サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「姿を隠すため」とは限らない! イマドキの新型車の「偽装ラッピング」の目的とは

ここから本文です

 この記事をまとめると

■発売前の新型車が幾何学模様のラッピングで走行することがある

ニュルブルクリンクには何がある? 世界の自動車メーカーが聖地を走るワケ

■かつてはデザインがばれないようにテストをするためだった

■現在は別の意味で偽装することも多い

 怪しさを演出して発売前の話題作りにすることも

 発売前の車両が、唐草模様などのラッピングを施して、公道でテスト走行することがある。開発者によると「乗り心地やロードノイズ(路面の上をタイヤが転がる時に発する騒音)など、テストコースではわからないこともある」とのことで、自動車臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を装着して、公道を走る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン