サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5年モノあたりがちょうどいい!? 登場から改良に改良を重ねて「今が買い頃」なクルマ 10選

ここから本文です

 以前の日本車は4年ごとにフルモデルチェンジを行ったが、最近はその周期が長い。クルマの売れゆきが下がり、環境性能などに向けた投資も増えて、頻繁な全面刷新が難しくなったからだ。また今は外観などのデザインが成長期を過ぎて、フルモデルチェンジしても変化が乏しくなった。

 そこで重要になるのが地道な改良だ。今は衝突被害軽減ブレーキをはじめとする安全装備と運転支援機能が急速に進化しており、これらの機能を改善することが多い。

オリ・パラ使用車両100台以上流通 なかなか売れない? 価格は高いのか安いのか徹底調査

 その一方で乗り心地や燃費など、基本性能の向上も大切だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン