現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 充電中の「当て逃げ」で車両交換に レクサスRZ 長期テスト(5) 選ぶなら「1番イイやつ」

ここから本文です

充電中の「当て逃げ」で車両交換に レクサスRZ 長期テスト(5) 選ぶなら「1番イイやつ」

掲載 11
充電中の「当て逃げ」で車両交換に レクサスRZ 長期テスト(5) 選ぶなら「1番イイやつ」

積算9646km 風洞実験で生まれる似たカタチ

まったく異なるメーカーのモデルだが、レクサスRZは日産アリアと大きさや見た目が似ている。バッテリーEVは、空力特性も従来以上に重視される。多くの人が指摘するように、風洞実験で生まれるスタイリングは近似することを、物語っているようだ。

【画像】驚くほど運転が楽しい レクサスRZ ハイブリッドの新RXと電動のUX  トヨタbZ4Xも 全136枚

積算1万185km 充電ステーションで当て逃げ

この写真のレクサスRZが、これまでの長期テスト車とは違うことにお気付きだろうか。そう、筆者が先日まで乗っていたのは、ソニック・シルバーのボディだった。しかしこれは、ソニック・グレーだ。

なぜクルマが変わったのかというと、充電ステーションでの充電中に、当て逃げされてしまったから。筆者はその場に不在で、連絡先のメモはなし。被害は比較的大きく、フロントバンパーとヘッドライトだけでなく、ボンネットにも歪みが出ていた。

この事実を伝えると、レクサスの広報チームは、ありがたいことに別の車両を貸し出してくれた。喜ばしくない結果ではあるものの、幸いにもこれまでのRZとグレードが異なる。よりお手頃なRZの印象を、確かめられる機会ではある。

ソニック・シルバーのRZはトップグレードのタクミで、英国価格は7万4000ポンド(約1376万円)に設定されていた。対して、ソニック・グレーのRZは中間グレードのプレミアムプラス。英国価格は6万5000ポンド(約1209万円)と、比較的大きな差がある。

印象の違いが小さくないインテリア

プレミアムプラスでは、やや硬めの乗り心地ながら、優秀なパフォーマンス・ダンパーが装備されなくなる。そのかわり、750kgの牽引能力を得られる。

見た目では、ホイールアーチ・モールがボディカラーと同色には塗装されなくなる。しかし、カッコいい20インチのアルミホイールは同じ。この程度なら大きな変化とはいえないかもしれないが、インテリアの差は予想以上だった。

まず、調光できるパノラミック・グラスルーフと、高音質なマークレビンソン社製のサウンドシステムが省かれる。シートの表面は、ウルトラスエードからタハラと呼ばれる合成皮革へ置き換えられる。

いざ乗ってみると、これらが生む印象の違いは小さくない。特に合成皮革は、気温の低い冬場がゆえに、冷たさが際立ってしまう。パワーシートにはヒーターが装備されているから、すぐに快適になるとはいえ。膝まわりも温めてくれる、エアコンがうれしい。

もし自らRZを選ぶなら、少し予算を増やしてタクミ・グレードを選びたいと考えるだろう。ブランドが重視する移動体験も、グレードによって変わるといえる。レクサスのディーラーを訪れたら、「1番イイやつ」を指定するべきなようだ。

積算1万657km 英国最大級の充電ステーション

今回は、グレートブリテン島で最大級の充電ステーションがある、バーミンガムの展示貿易センターを訪れてみた。ここには、180台ぶんの充電器がずらりと並んでいる。その内の40台は超高速で充電可能な、ハイスペックなものが置かれている。

空き枠がなく困ることはないものの、1kWh当たり0.85ポンド(約158円)と、電気料金はお高め。レクサスRZに載っている71kWhの駆動用バッテリーを半分満たすのに、36ポンド(約6700円)も支払った。

最近の電費効率は、寒さもあって4.6km/kWhと振るわない。高速道路を160km走ると、36ポンド(約6700円)必要なことがわかった。ちょっと厳しい。

積算1万1593km あまり役に立たない解氷機能

先日、かなり冷え込んだ時があった。そこで、レクサスRZのフロントガラス・ヒーターと、デアイサー(解氷)機能を試してみた。ところが、あまり役に立たない様子。

オンにして15分ほど待ってみたが、凍ったフロントガラスに目立った変化はなし。役所の窓口の方が、もう少し対応は早いだろう。

テストデータ

気に入っているトコロ

ニーヒーター:冬場はシートヒーターが大活躍する。しかも、ステアリングホイールの下から温風が吹き出る、ニーヒーターも備わっている。これはかなり使える機能だ。

気に入らないトコロ

不可解なアラーム音:ドアをロックすると、稀にアラーム音が10回連続して鳴ることがある。しかし、理由がわからない。インターネットで情報を検索しても、手がかりはなし。少し調査する必要がありそうだ。

価格

モデル名:レクサスRZ 450E タクミ(英国仕様)
新車価格:7万4000ポンド(約1376万円)
テスト車の価格:7万4000ポンド(約1376万円)

テストの記録

電費:4.6km/kWh
航続距離:341km
故障:なし
出費:なし

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース

みんなのコメント

11件
  • 992
    図らずも充電中にこういう当て逃げに遭う可能性が有る事を示してくれた
    自分で買った車だったなら話はそう簡単では無いだろうな
  • miz********
    後席に荷物忘れていませんか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

820.01180.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

748.0990.0万円

中古車を検索
RZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

820.01180.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

748.0990.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村