現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 愛車の履歴書──Vol29. 三上博史さん(前編)

ここから本文です

愛車の履歴書──Vol29. 三上博史さん(前編)

掲載 1
愛車の履歴書──Vol29. 三上博史さん(前編)

愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第29回の前編。俳優の三上博史さんが人生初のマイカーと久しぶりに再会した!

免許取得の意外なきっかけ

ファーストカーでも充分OK──新型スズキ スペーシア試乗記

俳優の三上博史さんは、撮影現場でかつての愛車ヴァンデン・プラ「プリンセス」を見つけると、「懐かしいなぁ」と、頬を緩ませた。

「僕が乗っていたクルマは、紺のボディカラーにゴールドのラインが入っていたんですが、編集部から撮影車両が見つかりました、と、事前に送ってもらった写真を見たときには、懐かしくて涙が出そうになりました。僕は1台のクルマに長く乗るタイプなので、1台に詰め込まれた思い出が多いし、またそれが重いんでしょうね」

20歳で買ったヴァンデン・プラ プリンセスから、現在の愛車まで、三上さんが個人で所有したクルマは4台だけだ。ここでは1台ごとの思い出を振り返っていただこう。

高校生の頃、原動機付自転車免許を取り、18歳になるとすぐに普通自動車免許を取得したという。三上さんが、免許取得に至ったエピソードがおもしろい。

「当時、年上の彼女と付き合っていて、富士スピードウェイに行こうということになったんです。彼女の運転で行ったわけですが、徹夜で行ったので帰りに彼女が、眠いからお前が運転しろと言い出して(笑)。いや、免許持っていないよ、というところから免許を取ろうと思ったような記憶があります。それにしても、すごい彼女だった(笑)」

そして20歳のときに、初めての愛車、ヴァンデン・プラ プリンセス、通称“ヴァンプラ”を手に入れる。20歳の青年が手に入れるにしてはかなり渋い、通好みの選択だ。三上さんは、どこでヴァンプラと出会ったのだろう。

「それが、全然覚えてないんですよ。申し訳ないぐらい、どこで見つけたのかも思い出せない……。クルマ雑誌を見るタイプでもないし、メカにも興味がないし、もちろんネットもない時代でした。僕はすごく記憶力に自信がないんですけれど、ある人からそれは“俳優あるある”と、言われました。嘘をホントにして、ホントを嘘にする商売だから、記憶がゴッタゴタになるのかもしれませんね。『あれ? この思い出は役で演じたときの記憶だっけ?』というのもありますし」

ここで、ヴァンデン・プラ プリンセスというクルマについて説明を記したい。このクルマは簡単に言うとオリジナル・ミニの兄貴分にあたるモデルだ。

1950年代、スエズ動乱に端を発するエネルギー危機に直面したイギリスでは、経済的なコンパクトカーが求められた。こうして、1959年に革命的な小型車オースティン「セブン850」が発表される。1962年に、ミニと改称されるこのクルマの開発コードナンバーは「ADO15」だった。

ADO15の基本レイアウトはそのままに大型化し、ディスクブレーキやハイドロラスティックサスペンションなどの先進機能を備えたのが、1962年に登場したオースティン「1100」で、コードナンバーはADO16となる。デザインを手がけたのはピニンファリーナで、端正な美しさと室内の広さを両立している見事な造形だ。

そしてADO16の最上級版として、1963年にヴァンデン・プラ プリンセス1100がデビューした。このクルマは、いわゆる小さな高級車のはしりだ。混雑したロンドン市街を走るには、大型リムジンよりもコンパクトカーのほうが便利。そこで、普段はロールス・ロイスの後席に収まっている人も納得できるよう、ADO16の内装をウォルナットとレザーで誂え、前席バックレストにピクニックテーブルを装備したヴァンプラが生まれた。

ヴァンデン・プラ プリンセス1100は排気量1098ccの直列4気筒OHVを搭載、1967年に排気量が1275ccに拡大され、車名もヴァンデン・プラ プリンセス1300に改めている。

READ MORE

愛車の履歴書──Vol28. 井上順さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第28回の前編。井上順さんが思い出のSLに再会!愛車の履歴書──Vol27. 小林麻美さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第27回の前編。小林麻美さんが愛車とともにエレガントに登場!愛車の履歴書──Vol26. 小柳ルミ子さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第26回の前編。小柳ルミ子さんがプライベートで愛用していたクルマに迫る!渋谷のスクランブル交差点で止まった!三上さんの愛車の話に戻ろう。

ヴァンプラをどうやって見つけたかは思い出せないという三上さんであるけれど、納車された日のことはよく覚えているという。

「当時、原宿に住んでいたんですが、『クルマが来たよ』って友だちを誘って、浅草に行きました。原宿から浅草までが、最初のドライブです」

クルマ雑誌も読まないし、メカにも興味がないけれど、運転は大好きだったという。

「当時は、自分でヴァンプラを運転して現場に行ってました。連続ドラマの撮影は湘南方面が多かったので、第三京浜から横浜横須賀道路に入って、朝比奈(インターチェンジ)で降りて鎌倉方面に行く、というルートが定番でしたね。現場に着くといつでも移動できるように制作の方に鍵を預けるんですが、しょっちゅう機嫌が悪くなる子だったので、スタッフに押してもらったり、迷惑をかけたことを覚えています。いま思えば“こんなクルマに乗って来るんじゃねぇよ”ということなんですが(笑)」

撮影現場までの行き帰りの車中での思い出は、セリフの練習をしたことだという。

「ヴァンプラはラジオとカセットしか付いていなかったので、音楽を聞いたという記憶はあまりないですね。撮影の現場でも、セッティングチェンジの合間、合間に、ヴァンプラの車内でセリフを覚えていた記憶があります」

撮影が終わってヴァンプラに戻るとホッとしましたか? と、訊くと、三上さんは首を横に振った。

「仕事が終わって、“さぁ帰ろう”とヴァンプラに乗り込んでも、くつろぐ感じはなかったですね。いつ止まるか、いつもヒヤヒヤしていたんで(笑)」

では、ヴァンプラに大きなトラブルはなかったのか? 「これも記憶が曖昧で申し訳ないんですけど」と、苦笑しながら、エピソードを披露してくれた。

「ハチ公の前、渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で止まった覚えがあります。信号が変わって、交差点でヴァンプラを押したような記憶もあるんですが、そのあとどうしたのか、まったく覚えていないんです。すぐにエンジンが掛かったのかもしれないし、JAFを呼んだのかもしれないけれど、ホント、記憶が曖昧で……すみません。ドラマや映画の発表会で、スパッと1行でキャッチーなフレーズを言える人っているじゃないですか。ああいう人をいつもすごいなぁと思いながら見ているんです。僕の話はつかみどころがないですよね……」

いえいえ、話からは、飾り気のない性格と、実直な人柄が伝わってきます。

後編となる次回は、ヴァンプラ以降の愛車とのエピソードを届けたい。

三上博史(みかみひろし)東京都生まれ。高校在学中、オーディションで寺山修司に見いだされ、寺山自身が監督・脚本を手がけた、フランス映画『草迷宮』(1979)に主演し俳優としてデビュー。1987年公開映画『私をスキーに連れてって』(馬場康夫監督)で脚光を浴び、その後『君の瞳をタイホする!』(1988)など数々のドラマに出演し一世を風靡する。一世を風靡する。映画では『スワロウテイル』(1996、岩井俊二監督)などに主演、舞台では寺山修司没後20年記念公演『青ひげ公の城』(2003)などに主演。映画、ドラマ、舞台など多岐にわたって活躍している。2024年1月9日(火)から14日(日)まで紀伊國屋ホールにておこなわれる寺山修司没後40年記念公演『三上博史 歌劇』(https://www.mikami-kageki.com/)の主演を務める。

READ MORE

愛車の履歴書──Vol24. 豊原功補さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第24回の前編。俳優の豊原功補さんが、かつて乗っていた日産「スカイライン」(5代目)に、久しぶりの対面!愛車の履歴書──Vol23. 有森裕子さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第23回の前編。アスリートの有森裕子さんが、思い出深いボルボについて、たっぷり語る。愛車の履歴書──Vol22. 萬田久子さん(前編)愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねるシリーズ第22回の前編。俳優の萬田久子さんが、これまで乗り継いだクルマとのエピソードを語る! 久しぶりに対面した、かつて所有した愛車の印象について訊いた。【愛車の履歴書 バックナンバー】
Vol1.市毛良枝さん 前編/後編
Vol2.野村周平さん 前編/後編
Vol3.宇徳敬子さん 前編/後編
Vol4.坂本九さん&柏木由紀子さん 前編/後編
Vol5.チョコレートプラネット・長田庄平さん 前編/後編
Vol6.工藤静香さん 前編/後編
Vol7.西内まりやさん 前編/後編
Vol8.岩橋玄樹さん 前編/後編
Vol9.吉田沙保里さん 前編/後編
Vol10.板野友美さん 前編/後編
Vol11.常盤貴子さん 前編/後編
Vol12.永山瑛太さん 前編/後編
Vol13.菊地英昭さん THE YELLOW MONKEY / brainchild’s 前編/後編
Vol14.岸谷五朗さん 前編/後編
Vol15.瀬戸朝香さん 前編/後編
Vol16.市原隼人さん 前編/後編
Vol17.中山美穂さん 前編/後編
Vol18.伊藤英明さん 前編/後編
Vol19.村井國夫さん&音無美紀子さん 前編/後編
Vol20.今井翼さん 前編/後編
Vol21.長谷川京子さん 前編/後編
Vol22.萬田久子さん 前編/後編
Vol23.有森裕子さん 前編/後編
Vol24.豊原功補さん 前編/後編
Vol25.木戸大聖さん 前編/後編
Vol26.小柳ルミ子さん 前編/後編
Vol27.小林麻美さん 前編/後編
Vol28. 井上順さん 前編/後編

文・サトータケシ 写真・安井宏充(Weekend.) ヘア&メイク・赤間賢次郎 スタイリング・勝見宜人(Koa Hole inc.) 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
ベストカーWeb
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
WEB CARTOP
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
motorsport.com 日本版
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
くるまのニュース
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
日刊自動車新聞
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
バイクブロス
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
レスポンス
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
バイクブロス
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
motorsport.com 日本版
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
くるくら
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
くるまのニュース
バイクの水平対向2気筒エンジン、転倒の際にエンジンが壊れたりしないの?
バイクの水平対向2気筒エンジン、転倒の際にエンジンが壊れたりしないの?
バイクのニュース
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
トヨタ「ハイエース」を完全DIYカスタム! 3型にこだわるオーナーの見た目と実用性にもこだわった作り込みとは
Auto Messe Web
米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査
米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査
日刊自動車新聞
レクサスLMもびっくり!! 26年度に東海道新幹線で個室復活 N700Sはどこまで変わる
レクサスLMもびっくり!! 26年度に東海道新幹線で個室復活 N700Sはどこまで変わる
ベストカーWeb
新型マツダCX-80、堂々登場!──GQ新着カー
新型マツダCX-80、堂々登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
トヨタ堤工場、2週間生産停止の真相、『プリウス』後席ドア不具合で13万台超リコール[新聞ウォッチ]
トヨタ堤工場、2週間生産停止の真相、『プリウス』後席ドア不具合で13万台超リコール[新聞ウォッチ]
レスポンス
高速道出口にある「青いスラッシュ」何の意味? 実は重要なコト! 覚えておくべき「補助標識」の役割とは
高速道出口にある「青いスラッシュ」何の意味? 実は重要なコト! 覚えておくべき「補助標識」の役割とは
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • 葛葉恭次
    たぶん俺が思ったのは東幹久だったかもしれない…

    ややこしやぁ~♪ややこしや!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0575.0万円

中古車を検索
ミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0575.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村