現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る

ここから本文です
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
写真を全て見る(18枚)

トヨタ自動車が2022年11月に発売した『クラウンセダン』。このモデルは「クロスオーバー」などクラウンシリーズの他のモデルと毛色が異なる。

車格は一クラス上のEセグメントフルサイズ。クルマの成り立ちも他がエンジン横置きの前輪駆動(FWD)ベースとなったのに対して伝統的な後輪駆動(RWD)ベースを継承している。そして来年で70年となるクラウン史上初めて内燃機関を持たないピュア電動車が用意された。

5/17申込締切【池田直渡の着眼大局セミナー】第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術

◆クラウン初のピュア電動車はFCEV
クラウン初のピュア電動車はバッテリー式電気自動車(BEV)ではなく、世界的にみてもまだまだマイノリティの燃料電池車(FCEV)。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

活魚車からダンプへと変われどデコトラ熱は変わらず! 小学生のころから憧れたデコトラドライバーの半生
活魚車からダンプへと変われどデコトラ熱は変わらず! 小学生のころから憧れたデコトラドライバーの半生
WEB CARTOP
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #5 【ホンダ エレメント】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #5 【ホンダ エレメント】
グーネット
大手4社が「すごい燃料」開発スタート! トヨタ・ENEOS・出光・三菱「あと6年」で“実質炭素ゼロ”ついに導入実現へ
大手4社が「すごい燃料」開発スタート! トヨタ・ENEOS・出光・三菱「あと6年」で“実質炭素ゼロ”ついに導入実現へ
くるまのニュース
新型EVバンは航続210km、スクールバス製造100年のノウハウ導入…米Blue Bird
新型EVバンは航続210km、スクールバス製造100年のノウハウ導入…米Blue Bird
レスポンス
周冠宇に救われたサインツJr. ……スタート直後にパンクし、大きくポジションを落とした彼が3番手に復帰できた理由
周冠宇に救われたサインツJr. ……スタート直後にパンクし、大きくポジションを落とした彼が3番手に復帰できた理由
motorsport.com 日本版
ニッポンも捨てたもんじゃない──新型ホンダ・アコード試乗記
ニッポンも捨てたもんじゃない──新型ホンダ・アコード試乗記
GQ JAPAN
ピアストリ2位「セナカラーでモナコの表彰台に立つのは特別なこと」ノリスは赤旗規則に疑問:マクラーレン/F1第8戦
ピアストリ2位「セナカラーでモナコの表彰台に立つのは特別なこと」ノリスは赤旗規則に疑問:マクラーレン/F1第8戦
AUTOSPORT web
トヨタ新型「後輪駆動“セダン”」発表! 流麗デザインが美しい全長5m級ボディ! 先進安全装備強化の「ミライ」墨で約1260万円から
トヨタ新型「後輪駆動“セダン”」発表! 流麗デザインが美しい全長5m級ボディ! 先進安全装備強化の「ミライ」墨で約1260万円から
くるまのニュース
フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様
フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様
レスポンス
佐藤琢磨、15度目のインディ500挑戦は14位「走れなかった時間を取り返すことができませんでした」
佐藤琢磨、15度目のインディ500挑戦は14位「走れなかった時間を取り返すことができませんでした」
AUTOSPORT web
【知られざるクルマ】Vol. 31  70’s フィアット・ベルリーナ――「124」や「128」に「131」……以前のフィアットはハッチバック車メーカーにあらず
【知られざるクルマ】Vol. 31 70’s フィアット・ベルリーナ――「124」や「128」に「131」……以前のフィアットはハッチバック車メーカーにあらず
LE VOLANT CARSMEET WEB
マクラーレンがアイルトン・セナへのオマージュとなるカラーリングを施したトリビュートモデルを公開
マクラーレンがアイルトン・セナへのオマージュとなるカラーリングを施したトリビュートモデルを公開
@DIME
DATSUN「フェアレディ」再起動!!【VOL.50】
DATSUN「フェアレディ」再起動!!【VOL.50】
グーネット
ホンダのミル、カタルニアGPは”悪夢”も「2歩進むために1歩下がった」と今後の進歩に期待
ホンダのミル、カタルニアGPは”悪夢”も「2歩進むために1歩下がった」と今後の進歩に期待
motorsport.com 日本版
[カーオーディオ・素朴な疑問] 「メインユニット」って、そもそも何?
[カーオーディオ・素朴な疑問] 「メインユニット」って、そもそも何?
レスポンス
オコン、次戦カナダGPで5グリッド降格。僚友ガスリーとの接触の責任を認め謝罪/F1第8戦
オコン、次戦カナダGPで5グリッド降格。僚友ガスリーとの接触の責任を認め謝罪/F1第8戦
AUTOSPORT web
日本専売!「V型8気筒×ツインターボ」搭載の新型「爆速SUV」公開! ド派手な“艶消しボディ”採用した「ミッドナイト仕様」に注目!
日本専売!「V型8気筒×ツインターボ」搭載の新型「爆速SUV」公開! ド派手な“艶消しボディ”採用した「ミッドナイト仕様」に注目!
くるまのニュース
公道版ホンダ「NSR」が登場!? グランプリの栄光とレーサーレプリカブームの沸騰
公道版ホンダ「NSR」が登場!? グランプリの栄光とレーサーレプリカブームの沸騰
バイクのニュース

みんなのコメント

5件
  • DRAW4
    この先、もしもFCEVが自動車パワートレインのゲームチェンジャーになる時が来たら、恐らくトヨタの独壇場になり、三顧の礼を以って世界中の自動車メーカーがトヨタのエンジニアを迎え入れる、或いはトヨタの軍門に降る事になる…トヨタはその時を虎視眈々と待っている様に感じます。
  • ******
    むしろオナラや肥溜めのメタンで走るクラウンの方が需要あると思う
    今の技術で作れるだろうし
    更に技術が進めば、人糞をそのままタンクに入れて走れる
    夢のクルマができる
    トヨタ様にはザワさん頑張ってほしい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.8869.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.8869.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村