現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ「オデッセイ」の改良モデルが2023年12月8日に発売!

ここから本文です

ホンダ「オデッセイ」の改良モデルが2023年12月8日に発売!

掲載 16
ホンダ「オデッセイ」の改良モデルが2023年12月8日に発売!



ホンダは「ODYSSEY(オデッセイ)」を一部改良し、2023年12月8日(金)に発売すると発表した。デザイン、快適性、機能性を磨き上げるとともに、特別仕様車「e:HEV ABSOLUTE・EXBLACK EDITION(イーエイチイーブイ アブソルート イーエックス ブラックエディション)」の設定が見どころ。ホンダでは初めての中国生産の右ハンドル車となる。価格は480万400円~516万4500円。

2人旅にはこれがいい! レイアウト変更なしでも快適なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー

●文:月刊自家用車編集部 ●写真:奥隅圭之

更に進化したオデッセイ

―― 標準グレードの「e:HEV ABSOLUTE」

歴代オデッセイの特徴だったセダンライクな安定感のある走りと、ミニバンを感じさせないデザインを継承しつつ、2列目に電動パワーシートを採用するなど、ホンダの上級ミニバンとして更に洗練度が増している。

また、近距離衝突軽減ブレーキや急アクセル抑制機能を追加したHonda SENSING、オデッセイ初となるHonda CONNECTを採用し、時代に合わせた進化を遂げた。

―― 左が特別仕様車となる「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」、右が「e:HEV ABSOLUTE EX」

改良モデルは、「e:HEV ABSOLUTE」、「e:HEV ABSOLUTE・EX」、特別仕様車の「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」の3グレードを設定。価格は、「e:HEV ABSOLUTE」が480万400円、「e:HEV ABSOLUTE・EX」が500万600円、「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」が516万4500円。

ボディサイズは、全幅、全高はこれまでのモデル(6AA-RC4)から変更はないが、全長が5mm大きくなっている。

パワートレーンはガソリンモデルが設定されず、e:HEVのみのシンプルな構成となった。全グレード共通でFF駆動の2.0L DOHC i-VTEC(最高出力145PS/6200)と2モーターハイブリッド(最高出力184PS/5000~6000)を組み合わせたe:HEVを採用。

洗練されたエクステリア

―― フロントグリルのメッキにアクセントを持たせ、立体感を表現。

特別仕様車を設定するほか、全グレード共通でフロントグリルの開口上部を拡大し、ワイド感と高級感を演出。また、Hマークが以前より前方に配置されており、横から見た時の迫力がアップしている。

―― 「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」のエクステリア
専用パーツのマットベルリナブラックのホイールなど、エクステリアの随所にブラック加飾を取り入れている。

ボディカラーは4色の設定となっており、「フォーマルブラック」以外の3色は有料カラーとなる。

【フォーマルブラック】
適用タイプ:「e:HEV ABSOLUTE」、「e:HEV ABSOLUTE・EX」、「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」

【プラチナホワイト・パール】
適用タイプ:「e:HEV ABSOLUTE」、「e:HEV ABSOLUTE・EX」、「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」

―― 4万4000円高

【プレミアムヴィーナスブラック・パール】
適用タイプ:「e:HEV ABSOLUTE」、「e:HEV ABSOLUTE・EX」、「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」

―― 4万4000円高

【メテオロイドグレー・メタリック】
適用タイプ:「e:HEV ABSOLUTE・EX」

―― 4万4000円高

時代の流れに乗ったインテリア

今回の改良で、大きな変更といえるのはインテリア。エレクトリックギアセレクターや減速感の調整が可能な減速セレクターの採用。また、これまでのオデッセイでは運転席と助手席にのみ採用されていた、電動パワーシートとシートヒーターを2列目にまで採用するなど、上級ミニバンに相応しいユーティリティとなった。足をリヤバンパーに出し入れするだけで、テールゲートを開閉可能なハンズフリーアクセスパワーテールゲートは「ABSOLUTE・EX」と「ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」に採用されている。

―― 「e:HEV ABSOLUTE」のインパネ。エレクトリックギアセレクターを採用したことで、シフトレバーが無くなりスッキリとした。ハンドル左裏にはオデッセイ初採用の減速セレクターが装備されている。

―― ディーラーオプションで装着可能な11.4インチのHonda CONNECT対応ナビ。9インチサイズも選択可能だ。

―― シーンに合わせて「走り」を選択できる、ドライブモードスイッチ。全グレード共通での採用となり、これまでのオデッセイには無かった。

―― 「e:HEV ABSOLUTE・EX」と「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」に標準装備された、置くだけで充電できるワイヤレス充電器。

―― 2列目シートには折りたたみ式のセンターテーブルやミニテーブル付きのアームレストが採用されるなど、長時間の移動でも快適になるよう工夫が凝らされている。

―― 2列目のリクライニング、オットマンの角度や、ヒートシーターを調節できるスイッチ。

―― 2列目シートには1口ずつUSBチャージャーを装着。

―― 3列目シートは前モデル同様、床下格納シートを採用し、大容量の荷室空間と利便性の両立が図られている。

―― 「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」のインテリア。ルーフやピラーイングもブラックにするなど、内装にもブラック加飾を取り入れ最上級モデルとしての洗練さを演出。また、「e:HEV ABSOLUTE・EX 」と「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」には本革シートが採用されている。

オデッセイ e:HEV ABSOLUTE主要諸元
・全長×全幅×全高:4860mm×1820mm×1695mm
・ホイールベース:2900mm
・トレッド前/後:1560mm/1560mm
・車両重量:1920kg
・駆動方式:前輪駆動
・エンジン:LFB11型水冷直列4気筒DOHC
・エンジン最高出力:145PS/6200
・エンジン最大トルク:175Nm/3500
・モーター型式:H4型交流同期電動機
・モーター最高出力:184PS/5000~6000
・モーター最大トルク:315Nm/0~2000
・使用燃料・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・55L
・トランスミッション:電気式無段変速機
・サスペンション前/後:マスクファーソン式/車軸式
・ブレーキ前/後:油圧式ベンチレーテッドディスク/油圧式ディスク
・タイヤ前・後:215/60R17 96H

オデッセイ e:HEV ABSOLUTE・EX/ABSOLUTE・EX BLACK EDITION主要諸元
・全長×全幅×全高:4860mm×1820mm×1695mm
・ホイールベース:2900mm
・トレッド前/後:1560mm/1560mm
・車両重量:1950kg
・駆動方式:前輪駆動
・エンジン:LFB11型水冷直列4気筒DOHC
・エンジン最高出力:145PS/6200
・エンジン最大トルク:175Nm/3500
・モーター型式:H4型交流同期電動機
・モーター最高出力:184PS/5000~6000
・モーター最大トルク:315Nm/0~2000
・使用燃料・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・55L
・トランスミッション:電気式無段変速機
・サスペンション前/後:マスクファーソン式/車軸式
・ブレーキ前/後:油圧式ベンチレーテッドディスク/油圧式ディスク
・タイヤ前・後:225/50R18 95H

オデッセイ グレード&価格
・オデッセイ e:HEV ABSOLUTE:480万400円
・オデッセイ e:HEV ABSOLUTE・EX:500万600円
・オデッセイ e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION:516万4500円

こんな記事も読まれています

TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
motorsport.com 日本版
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
バイクのニュース
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
レスポンス
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
AUTOSPORT web
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
motorsport.com 日本版
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
@DIME
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
くるまのニュース
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
VAGUE
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
Auto Messe Web
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
グーネット
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
Webモーターマガジン
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
レスポンス
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
motorsport.com 日本版
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
WEB CARTOP
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
月刊自家用車WEB
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
日刊自動車新聞
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
くるまのニュース
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
WEB CARTOP

みんなのコメント

16件
  • 生産停止にした頃、売り上げは少しずつ増えてて、1200台程。赤字じゃない筈。なぜやめるのか不思議だった。
    中国製にして再販は、もっと不思議。
    世の中一定の割合で嫌中の人はいる。日本製の方がブランドイメージ高い。
    以前よりは売れない。
    ガソリンエンジンの高級車は、落ち目の中国では売れない。ナンバー取るにも制限があるようだ。
    商売下手になったね。
  • lkc********
    アルファードにHONDAマーク貼り付けて売れば?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村