サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECバーレーン:連勝狙うレベリオン、2019年ラストレースの初日トップタイムをマーク

ここから本文です
 2019/2020年のWEC世界耐久選手権は12月12日、シーズン第4戦バーレーンの走行初日を迎えた。12日はフリープラクティスが日中午後と、夕方から夜にかけての2セッション行われ、1回目はチームLNTの5号車ジネッタG60-LT-P1・AER(チャーリー・ロバートソン/ベン・ハンリー/ジョーダン・キング組)がトップタイムをマーク。ナイトセッションとなった2回目では、前戦上海で優勝したレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノルマン・ナト組)が最速タイムを記録している。

おすすめのニュース

サイトトップへ