サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】DNGA第2弾! ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズが見せた良品廉価の本気ぶり

ここから本文です

 ダイハツとトヨタがタッグを組んだからこそ実現できたモデル

 今どきの日本のコンパクト系SUVと言ったらどんなモデルが思い浮かびますか?

じつは復活車名だがそれでいいのか? 成功とは言いがたい初代ダイハツ・ロッキーとは

 トヨタC-HRやホンダ・ヴェゼル、マツダCX-3、日産ジューク……etc。これらのボディサイズは全長が4200~4300mm、全幅が1800mmを切る1750mm以上。では今回ダイハツとトヨタから登場したロッキーとライズはといえば、全長3995mm、全幅は1695mm。さらにコンパクトな5ナンバーサイズのSUVの誕生だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ