現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?

ここから本文です

やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?

掲載 32
やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?

 パジェロは姿を消してしまったもののデリカD:5、アウトランダーを中心に今や三菱はすっかりSUVメーカーに。でもかつてディアマンテにギャラン、レグナムなど背の低いモデルもいっぱいあったのだ。そこで、勝手ながらホントにSUVだけでいいのか!? というのを考えてみた。

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?

■トライトン復活でもしやパジェロも!?

12年ぶりに国内復活を果たすトライトン。これキッカケにパジェロもぜひ!!

 三菱といえば今ではアウトランダーPHEVやデリカD:5、デリカミニなどSUVテイストを持った車種が中心となり、安定した人気を誇っている。

 それはそれで素晴らしいことであることは間違いない。

 だが、往年の三菱ファンとしては俊足4WDセダン&ワゴンに乗りたいと考えている人も多いのではないだろうか?

■ラリーアートもあった!! ギャラン再復活はあるか!?

ギャランフォルティスにはラリーアート仕様もあった!! それにしても先々代ギャランかっこいいな……

 ギャランの初代モデルは1969年にデビューし、それまでの三菱の4ドアセダンであったコルトの後継車種であった。

 それでありながら、新世代のモデルということを示すためにギャランというサブネームが与えられ「コルトギャラン」となっていた。

 その後、コルトが取れて単にギャランとなった同車は、4代目モデルまでが後輪駆動、5代目モデルからは前輪駆動へと姿を変えていった。

 1987年に登場した6代目モデルでターボエンジン&4WDシステムを搭載した「VR-4」を設定し、ラリーでも大活躍をすることとなった。

 1992年に登場した7代目モデルからはラリーベース車としてランサーエボリューションが登場したこともあり(ランエボ登場は7代目ギャランより後だったが)、VR-4のエンジンをV6への変更。

 そして1996年に登場した8代目が2005年まで販売されたのち、一旦ギャランの名前は消滅。

 2007年にギャランフォルティスと新たなサブネームを与えられて復活。

 当初はターボモデルは存在しなかったが、2008年にランエボ譲りの2Lターボと6速DCTを搭載した「ラリーアート」が登場し、再び速いギャランが復活することとなったのだった。

■打倒レガシィ!! 最強スーパーVR-4もあったレグナム

中古価格急騰中!! ランエボもだけど、こういった背の低いモデルも市販化してよ……

 一方のレグナムは1996年に8代目ギャランのステーションワゴン版として登場。

 当時はレガシィツーリングワゴンが人気を博していたため投入されたものだったが、トップグレードにはレガシィにはないV6 2.5Lターボエンジンを搭載。

 ギャラン譲りの逆スラントノーズの迫力のあるエクステリアなど、人気を集めることとなった。

 また1998年1月には前年の東京モーターショーに参考出品されて話題を集めた大型エアロパーツを纏った「スーパーVR-4」がリリースされ、ガンダムチックなルックスを好むファンのハートを打ち抜いたのも印象的だった。

 しかし2002年9月にギャランのVR-4が生産終了となるとレグナムも生産を終了し、V6エンジンを搭載するセダン/ワゴンは消滅することとなったのだった。

 結局現在までギャラン/レグナムの後継車種と言える車種は存在せず、そもそも三菱のラインナップにセダンやステーションワゴンが消えて久しい。

 往年のファンとしては未だに復活が熱望されるランサーエボリューションと共に、ギャランやレグナムのようなモデルの復活も夢見たいものである。

こんな記事も読まれています

国内乗用車メーカー7社 揃って幸せな決算【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
国内乗用車メーカー7社 揃って幸せな決算【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
マツダ新型「すごい5ドアハッチバック」実車公開!? 精悍エアロの「爆速マツダ3」がやって来た! ド迫力で爆速な「MAZDA SPIRIT RACING 3」藤沢に登場
マツダ新型「すごい5ドアハッチバック」実車公開!? 精悍エアロの「爆速マツダ3」がやって来た! ド迫力で爆速な「MAZDA SPIRIT RACING 3」藤沢に登場
くるまのニュース
マカオGP、2024年からはFIA F3に代わりフォーミュラ・リージョナルによるワールドカップ開催に
マカオGP、2024年からはFIA F3に代わりフォーミュラ・リージョナルによるワールドカップ開催に
AUTOSPORT web
[低予算サウンドアップ術公開]ライトな「車内静音化」でドライブの快適性をアップ!
[低予算サウンドアップ術公開]ライトな「車内静音化」でドライブの快適性をアップ!
レスポンス
次に乗る「新しい定番=SUV」の正解『新版 SUVの選び方』ル・ボラン2024年7月号、本日発売!!
次に乗る「新しい定番=SUV」の正解『新版 SUVの選び方』ル・ボラン2024年7月号、本日発売!!
LE VOLANT CARSMEET WEB
F1参戦4年迎えた角田裕毅が見せる進歩。天性のスピードに加え、様々な能力の成長もチーム認める
F1参戦4年迎えた角田裕毅が見せる進歩。天性のスピードに加え、様々な能力の成長もチーム認める
motorsport.com 日本版
『JAPAN MOBILITY SHOW 2024』千葉の幕張メッセで10月15日から18日まで開催
『JAPAN MOBILITY SHOW 2024』千葉の幕張メッセで10月15日から18日まで開催
AUTOSPORT web
圧倒的速さ見せたガブリエレ・ミニがポールポジション獲得|F3モナコ予選
圧倒的速さ見せたガブリエレ・ミニがポールポジション獲得|F3モナコ予選
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランドクルーザー“300”」発表! タフ感高めた本格SUV! 黒感高め外装がカッコイイ「“勝利”仕様」UAEで約1350万円
トヨタ新型「ランドクルーザー“300”」発表! タフ感高めた本格SUV! 黒感高め外装がカッコイイ「“勝利”仕様」UAEで約1350万円
くるまのニュース
プラモで作った人も多い!? 伝説のF1マシン“6輪タイレル” 唯一無二の「P34」がオークションに登場! 驚きの落札価格とは
プラモで作った人も多い!? 伝説のF1マシン“6輪タイレル” 唯一無二の「P34」がオークションに登場! 驚きの落札価格とは
VAGUE
トヨタは『クラウンセダン』のHEVとFCEVのカットモデルを展示…人とくるまのテクノロジー展2024
トヨタは『クラウンセダン』のHEVとFCEVのカットモデルを展示…人とくるまのテクノロジー展2024
レスポンス
MotoGPカタルニアFP1|ポイントリーダーのマルティンがトップタイム。引退表明エスパルガロは5番手
MotoGPカタルニアFP1|ポイントリーダーのマルティンがトップタイム。引退表明エスパルガロは5番手
motorsport.com 日本版
なぜパガーニ「ウアイラ R」がブリティッシュグリーンに?「フォウリ・コンコルソ2024」への出展が決定しました
なぜパガーニ「ウアイラ R」がブリティッシュグリーンに?「フォウリ・コンコルソ2024」への出展が決定しました
Auto Messe Web
トーヨータイヤがサーキット走行イベント「プロクセス・ドライビング・プレジャー」を5月25日に開催
トーヨータイヤがサーキット走行イベント「プロクセス・ドライビング・プレジャー」を5月25日に開催
レスポンス
スズキの個性派軽SUV「ハスラー」に、タフなデザインに仕上げた「ハスラー タフワイルド」を新設定。快適装備充実の仕様変更が嬉しい!
スズキの個性派軽SUV「ハスラー」に、タフなデザインに仕上げた「ハスラー タフワイルド」を新設定。快適装備充実の仕様変更が嬉しい!
Webモーターマガジン
毎年開催決定! 「ジャパンモビリティショー2024」は幕張開催! 新たに実施される「3つの企画」とは?
毎年開催決定! 「ジャパンモビリティショー2024」は幕張開催! 新たに実施される「3つの企画」とは?
くるまのニュース
有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
WEB CARTOP
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
レスポンス

みんなのコメント

32件
  • kuz********
    いくら切望してもメーカーは慈善事業じゃないから商売にならん車は出しません それ以上に車両価格が上がりすぎていずれ日本人は軽自動車以外の車が買えなくなりますよ サブスクで乗るか軽自動車買うか中古車買うかになりそうだ
  • hab********
    そこそこ人気のデリカでさえマイナーチェンジでお茶を濁すことしか出来ていない今の三菱の体力では、ランサーやギャランなんてそりゃあ無理でしょう。
    まずは売れる車を地道に作って体力を取り戻し、その暁には三菱にしか出来ないような面白いモデルの復活を期待したい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.4237.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.0385.8万円

中古車を検索
ギャランの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.4237.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.0385.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村