サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダの「伝家の宝刀」! 名機の誉高い「13Bロータリーエンジン」進化の足跡

ここから本文です

日本を代表する技術「ロータリーエンジン」の活躍

 マツダが世界で唯一の量産化に成功し、RX-7などに採用したロータリーエンジン。とくにFC3SやFD3Sの心臓部として名高い「13B」は、日産スカイラインGT-Rに搭載されたRB26DETTの13年を越える18年もの間に渡り搭載され、現在も多くのファンがいる。日本を代表するパワーユニットの概要、進化の歴史を振り返ってみたい。

ル・マンを制覇したマツダ787B! 勝利に貢献した「影の立役者」ロータリーマシンとは

1967年誕生から改良を重ねたロータリー

 当時の自主規制だった280psを頂点として繰り広げられた、自動車メーカーによる1990年代のハイパワーウォーズ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン