現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】超ハイパフォーマンス型のハイブリッドシステム搭載へ! メルセデスAMG『C63セダン』新型は直4+モーターで653psの噂!

ここから本文です

【スクープ】超ハイパフォーマンス型のハイブリッドシステム搭載へ! メルセデスAMG『C63セダン』新型は直4+モーターで653psの噂!

掲載 更新 10
【スクープ】超ハイパフォーマンス型のハイブリッドシステム搭載へ! メルセデスAMG『C63セダン』新型は直4+モーターで653psの噂!

エクステリアも迫力あるものに

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスブランド、AMGは現在『Cクラス』ファミリー次期型の開発を進めているが、その頂点に君臨するAMG『C63 セダン』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

【スクープ】「トヨタ クラウン次期型」、これが派生クロスオーバーモデルの姿だ!

厳冬のスカンジナビアでキャッチした開発車両は、重いカモフラージュが削ぎ落とされ、最終デザインが露出してきた。そのフロントエンドには、垂直スラットの入った同じみパナメリカーナグリルを装着、バンパー両サイドには、2段の水平ストレーキを備えるコーナーエアインテーク、中央には、縦スラットのワイドな給気口が確認できる。

さらに後ろに移動すると、高性能ブレーキシステムによりバックアップされた軽量ホイール、空力サイドスカートを装備。後部では、ひし形のLEDテールライト、リアスポイラーおよび4テールパイプシステムが確認できる。

インテリアには、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、11.9インチのインフォテインメントシステムを備えた上品かつスポーティなキャビンが期待できるほか、AMGブランドのスポーツステアリングホイール、スポーツシート、改良されたカーボンファイバートリムなどが提供されるだろう。

次期型最大の注目はその心臓部だ。4.0L V型8気筒とは決別、全く新しいハイブリッドシステムを手に入れる。これはリアマウントバッテリーを備える2.0L直列4気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターで、2速トランスミッション、リミテッドスリップリアデフで構成される電気駆動ユニットとなっている。

メルセデスは詳細を明かしていないものの、M139エンジンは421ps以上を発揮するが、その数値は449psまで上げることができると示唆している。電気モーターは最大204psを発揮するため、高性能ハイブリッドの合計出力は653psに達する可能性がありそうだ。

C63ファミリーの登場はC43/53がデビューした後、2022年後半と予想される。





こんな記事も読まれています

F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
motorsport.com 日本版
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
レスポンス
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
くるまのニュース
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
VAGUE
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
ベストカーWeb
FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、2023年F1サウジGPでペナルティ撤回に介入? 倫理委員会が疑惑を調査中との報道
FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、2023年F1サウジGPでペナルティ撤回に介入? 倫理委員会が疑惑を調査中との報道
motorsport.com 日本版
「カワサキ プラザ加古川」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内にはアパレルの用意もいっぱい!   
「カワサキ プラザ加古川」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内にはアパレルの用意もいっぱい!   
モーサイ
日本でイチバン売れている輸入車「MINI」から、2024年も目が離せそうにない!
日本でイチバン売れている輸入車「MINI」から、2024年も目が離せそうにない!
Webモーターマガジン
6年ぶり全面刷新! トヨタ「FF最大・最上級セダン」3月6日発売!? 斬新“サメ顔”の新型「カムリ」 中国で販売開始、詳細明らかに
6年ぶり全面刷新! トヨタ「FF最大・最上級セダン」3月6日発売!? 斬新“サメ顔”の新型「カムリ」 中国で販売開始、詳細明らかに
くるまのニュース
マジカルレーシングから ZX-4R RR/SE(’23)用ストリートボディーワークが発売!
マジカルレーシングから ZX-4R RR/SE(’23)用ストリートボディーワークが発売!
バイクブロス
ジャンラインからモレルとARC AUDIOを組み合わせた新デモカー、レクサス LBX 登場
ジャンラインからモレルとARC AUDIOを組み合わせた新デモカー、レクサス LBX 登場
レスポンス
ガスリー「結果は予想通りと言えるかも。望んでいた位置にはいないので、進み続けるしかない」:アルピーヌ F1第1戦決勝
ガスリー「結果は予想通りと言えるかも。望んでいた位置にはいないので、進み続けるしかない」:アルピーヌ F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
「ランボルギーニ・ウルスS」で中東でドバイからラスアルハイマまで! 女性限定のランボイベント「#SHEdrivesalambo」
「ランボルギーニ・ウルスS」で中東でドバイからラスアルハイマまで! 女性限定のランボイベント「#SHEdrivesalambo」
LE VOLANT CARSMEET WEB
サージェント「ステアリングのエレクトロニクス問題が再発。早く直すことが何よりも重要」:ウイリアムズ F1第1戦決勝
サージェント「ステアリングのエレクトロニクス問題が再発。早く直すことが何よりも重要」:ウイリアムズ F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
「新名神」の利便性は半端じゃない! まだ全線開通していませんが
「新名神」の利便性は半端じゃない! まだ全線開通していませんが
Merkmal
ヒュルケンベルグ「ものすごく悔しい。ペースやデグラデーションが悪くなかったのはポジティブ」:ハース F1第1戦決勝
ヒュルケンベルグ「ものすごく悔しい。ペースやデグラデーションが悪くなかったのはポジティブ」:ハース F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
「仙台‐新潟」の最短ルートが時間短縮! 東北中央道接続の無料バイパス「梨郷道路」9日開通
「仙台‐新潟」の最短ルートが時間短縮! 東北中央道接続の無料バイパス「梨郷道路」9日開通
乗りものニュース

みんなのコメント

10件
  • 2リッター直4で449psとは凄いな。
    でもこういう車は同じような数字でも、多気筒エンジン独特の動的質感が付加価値の1つだと思うんだよね。
    まあ古い人間だと言われれば否定は出来ないけど。
  • 43はいくらなんやろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1211.01835.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.01580.0万円

中古車を検索
Cクラス セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1211.01835.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.01580.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村