現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「最大級商用バン」公開! 6速MT&ディーゼルありに「日本にも」と反響も! 斬新顔「プロエースマックス」2024年欧州に登場

ここから本文です

トヨタ新型「最大級商用バン」公開! 6速MT&ディーゼルありに「日本にも」と反響も! 斬新顔「プロエースマックス」2024年欧州に登場

掲載 8
トヨタ新型「最大級商用バン」公開! 6速MT&ディーゼルありに「日本にも」と反響も! 斬新顔「プロエースマックス」2024年欧州に登場

■「プロエースマックス」登場に反響集まる

 トヨタの欧州法人は2023年12月4日、新型の大型商用バン「プロエースマックス(PROACE MAX)」の詳細をケンシキフォーラムで公開しました。トヨタは、このモデルをもって欧州で初めて大型商用バンセグメントに参入するといいます。そんな同車について日本のユーザーからも反響が集まっています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ”新型最大級商用バン”「プロエースマックス」を画像で見る(94枚)

 プロエースシリーズは、トヨタがヨーロッパで販売する商用バンです。2013年に初代、2016年に2代目、2020年に電動化された「プロエースEV」が登場しました。

 今回発表された新型プロエースマックスは、プロエースシリーズの最上位モデルです。用途に合わせてホイールベースや全高などを6通りの組み合わせの中から選べます。

 全長は5413mm・5998mm・6363mm、全高は2254mm・2524mm・2764mmの各3種類、ホイールベースは3450mm・4035mmの2種類です。

 エクステリアは、ユニークなフロントフェイスを中心とした印象的なデザインで、マットブラックのグリルとボディ同色のフロントバンパーにすっきりと広がっています。

 インテリアは、ステアリングホイールのデザインが新しくなり、よりモダンな印象を与えます。さらにフルデジタルディスプレイやナビゲーション内臓の最新インフォテインメントシステム、ワイヤレスのApple CarPlay・Android Auto接続など、最新機能が備わっています。

 パワートレインは、最高出力271馬力・最大トルク410Nmのモーターを搭載するBEV(バッテリーEV)モデルと、最高出力110馬力から179馬力を発揮するディーゼルエンジンモデルの2種類。そしてディーゼルモデルは、6速MTか8速ATから選択可能です。

 安全性の進化も注目ポイントのひとつで、全モデルにToyota Safety Senseが標準搭載されており、安全に業務を行えるように配慮されています。

 新型プロエースマックスは、生産はポーランド西部のグリヴィツェとイタリア中部のアテッサにあるステランティスの工場で、発売は2024年の予定です。

※ ※ ※

 新型プロエースマックスの登場に「顔のインパクトすごい」のほか「デカすぎる」「日本ではサイズ大きすぎるな」などサイズの大きさに驚く声が多数ありました。

 このほか、「貨物用か改造して、キャンピングカーとかなら良いかも」「俺は好きだな。ハイエースみたいに中も外もカスタムしたらカッコいいと思う」「キャンピングカーを作るベースに良いんじゃない?」といった声や、なかには「トヨタが日本向けに販売してくれないかな?」と日本導入を望む声など様々な反響が集まっていました。

こんな記事も読まれています

7月にWRC初開催のラトビア、首都リガに設定されるスーパーSSで幕を開ける計画を発表
7月にWRC初開催のラトビア、首都リガに設定されるスーパーSSで幕を開ける計画を発表
AUTOSPORT web
究極の「GT3 RS」登場!? ポルシェモータースポーツの頂点「マンタイ」が開発中
究極の「GT3 RS」登場!? ポルシェモータースポーツの頂点「マンタイ」が開発中
レスポンス
初開催イモラが“トラフィックパラダイス”になる可能性。新縁石がハイパーカーとLMGT3の差を縮める?
初開催イモラが“トラフィックパラダイス”になる可能性。新縁石がハイパーカーとLMGT3の差を縮める?
AUTOSPORT web
【MotoGP】マルケス、大得意のアメリカズGPでの期待に控えめ対応「今、表彰台を獲得できると言われたらサインするよ」
【MotoGP】マルケス、大得意のアメリカズGPでの期待に控えめ対応「今、表彰台を獲得できると言われたらサインするよ」
motorsport.com 日本版
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
くるまのニュース
GT500のシビック・タイプRだけじゃない! 今季気になるGT300マシン2台の驚愕ポイント
GT500のシビック・タイプRだけじゃない! 今季気になるGT300マシン2台の驚愕ポイント
AUTOSPORT web
鈴鹿サーキットに「Honda RACING Gallery」がオープン! ホンダがF1初出走してから60年の歴史を常設展示で体感しよう
鈴鹿サーキットに「Honda RACING Gallery」がオープン! ホンダがF1初出走してから60年の歴史を常設展示で体感しよう
Auto Messe Web
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(前編)
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(前編)
GQ JAPAN
「ラリーとドリフトのドライビングはすべてが違うが経験は役に立つ」 FDJ開幕戦でWRC王者ロバンペラに直撃インタビュー!!
「ラリーとドリフトのドライビングはすべてが違うが経験は役に立つ」 FDJ開幕戦でWRC王者ロバンペラに直撃インタビュー!!
WEB CARTOP
2025年のF1開催カレンダーが早くも発表! 鈴鹿サーキットでの日本GPは第3戦、4月6日決勝と決定
2025年のF1開催カレンダーが早くも発表! 鈴鹿サーキットでの日本GPは第3戦、4月6日決勝と決定
motorsport.com 日本版
ブリッツの「アイドリング・ストップ・ジャンパー」に『スペーシアカスタム』と『スイフト』の適合が追加
ブリッツの「アイドリング・ストップ・ジャンパー」に『スペーシアカスタム』と『スイフト』の適合が追加
レスポンス
岡山にやってきたGAINER Z、スーパーGT開幕戦出走は断念。第2戦富士までにシェイクダウン目指す
岡山にやってきたGAINER Z、スーパーGT開幕戦出走は断念。第2戦富士までにシェイクダウン目指す
motorsport.com 日本版
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
レスポンス
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
くるまのニュース
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
グーネット
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
日刊自動車新聞
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン

みんなのコメント

8件
  • 翔太
    デュカトのOEMですね。
    日本で販売しても、取り回しは非常に困難かと思います。
  • malizia.883
    結局この車も500万~800万とかするわけですかね・・・
    もうトヨタにはこだわらないかな・・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.848.8万円

中古車を検索
MAXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.848.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村