現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック

ここから本文です

シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック

掲載 1
シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック

 世界最古の自動車メーカーである「プジョー」。現在は、アバルトやアルファロメオ、ジープやマセラティなどとともに「ステランティスN.V.」におけるブランドのひとつですが、メルセデスやBMWのような厳格さとは違って、おしゃれな雰囲気も漂っているのがプジョー車の魅力です。

 海外製なので、日本の軽自動車やコンパクトカーのように、利便性が計算しつくされた収納がたっぷりある、なんてことは期待してはいけないのですが、輸入車のなかでは比較的手が出しやすいのもありがたいこと。そんなプジョーにラインアップされているSUVは、小さい順に「2008」「3008」そして「5008」の3つ。それぞれの魅力をご紹介します。

シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック

文:吉川賢一
写真:STELLANTIS

マイチェンで改良新型となった2008 3本ラインの鍵爪と新ロゴがカッコ良い!!

 プジョーのSUVラインアップでもっともコンパクトなモデルである「2008」は、全長4305mm、全幅1770mmというボディサイズで、ホンダヴェゼル(全長4330mm)や日産キックス(4290mm)とほぼ同じ。日本でも使い勝手のよいジャストサイズのコンパクトSUVです。

 2019年にデビューした2008ですが、2023年10月24日にマイナーチェンジが行われており、改良型ではこれまでの魅力を残しながら、エクステリアやインテリアを一新。フェイスリフトによってフロントグリルやヘッドライト周りのデザインを修正したほか、他のプジョー車と共通のライオンのかぎ爪をイメージした3本のデイタイムライトが採用されました。また新デザインのアルミホイールやシャークフィンアンテナも採用し、フロントバッヂもプジョーの新ブランドエンブレムになりました。

 インテリアは、インパネ周りのステッチパターンを変更。シートは全席がアルカンターラと合成皮革のコンビ表皮の上質な素材となり、かつ前席にはシートヒーター、および運転席パワーシートが標準装備となりました。10インチの大型タッチスクリーンや高解像度パークアシストカメラ、ワイヤレススマートフォンチャージャーも採用されています。

 ラインナップは、1.2リッター直3ガソリンターボエンジンの「2008 GT」(税込419万8000円~)と、1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンの「2008 GT BlueHDi」(445万4000円~)の2モデルで、どちらも8速ATの組み合わせです。また、バッテリーEVのE-2008(税込576万4000円~)もラインアップされています。

2023年10月にマイナーチェンジがなされた新型2008。なお2024年3月6日、欧州市場で2008のハイブリッドモデルの受注も発表されている。日本導入は未定だ

[usedcar-search brand_cd="3520" body_cd="5,7" car_cd="35201527" keyword="2008" limit=30]

使い勝手のいいサイズ感の3008 プラグインハイブリッド仕様も

 その2008よりもひとクラス上に位置する小型のクロスオーバーSUVが「3008」です。全長4450mm、全幅1840mmのボディサイズは、カローラクロス(全長4490mm)やマツダCX-30(4395mm)に近い大きさで、2008よりも多くの荷物を積載できる、使い勝手の良いクロスオーバーSUVといえます。

 3008の日本市場デビューは2017年。2021年に1度目のマイナーチェンジが行われ、ライオンの牙を模したLEDデイタイムライトを組み込んだフェイスへと改良されました。インテリアはやや落ち着いた雰囲気で、使われているトリム素材やシート革の質感も高く、高級車の雰囲気もあります。

 ラインナップは、1.6リッター直4ガソリンターボエンジンの「3008 GT」(税込546万6000円~)、2.0リッター直4ディーゼルターボエンジンの「3008 GT BlueHDi Black Pack」(578万3500円~)、そして1.6リッター直4ガソリンに駆動用バッテリー&走行用モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの「3008 GT HYBRID4」(710万5000円~)の3モデル、どれも8速ATの組み合わせです。

「3008 GT BlueHDi Black Pack」は、フロントグリル、ルーフレール、アロイホイールをはじめ、ライオンエンブレムにいたるまでブラックパーツを採用した、ディーゼル最後の特別仕様車だ

3列シートで大きな5008 ただしモデルライフはあと少し

 プジョー「5008」は、プジョーのSUVラインアップでもっとも大きな7人乗りのミドルクラスSUVです。全長4640mm、全幅1840mmのボディサイズは、RAV4(全長4600mm)やエクストレイル(4660mm)とほぼ同じ。荷物もたくさん積み込めるので、アウトドアレジャーなどに使うには、便利なSUVです。

 基本的には3008のストレッチ版ですので、デザインは共通の部分が多く、ラインナップは、1.6リッター直4ガソリンターボエンジンの「5008 GT」(税込580万6000円~)、2.0リッター直4ディーゼルターボエンジンの「3008 GT BlueHDi Black Pack」(611万1500円~)の2タイプ。どれも8速ATの組み合わせです。2023年10月19日には、3008と5008の限定車「Executive Edition(エグゼクティブエディション)」も発売されています(それぞれ限定120台)。

 5008については、欧州市場では、2024年3月20日に3列シートの新型SUV「E-5008」を発表しています。「E」の頭文字が表す通り、バッテリーEV。日本導入は、欧州市場での発売後、1年ほど経ってから導入されるのが定例ですので、いまはじっくりと様子をうかがっておきたいところです。

現行の5008。3008のホイールベースをストレッチして7人乗り仕様としている

欧州市場では、2024年3月20日に3列シートの新型SUV「E-5008」が発表されている

どれもこのあと1~2年のうちにフルモルチェンジか!??

 国産のSUVと比べると、概ね100万円ほど高くなりますが、プジョーならではの「味」が込められたデザインとその走りは、病みつきになる人も少なくないそう。筆者も、以前に試乗した現行208の柔らかいけれど芯のある乗り味には、病みつきにさせられました。

 ただ、2008、3008、5008は、このあと1~2年のうちにフルモルチェンジがやってきます。現行モデルの最終型を手に入れるか、それとも、一新される新型モデルの登場まで待つかは悩ましいところ。気になる人はプジョーディーラーで相談してみるといいでしょう。

こんな記事も読まれています

[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
ベストカーWeb
次期ジューク登場間近!! 日本市場向けあればこうなる予想
次期ジューク登場間近!! 日本市場向けあればこうなる予想
ベストカーWeb
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
ベストカーWeb
ゴツさが消えて優等生に? [手の届くBMW]1シリーズがついに4代目へフルモデルチェンジ!
ゴツさが消えて優等生に? [手の届くBMW]1シリーズがついに4代目へフルモデルチェンジ!
ベストカーWeb
コイツは[掘り出しもの]!! 4WD標準で激コスパよしの[ホンダ最新SUV]がたまらんのよ!!
コイツは[掘り出しもの]!! 4WD標準で激コスパよしの[ホンダ最新SUV]がたまらんのよ!!
ベストカーWeb
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】時代が早すぎた? 今だったら売れたかもしれない! プレミアムワゴンのアヴァンシア!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】時代が早すぎた? 今だったら売れたかもしれない! プレミアムワゴンのアヴァンシア!
ベストカーWeb
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
ベストカーWeb
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ベストカーWeb
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ベストカーWeb
カングーっぽいのになぜベンツ顔なのよ? 日産Vモーショングリル仕様!? 人気者ルノー・カングーの兄弟車がすごい!!
カングーっぽいのになぜベンツ顔なのよ? 日産Vモーショングリル仕様!? 人気者ルノー・カングーの兄弟車がすごい!!
ベストカーWeb
“レクサス顔”になった中期が超オススメ!! [レクサスCT]を買うなら急いだ方がいいワケ
“レクサス顔”になった中期が超オススメ!! [レクサスCT]を買うなら急いだ方がいいワケ
ベストカーWeb
興奮が止まらん!! [ヤリスクロス]より小さい[Jeepアベンジャー] 秋に日本上陸ってマジか!
興奮が止まらん!! [ヤリスクロス]より小さい[Jeepアベンジャー] 秋に日本上陸ってマジか!
ベストカーWeb
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
ベストカーWeb
もはやFF[ホットハッチ]最強か!? VWゴルフGTIクラブスポーツが改良で300psに!!!
もはやFF[ホットハッチ]最強か!? VWゴルフGTIクラブスポーツが改良で300psに!!!
ベストカーWeb
[新型カムリ]は優しい顔で復活!? 3代目は最も高級路線な1台だった!! カムリで見る日本の変化
[新型カムリ]は優しい顔で復活!? 3代目は最も高級路線な1台だった!! カムリで見る日本の変化
ベストカーWeb
[ビークロス]背面タイヤの謎!! 超絶カッコいいけどどうやってタイヤ出すの!?
[ビークロス]背面タイヤの謎!! 超絶カッコいいけどどうやってタイヤ出すの!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

1件
  • hir********
    ザギンでしーすー喰ってルービー飲んでギロッポンでチャンネーと遊び明かしたぜ

     文:吉川賢一
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村