現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「チェリーバン」「ブルーバードUバン」「スカイラインバン」! 異様に多かった日産の「商用バン」を振り返る

ここから本文です

「チェリーバン」「ブルーバードUバン」「スカイラインバン」! 異様に多かった日産の「商用バン」を振り返る

掲載 9
「チェリーバン」「ブルーバードUバン」「スカイラインバン」! 異様に多かった日産の「商用バン」を振り返る

昭和のバンモデルには実用車にだけしておくにはもったいない個性があった

“バン”は辞書的に言うと“箱型の貨物自動車”のことを指す。トラックと並び、モノを運ぶことが仕事の社会を支えるクルマであるという役割は、今も昔も変わらない。

【華麗なる旧車女子】50年以上前のクルマに魅せられた理由

 ところが昭和から数えても、すでに平成、令和と2度も元号が変わり、ときが流れた今、バンの姿自体は大きく変わった。その契機は、1982年に日産から初代ADバンが登場したことに始まった。このADバンは合理的で新発想のクルマだったことは間違いないなく、日産にそれまでにあった、サニー、パルサー、オースター、バイオレットといった別々のモデルが、販売店と車名だけを変えた同じクルマとして用意されることになったのだった。

 さらにこのADバンは、他社のバンもOEMとして巻き込むことになった。世代にもよるが、ADバンの2世代目時代には、マツダのファミリアバン、スバルのレオーネ・バンが仲間に加わり、4代目では三菱ランサー・カーゴが加わった。さらにややこしいのはマツダ・ファミリアバンは、のちにトヨタ・プロボックスのOEMに鞍替えしていたりすることで、街なかでADバンやプロボックスを見かけて、クルマについているロゴマークが別のブランドだったりすると、承知していても一瞬、おや!? と思わせられたりする。

車名ごとにバンの設定があった

 さてここで文脈は昔はこうじゃなかった……の流れになるのだが、昔は、それも昭和のころといえば、今となっては信じられないことだが車名(銘柄)ごとにバンが用意されていたのだった。ADバンの流れで日産車でいうと、手元にある、東京モーターショーで配布された1972-1973年のパンフレットを見ると、チェリーバン、サニーバン、ブルーバードバン、ブルーバードUバン、スカイラインバン、セドリックバン、グロリアバン……と、じつに豊富な車種の“雄姿”の写真が載っている。

 しかも、なるほどとあらためて思わせられるのは、チェリー=1000cc/58ps、サニー=1200cc/68ps、ブルーバード=1400cc/85ps、ブルーバードU=1600cc/100ps、スカイライン=1800cc(1600ccもあった)/105ps、セドリック/グロリア=2000cc/115psと、ものの見事に、排気量とパワーの序列ができ上がっていたのである。

情緒とは対照的で合理的なヒエラルキーが敷かれていた

 じつはこの記事のテーマを編集部に提案したのは「バンの世界は今はADバンかプロボックス/サクシード一色だが、昔はそれぞれの車種ごとにバンが別々に用意されていて、町の風景も今に較べたら饒舌なものだった」ということをお伝えしたかったため。だが前述の日産のバンのラインアップをあらためて見直すと、意外なことに、情緒とは対照的で合理的なヒエラルキーが敷かれていたことを再認識させられた次第。

 きっと当時のバンのユーザーだった会社の経営者や街の商店の店主は、「チェリーのバンってキュートでカワイイよね」とか「やはりわが社の貫録を示すならセドリックでしょう」などと考えるよりも先に、営業車としてバンを使ったときのコスト、キャパシティから勘案して車種を選んでいたのだろう。

普通の実用車だが放っておけない魅力があった

 とはいえ、筆者のごく個人的な体験、記憶を元に語らせていただけば、小・中学校の通学で毎日通った街の風景のなかで見た当時のバンの姿は、それぞれにどれも個性的で、当時の子どもにとってもそれは印象深いものだったのだろう。昔のクルマ好きの子どもがみんなそうだったように、街で見かけたクルマの車名は言い当てられたし、ノートにその“絵”を描けと言われれば、フロントグリルのパターンやテールランプのデザインなどディテールまで、正確に再現しながら描けたりしたものだ。

 加えて、その対象がバンとなれば、ベースのセダンやクーペとはまたひと味違うスタイリングは十分に興味の対象だった。「ふーん、ブルーバードは510セダンの窓を真っすぐに伸ばしたデザインで、スカイラインバンは窓がなくて、視界は悪そうだけど、ある種の機能美を表現したカタチなんだぁ」と、やがて自分がモータージャーナリストになることを思っていたかどうかはわからないが、ともかく、そんな風に、道端に停められたバンの1台1台の雰囲気の違いを肌で感じながら、眺めて楽しんでいた。

 そういえば同じ時期、ドアやボンネットが開くミニチュアカーにも興味を持ち始めた。ただし国産車でバンやワゴンのリヤゲートが開くミニチュアカーはほとんどなく、そのようななかで親に買ってもらったのが、イギリス・コーギー社製のシトロエンDSのサファリだった。

 実物は今でも手元にあるが、何と上下2分割でリヤゲートが開く実車の仕組みが再現されていて、ボディ下のギヤを指先で動かすと、後席が折り畳まれるギミックまで付いていた。後年、筆者はワゴン専門の「アクティブビークル」誌でワゴンの取材をタップリとさせていただくことになったが、そのことを、このシトロエンDSサファリのミニチュアカーが暗示していたのかも……と思ったりして。

 話がすっかり逸れてしまったが、バンは言ってみれば商用車であり、普通の実用車だ。だが、昭和のころのバンには、どれも実用車にだけしておくにはもったいない個性があり、そこに放っておけない魅力があったのだと思う。

こんな記事も読まれています

地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
地元パン屋の個性的なパンが500個以上!…沼津三菱自動車「春のパン祭り」 5月26日
レスポンス
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
全国でわずか10台のみ!! 車重800kgが超絶快感! 110万円から狙える[スマートロードスター]
ベストカーWeb
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
日本限定は4165万円で10台のみ! ベントレー最後のエンジン車「コンチネンタルGTアズール ラスト オブ ライン」はマストバイです
Auto Messe Web
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
【MotoGP】「赤ん坊のように泣いた」フェルナンデス、初優勝のチャンスが転倒で潰える。原因はタイムロス“埋め合わせ”の意識
motorsport.com 日本版
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
【MotoGP】スプリント勝利目前に”まさか”の転倒を喫したバニャイヤ、摩訶不思議なクラッシュに憤り「完璧だったのに」
motorsport.com 日本版
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
【角田裕毅F1第8戦展望】接触もなく走行時間を有意義に活用。初日11番手「コンパウンド差を考えるとタイムは悪くない」
AUTOSPORT web
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]VW ザ・ビートル(山本大地さん)by custom&car Audio PARADA 後編
レスポンス
マツダの軽トラックが一部改良を実施して機能装備を拡充
マツダの軽トラックが一部改良を実施して機能装備を拡充
カー・アンド・ドライバー
ホンダ:暑さと黄旗に翻弄される。ミル「コンディションは難しかったが明日は良くなる」/第6戦カタルーニャGP初日
ホンダ:暑さと黄旗に翻弄される。ミル「コンディションは難しかったが明日は良くなる」/第6戦カタルーニャGP初日
AUTOSPORT web
ヤマハ:リンスがダイレクトQ2進出。新型エアロは「期待通りに機能している」とクアルタラロ/第6戦カタルーニャGP初日
ヤマハ:リンスがダイレクトQ2進出。新型エアロは「期待通りに機能している」とクアルタラロ/第6戦カタルーニャGP初日
AUTOSPORT web
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
コスパ最高! 新型「1人乗りモデル」が発表! レトロ顔の超小型自動車「ミボット」2025年販売を目指す
くるまのニュース
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
アウディの元イタリア王者がポール・トゥ・ウイン。ダンプ路面でFL5型シビックも初優勝/TCRヨーロッパ第2戦
AUTOSPORT web
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
ディクソンが復調のトップスピード。琢磨は14番手に/【第108回インディ500】カーブデイ総合結果
AUTOSPORT web
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
アルファロメオ、新コレクション発表…情熱あふれる3つの個性
レスポンス
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
中古で買っても期限内なら「新車保証」は継続可! 保証継承のために「12カ月点検」が重要だった
WEB CARTOP
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
愛車が大変身「カーラッピング」の世界! 10年代“痛車”文化で注目も、価格ネックの現実 今後広まる?
Merkmal
中上貴晶、初日は20番手「タイヤが重要なため、レースペースに取り組んだ」/第6戦カタルーニャGP
中上貴晶、初日は20番手「タイヤが重要なため、レースペースに取り組んだ」/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
スズキ ハスラーの一部仕様変更で快適装備を充実
スズキ ハスラーの一部仕様変更で快適装備を充実
Auto Prove

みんなのコメント

9件
  • 別に日産に限った話じゃなくトヨタだってスターレット、カローラ/スプリンター、カリーナ、コロナ、クラウンがあったじゃん。

  • 昔、仲間が2万で買ったR30バンに鉄仮面顔を移植しただけでは飽き足らず、FJ20ターボとECR33の5速ミッションを移植して赤黒に全塗装、ワタナベの8本スポークでキメてた。正面から見ると4ナンバーのDRはなかなか笑えた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

112.0279.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0109.8万円

中古車を検索
ADバンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

112.0279.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0109.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村