サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フツーのクルマに反則級エンジン! メーカーが自ら手を出したエンジンスワップ車たち

ここから本文です

高性能エンジンへの換装はチューニングの定番

 もともと選定されていたエンジンを、よりパワフルなものに積み替えてしまうエンジンスワップ。チューニングとしてはかなり大胆な手法になるが、それをチューナーではなくメーカー自身が行って市販化した例がいくつかある。

「危険な乗り物」レベルまで進化! チューニングの世界に影響を与えたクルマとは

レース用エンジンを仕様変更して搭載したモデルも

 国産車でいえば、古くは2代目スカイラインのS54B。第2回日本グランプリに勝つため、1.5Lの直4エンジンを積んでいたボディのエンジンルームを20mm拡張し、グロリア用の2L直6を無理矢理搭載した一台だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン