現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?

ここから本文です

トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?

掲載 37
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?

英国の皆さま、お待たせしました

トヨタ自動車の新型プリウスが、英国で3万7315ポンド(約705万円)から販売されることが明らかになった。当初はSUV人気を理由に英国導入が見送られていたが、ハイブリッド車の需要増から発売が決定した。

【画像】ついに英国発売のトヨタ・プリウス、ライバルは「身内」にあり?【新型C-HRと写真で比較する】 全30枚

英国仕様のプリウスは、3月4日より注文が可能となり、7月に納車開始が予定されている。カローラやC-HRと並ぶ主力モデルになると期待される。

パワートレインとしては、2.0L 4気筒ガソリンエンジンと電気モーターを使用するPHEV(プラグインハイブリッド車)のみが設定される。合計出力は223psで、先代モデルより約100psアップした。欧州の他の市場では、通常のシリーズパラレル式ハイブリッドも用意されているが、英国には導入されない。

プリウスPHEVは13.6kWhのバッテリーを搭載し、電気のみの航続距離は87km(19インチホイール装着時)と、従来よりも大幅に伸びた。0-100km/h加速は6.7秒で、歴代最速となる。

3万7315ポンドからという価格設定は、同クラスのPHEVのフォルクスワーゲン・ゴルフの3万7040ポンド(約700万円)より若干高いが、電気のみの航続距離はプリウスの方が長い。

新しいデザインと価格、英国人はどう思う?

英国では「デザイン(Design)」と「エクセル(Excel)」の2つのグレードが用意される。

エントリーグレードのデザインには、17インチ・アルミホイール、スモークガラス、7.0インチのデジタル・ドライバー・ディスプレイ、デュアルゾーン・エアコンが標準装備される。上級グレードのエクセルには、19インチ・アルミ、デジタル・バックミラー、電動調整シートが装備され、価格は3万9995ポンド(約755万円)から。

第5世代となる新型プリウスは、2022年11月に発表され、先代と大きく異なるデザインが注目を集めた。TNGAプラットフォームの最新版をベースに、剛性、快適性、安定性を向上させるために大幅な改良が加えられている。

ルーフにはソーラーパネルを装着可能で、年間約1250km分の電力を賄えるというが、英国仕様で設定されるかどうかは未確認だ。

スタイリングとしては、最大ルーフ高を50mm下げることで、よりスマートな外観を目指した。実用性を考慮し、後席のヘッドルームを妨げないよう、ルーフの最も高い位置は後方に移動した。全長は46mm短くなったが、ホイールベースは50mm長くなり、後席のレッグルームが広くなった。

インテリアは、素材の質感とドライバーの快適性にこだわって設計されている。7.0インチのデジタル・ドライバー・ディスプレイは走行中の注意散漫を最小限に抑えるように配置され、ダッシュボード中央には新世代のインフォテインメント・スクリーンが備わっている。

1997年の初代発売以来、プリウスは全世界で約505万台が販売され、累計8200万トン以上のCO2を削減したと言われる。プリウスが開拓したハイブリッド・システムはその後さまざまな進化を経て、多くのトヨタ車に搭載されている。英国では、トヨタの主力モデルはすべてハイブリッド車となっている。

プリウスの英国での販売台数は、トヨタの他のハイブリッド車と比較すると小さなものだという。トヨタの英国部門も新型の発表当時、「消費者の需要はSUVスタイルにシフトしている」として慎重な姿勢を見せていたが、昨年のハイブリッド車とPHEVの市場シェアの増加を背景に、導入へ至った。

プリウスの英国導入の報せを受け、SNSなどでは「価格が高い」という指摘もあるものの、概ね好意的な反応が見られた。

こんな記事も読まれています

意外に鋭いコーナリング 130ps仕様が追加 トヨタ・ヤリスへ英国試乗 でもオシは115ps版
意外に鋭いコーナリング 130ps仕様が追加 トヨタ・ヤリスへ英国試乗 でもオシは115ps版
AUTOCAR JAPAN
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
これぞ真の「クロスオーバー」! 複数の強みが高次元で共存 ポールスター4 試作車へ試乗
AUTOCAR JAPAN
見た目も中身もパワーアップ! VW主力モデル「ゴルフ」改良新型、約520万円から欧州発売
見た目も中身もパワーアップ! VW主力モデル「ゴルフ」改良新型、約520万円から欧州発売
AUTOCAR JAPAN
フォルクスワーゲンID7 詳細データテスト クラス屈指の広さと快適さ 適度な走り 質感は価格相応
フォルクスワーゲンID7 詳細データテスト クラス屈指の広さと快適さ 適度な走り 質感は価格相応
AUTOCAR JAPAN
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
AUTOCAR JAPAN
「たっぷり盛った」斬新インテリアに驚く! ミニ・カントリーマン Cへ試乗 170psで充分楽しい
「たっぷり盛った」斬新インテリアに驚く! ミニ・カントリーマン Cへ試乗 170psで充分楽しい
AUTOCAR JAPAN
おしゃれな「モッカ」 英国最安価の電動クロスオーバーに ヴォグゾール、約135万円の大幅値下げを実施
おしゃれな「モッカ」 英国最安価の電動クロスオーバーに ヴォグゾール、約135万円の大幅値下げを実施
AUTOCAR JAPAN
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
AUTOCAR JAPAN
【迫力満点】 レンジローバー・スポーツ「ステルスパック」 2025年モデルも同時発表 PHEVモデルも
【迫力満点】 レンジローバー・スポーツ「ステルスパック」 2025年モデルも同時発表 PHEVモデルも
AUTOCAR JAPAN
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
ベストカーWeb
【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
AUTOCAR JAPAN
いま1番運転の楽しいEV降臨! ニュル8分切りの650ps ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
いま1番運転の楽しいEV降臨! ニュル8分切りの650ps ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
AUTOCAR JAPAN
フォルクスワーゲン新型「パサート」はどう変わった? 初代発売から50年の歴史がある“ベストセラーワゴン” 9世代目の進化ぶりとは
フォルクスワーゲン新型「パサート」はどう変わった? 初代発売から50年の歴史がある“ベストセラーワゴン” 9世代目の進化ぶりとは
VAGUE
2024年版 タフでおしゃれな現代ピックアップトラック 10選 快適性も高い最新モデル
2024年版 タフでおしゃれな現代ピックアップトラック 10選 快適性も高い最新モデル
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

37件
  • cypress
    もう日本人は商売の対象にしてない。
  • たろう
    海外では円安で高く売れる。日本人の給与がそれだけ貧しくなっただけ。昔は500万円の車は高級車だったが、今では大衆車。日本人向けにランクルなど売らないだろう。アラブの金持ちに2000万円で売れる。国内市場は後回し。3倍の値段で買ってくれる海外重視になるのは当たり前。金持ちの外国人がインバウンドでラーメン1杯5000円支払ってくれるなど当たり前の時代。日本人の購買力がそれだけ下がり給与も下がったということだ。給与を上げるためには海外に高く売って豊かになれる日本人から給与をベースアップして豊かになる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村