現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自走でもっとも高い所まで登ったクルマはなんとポルシェ911! ジムニーの世界記録を突破した

ここから本文です

自走でもっとも高い所まで登ったクルマはなんとポルシェ911! ジムニーの世界記録を突破した

掲載 12
自走でもっとも高い所まで登ったクルマはなんとポルシェ911! ジムニーの世界記録を突破した

 この記事をまとめると

■ポルシェが911によって自動車高高度最高記録の世界記録を更新した

水の上でもポルシェはポルシェ! マカンEVのシステムを搭載したボートはそこらの金満ボートとはひと味違う

■911はこの挑戦のためにオフロード用のカスタムが施されたスペシャルモデル

■ポルシェが記録更新をする前に世界記録を保持していたのは同じくスペシャルなスズキ・ジムニーだった

 自走でもっとも標高の高いところに行けるクルマはポルシェ911

 自動車高高度最高記録、平たくいえばどんだけ高い場所までクルマで登ったか、という記録を2023年12月にポルシェが塗り替えました。新記録が生まれたのは、同記録への挑戦で舞台に選ばれがちな南米チリのオホス・デル・サラード火山、標高6734m地点のこと。

 ポルシェは2022年にも同様の挑戦をして6000mをクリアしていたのですが、驚くなかれポルシェ以前に世界記録を樹立していたのはスズキのジムニーです! しかも2007年に6688mという記録を樹立したのは1986年モデル(SJ413型)だったと聞けば、ジムニーの偉大さに驚くほかありません。

 まずは、ポルシェの偉業からご紹介すると、挑戦したのはカレラ4Sをベースにした山登り専用とでもいえそうなカスタムマシン、「ドリス(Doris)」と「エディス(Edith)」というニックネームが与えられた2台です。450馬力を発揮する3リッター水平対向6気筒ツインターボというパワーユニットに、7速MT、いうまでもなくフルタイム4WDというスペック。

 ボディはご覧のとおり大幅にモディファイされたカーボンボディが載せられ、最低地上高を上げた車高、オーバーサイズのタイヤにフィットするフェンダーがオフロード感マシマシ。

 この車高は、いわゆるポータルアクスルを用いたもので、およそ350mmのアップとなっています。これは、二軸あるハブを用いてデフやドライブシャフトを高い位置に置きながら、タイヤだけ下げたポジションが作れるシステムで、ロックレース車両など、格段の悪路走破を目指すクルマのデフォルト装備といわれます。

 また、このプロジェクトに参加した機械工業メーカー「シェフラーグループ」が開発したステア・バイ・ワイヤ・システム「スペースドライブ」もチリの山では大活躍した模様。詳しい性能は詳らかにされていませんが、悪路というか岩場や氷の上でも過大なキックバックを制限し、より正確なハンドリングをもたらすハイテクかと。

 ポルシェ911がクロカンでも世界を席巻

 さらに、2台のポルシェは合成燃料「eFuel」を使ったことも大きなトピックとされています。こちらは「再生可能エネルギーを使用して水と二酸化炭素から作られており、eFuelの製造プロセス中に回収されたCO2は、自動車の使用中に排出されるCO2とほぼ同じであるため、内燃機関の正味のCO2ニュートラルな使用が可能」だと、環境面に敏い同社らしい取り組みにほかなりません。

 さて、記録を樹立したエディスをドライブしたレーサーのロマン・デュマは「この経験は決して忘れません。これまでクルマが行ったことのない場所を運転するのは、並外れた感覚でした」と、火山を降りたあとで語っています。彼はポルシェを駆ってル・マンを3度も戦っている強者ですが、やっぱりマイナス20度にもなる荒地を走り続けるのは相当タフだったようです。

 一方、ポルシェに46mの差で抜かれたジムニーですが、上述のとおり21年落ちの中古車の足まわりを強化、大径タイヤの装着、そして大気の薄くなる高地対策としてスーパーチャージャーを装備していたとのこと。

 スズキのワークスとか、どこかの探検チームではなく、Gonzalo BravoとEduardo Canalesという地元チリの若者ふたり組による挑戦でした。ジムニーはチリの軍用車に採用されていたらしく、ふたりは中古車を払い下げでもしてもらったのかもしれません。

 で、最初の挑戦は猛烈な吹雪によってリタイヤ、二度目はオイルタンクが過熱、エンジンが出火してしまうトラブルで断念。ようやく、三度目の挑戦で、それまでJEEPがもっていた6646mという記録を抜き去り、世界記録を樹立というド根性ストーリー。

「もっとも難しいセクションは6400m地点で1.6kmほど続く氷河を横断するところでした。氷河には巨大なクレバスがいくつもあり、数日前に降った雪のせいでクレバスは埋まってしまい、雪の下がどうなっているのか判断できなかったことでした」と、Gonzalo氏。こうなると、クロカン王者とかどっかのワークスチームとか関係なく、よくぞご無事でと胸をなでおろさずにはいられません。

 ポルシェやJEEPの(ふんだんな予算やスタッフを注ぎ込んだ)挑戦も賞賛に値するものには違いありませんが、チリの若者たちのド根性に胸を熱くする方も決して少なくないでしょう。

こんな記事も読まれています

19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web
ポルシェ新型「タイカン」はどう進化? 1100馬力超の史上最強“市販車ポルシェ”「タイカン・ターボGT」の乗り味とは
ポルシェ新型「タイカン」はどう進化? 1100馬力超の史上最強“市販車ポルシェ”「タイカン・ターボGT」の乗り味とは
VAGUE
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
WEB CARTOP
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
WEB CARTOP
ガワはミラージュ中身はランエボ! WRXのMTをぶち込んだBRZ! 魔改造マシンがうようよする全日本ダートラのDクラスがヤバイ
ガワはミラージュ中身はランエボ! WRXのMTをぶち込んだBRZ! 魔改造マシンがうようよする全日本ダートラのDクラスがヤバイ
WEB CARTOP
【試乗】日本にピッタリのEVがきたっ! 速くてエコで先進的なボルボEX30の魅力にノックアウト
【試乗】日本にピッタリのEVがきたっ! 速くてエコで先進的なボルボEX30の魅力にノックアウト
WEB CARTOP
1,108馬力の「ポルシェ タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」が2つのサーキットのラップ記録を更新した!
1,108馬力の「ポルシェ タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」が2つのサーキットのラップ記録を更新した!
AutoBild Japan
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
AUTOCAR JAPAN
エンジンかけるだけで何手順踏むんだよ! それでも乗りたい旧車オーナーが日々行っている儀式7つ
エンジンかけるだけで何手順踏むんだよ! それでも乗りたい旧車オーナーが日々行っている儀式7つ
WEB CARTOP
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
ポルシェ911の中古が450万円!! 輸入車の不安材料「メンテ」は大変なのか? 中古高級輸入クーペ&オープンモデル9選
ポルシェ911の中古が450万円!! 輸入車の不安材料「メンテ」は大変なのか? 中古高級輸入クーペ&オープンモデル9選
ベストカーWeb
いま1番運転の楽しいEV降臨! ニュル8分切りの650ps ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
いま1番運転の楽しいEV降臨! ニュル8分切りの650ps ヒョンデ・アイオニック5 Nへ試乗
AUTOCAR JAPAN
【このロータス オメガなんぼ?】え?このクルマですか?ロータスです!オペルベースの伝説のサルーンが販売中
【このロータス オメガなんぼ?】え?このクルマですか?ロータスです!オペルベースの伝説のサルーンが販売中
AutoBild Japan
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
WEB CARTOP
【試乗】ホンダWR-Vは静かでしなやかでしかも安い! 走って感じた大ヒットの予感
【試乗】ホンダWR-Vは静かでしなやかでしかも安い! 走って感じた大ヒットの予感
WEB CARTOP
「ほらEV減速したじゃん!」と色めき立つクルマ好きはちょっと待て! EVもHVもエンジン車も正しく評価できる視点の重要性
「ほらEV減速したじゃん!」と色めき立つクルマ好きはちょっと待て! EVもHVもエンジン車も正しく評価できる視点の重要性
WEB CARTOP
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
くるまのニュース

みんなのコメント

12件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村