現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に

ここから本文です
フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に
写真を全て見る(10枚)

ルノー キャプチャー(Renault Captur):フェイスリフトにより、キャプチャーはよりモダンになり、潜在的な顧客は、より低いエントリーレベルの価格にも魅了されるはずだ。

「ルノー キャプチャー」は、2013年半ばにミニバンの「モドゥス」に取って代わった。小型SUVの2代目は2019年から販売されているが、約5年ぶりにフェイスリフトの時期がやってきた。

アウトビルトジャパン編集部流「オートモビルカウンシル2024」探訪記

価格: キャプチャーのベーシックモデルの価格は下がる新型「キャプチャー」発売は2024年6月。ルノーは価格についてまだコメントしていないが、年初に2,600ユーロ安くなった「アルカナ」に追従すると思われる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

フェイスリフトされた新型「BMW 4シリーズ」クーペ、コンバーチブル、グランクーペのすべての情報!
フェイスリフトされた新型「BMW 4シリーズ」クーペ、コンバーチブル、グランクーペのすべての情報!
AutoBild Japan
すべてが変わった!新型「BMW X2」クーペスタイルの2代目X2をテストする
すべてが変わった!新型「BMW X2」クーペスタイルの2代目X2をテストする
AutoBild Japan
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
パワフルなエンジン、卓越した走行性能と上質なインテリアを備えた美しいクーペ これ以上何を望む?「メルセデスAMG CLE 53」
パワフルなエンジン、卓越した走行性能と上質なインテリアを備えた美しいクーペ これ以上何を望む?「メルセデスAMG CLE 53」
AutoBild Japan
燃焼エンジンのフルサウンドなしで本当にポルシェたり得るのか?新型「ポルシェ マカン ターボ」でテスト&チェック!
燃焼エンジンのフルサウンドなしで本当にポルシェたり得るのか?新型「ポルシェ マカン ターボ」でテスト&チェック!
AutoBild Japan
トヨタが新型「プレミアムバン」発表! 全長5m超えで高級顔&豪華内装の「マジェスティ」刷新!? タイで発売
トヨタが新型「プレミアムバン」発表! 全長5m超えで高級顔&豪華内装の「マジェスティ」刷新!? タイで発売
くるまのニュース
5速MTあり! スズキ「新型スポーティハッチバック」登場! 全幅1.7m超え「ワイドボディ」ד上質内装”採用! 「新型スイフト」印で発売
5速MTあり! スズキ「新型スポーティハッチバック」登場! 全幅1.7m超え「ワイドボディ」ד上質内装”採用! 「新型スイフト」印で発売
くるまのニュース
“縦目のベンツ” 初代コンパクトシリーズのメルセデス・ベンツW114/115(1968~1976年)
“縦目のベンツ” 初代コンパクトシリーズのメルセデス・ベンツW114/115(1968~1976年)
AutoBild Japan
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
キャデラックの最高級SUV『エスカレード』、大胆フェイスで今夏デビューへ…デザイン大予想
レスポンス
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
スズキがインドで新型スイフトを発売。パワートレインには新たなZシリーズエンジンを採用
カー・アンド・ドライバー
中古ではクラスの「コスパ1番」 ルノー・メガーヌ(4代目) UK中古車ガイド EDCの調子にご注意
中古ではクラスの「コスパ1番」 ルノー・メガーヌ(4代目) UK中古車ガイド EDCの調子にご注意
AUTOCAR JAPAN
ジープの人気モデルがさらに魅力を増して登場!機能装備も充実の「ラングラー」2024モデル
ジープの人気モデルがさらに魅力を増して登場!機能装備も充実の「ラングラー」2024モデル
@DIME
「ミニ JCW マキシチューナー」これぞまさに本来のミニ クーパーのドライビングの楽しさだ!
「ミニ JCW マキシチューナー」これぞまさに本来のミニ クーパーのドライビングの楽しさだ!
AutoBild Japan
「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
AUTOCAR JAPAN
全長5m級! ホンダの「最上級セダン」登場! “流麗デザイン”×めちゃ「上質インテリア」採用! 「新型アコード」どんな人が買ってる?
全長5m級! ホンダの「最上級セダン」登場! “流麗デザイン”×めちゃ「上質インテリア」採用! 「新型アコード」どんな人が買ってる?
くるまのニュース
フランス万歳!全てを兼ね備えたフレンチクラシックの新型「アルピーヌ A110 R」はサーキットでその真価を発揮する!
フランス万歳!全てを兼ね備えたフレンチクラシックの新型「アルピーヌ A110 R」はサーキットでその真価を発揮する!
AutoBild Japan
欧州で人気のキャンピングカー VW新型「カリフォルニア」世界初公開! 両側スライドドア新採用で右ハンドルの国の使い勝手が向上
欧州で人気のキャンピングカー VW新型「カリフォルニア」世界初公開! 両側スライドドア新採用で右ハンドルの国の使い勝手が向上
VAGUE
900馬力超! “斬新2速AT”搭載の新型「ハイパーSUV」価格発表! 「エレトレ」納車開始へ
900馬力超! “斬新2速AT”搭載の新型「ハイパーSUV」価格発表! 「エレトレ」納車開始へ
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • sop********
    プジョーのデザイン幹部が移籍してから、最近のプジョーデザインに似すぎている気がします。しかもキャプチャーはフェイスリフトのため、フロントのみが新デザイン言語となったのでサイド・リアとの整合性が取れていないと思います。

    フェイスリフト前のほうがバランスが良く、一目でルノーと分かるバランスの取れた良デザインでした・・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

337.0439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.8398.4万円

中古車を検索
キャプチャーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

337.0439.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.8398.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村