられ、最上級モデル「450SEL 6.9」が1975年に発売されました。

 車名のとおり6.9リッターV型8気筒エンジンを搭載し、3速ATを介して2トンほどある車体を225km/hまで到達させました。

 最高出力は286馬力と、いまとなってはたいした数字ではありませんが、56kgmという大トルクを発揮するので、雨の日はアクセルワークにかなり気を使ったといいます。

 先代の「W109型」でも「300SEL 6.3」が存在し、スポーツカーを追い回せるスーパーセダンと呼ばれていました。なお「450SEL 6.9」の排気量を超えるメルセデス・ベンツは、その後登場していません。

■コンパクトカーに大排気量エンジンを搭載!?

●トヨタ「ブレイドマスター」

 現在販売中のトヨタ「カローラスポーツ」の前身にあたるコンパクトカー「オーリス」は、2006年に世界戦略車として発売。

 このオーリスの兄弟車が、同じく2006年に発売された「ブレイド」で、オーリスよりも上級のプレミアムコンパクトとして開発されました。

 オーリスとの違いは外観のデザインと、エンジン、サスペンションにあり、なかでもリアサスペンションがオーリスのトーションビームからダブルウィッシュボーンに変更されたことで、上質な乗り心地と優れた運動性能を実現。

 そして、2007年には280馬力を誇る3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載した「ブレイドマスター」が追加されました。

 外観はスタンダードの2.4リッターモデルと大きく変わらず、フロントグリルの意匠程度で、エンブレムを見なければ差異はほとんどありません。

 280馬力を前輪のみで路面に伝えるために、サスペンションは専用チューニングが施され、フロントの重量増に対応してブレーキも強化されています。

 1.5リッターと1.8リッターエンジンを搭載するオーリスと同じシャシに、3.5リッターエンジンを搭載するブレイドマスターは、まさにスーパーコンパクトカーです。

※ ※ ※

 今回、紹介した3モデルは、すべて大排気量の自然吸気エンジンを搭載していましたが、近年はダウンサイジングターボエンジンの普及によって、大排気量の自然吸気エンジンは減少傾向にあります。

 ターボチャージャーによる出力向上は目覚ましく、市販車でもリッターあたり200馬力に到達したほどです。

 大排気量自然吸気エンジンの豪快な加速フィーリングは大いに魅力的ですが、近い将来に淘汰されてしまうかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します