現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型フリード爆誕! フリードといえば3列シートだけどホンダ初の3列シート車ってなんだったっけ?

ここから本文です

新型フリード爆誕! フリードといえば3列シートだけどホンダ初の3列シート車ってなんだったっけ?

掲載 2
新型フリード爆誕! フリードといえば3列シートだけどホンダ初の3列シート車ってなんだったっけ?

 クルマ界は新型フリードの話題で持ち切り。フリードといえばやはり3列シートだけど、ホンダが初めて発売した3列目シートが、オデッセイじゃないまさかのクルマだったことをご存じだろうか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:ホンダ、Land Rover

新型フリード爆誕! フリードといえば3列シートだけどホンダ初の3列シート車ってなんだったっけ?

■「オデッセイだろ!」と思うだろうけど答えはNO!

事実上ホンダ初の3列シート車といえるオデッセイだが……

 ホンダは黎明期にこそT360やL700といった商用車を発売してきたが、以後は商用車と距離を置いてきたため、多人数乗車の歴史は意外に浅い。

 ホンダの3列シート車としてまず思い出されるのは、1994年に登場した初代オデッセイだろう。

 1990年にトヨタがエスティマを、さらにはマツダがMPVを発売すると、日本にもミニバンブームの風が吹き始める。そこへ投入できるモデルを持たなかったホンダは、やむなく乗用車アコードのシャシーを使って、いわば「疑似ミニバン」を開発する。これが初代オデッセイだ。

 オデッセイがアコードの「派生」モデルであることはあちこちから分かる。顔付き自体が5代目アコードと似ているし、ドアもスライドではないヒンジ式だ。

 もっとも分かりやすいのは車高だろう。オデッセイはミニバンとしては異例のローフォルムを採用した(車高は1645~1665mm)。これは当初から意図されたものではなく、アコードの組み立てラインを使って生産されるため、高さ方向に制約があり、やむなく採られた策だったのだ。

 オデッセイが本格的なミニバンでないことはホンダも承知していたようで、発売当初の月販目標台数はわずか4000台という寂しいものだった。

 ところがフタを開けてみると、この「アコードっぽさ」が大きな支持を集める。当時はミニバンに不慣れなユーザーが多く、セダンから違和感なく乗り換えられることが大歓迎されたのだ。初代オデッセイは累計で43万台を売り上げる大ヒット作となった。

[articlelink]

■なんとホンダがいすゞ製SUVを売っていた!

オデッセイより8カ月早く登場したホンダ・ホライゾン。こいつにも7人乗りがあった

 ではオデッセイがホンダ初の3列シートかというと、厳密にはNOだ。実はホンダはオデッセイ発売と同じ1994年の2月に、ホライゾンというSUVを発売しているのだ。

 このホライゾン、ホンダが作り上げたものではない。当時のホンダはミニバンに加えてSUV(当時はRVと呼ばれた)もラインナップしていなかったから、やむなくいすゞと手を組み、同社のビッグホーンをOEM販売したのである。

 このホライゾン、アメリカでは「アキュラSLX」としても販売され、90年代の北米RV市場でホンダの名前を繋ぐ一定の役割を果たした。

 そのホライゾンだが、実は2列シート5人乗りのほかに3列シートの7人乗りがあり、こいつがオデッセイよりも早い3列シートモデルということになる。ということでホンダ初の3列シートはホライゾン、めでたしめでたし……といいたいところなのだが、カーマニア的にはちと引っかかることがある(泣)。

■一部ディーラーでは修理できなかったクロスロード!

ディスカバリーじゃないぞ、ホンダ・クロスロードだ!

 実は実は、ホンダはホライゾン発売の前年の1993年に、イギリスのローバーグループからランドローバー・ディスカバリーの供給を受け、こいつをホンダ・クロスロードとして販売していたのだ。カクカクしたクロスロードじゃない。あれは2007年に復活したまったく別のモデルだ。

 このクロスロード、バッジを付け替えただけで中身はまんま当時のディスカバリー。搭載エンジンはホンダの歴史には例のない3.9L・V8だったのだから恐れ入る。

 そしてこのクロスロードにラインナップされた5ドアボディには、3列目シートがあった。ただしイメージするようなベンチシートじゃない。ラゲッジルームの横からパタンと出して、横向きに座る簡易シートなのだ。

 とはいえ、乗車定員7名とうたっている以上、こいつがホンダ初の3列シート車じゃなかろうか。ベストカーWebとしては「ただし書き付きの正解」としたい!

 ホンダ・クロスロードはまったく縁のないランドローバーのオフロード車というだけあって、一部のディーラーでは整備ができないというまさかの事態まで生じた。いまやWR-Vやヴェゼル、ZR-VといったSUVに沸くホンダからは想像できない、意外なエピソードといえるかもしれない。

こんな記事も読まれています

[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
ベストカーWeb
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
ベストカーWeb
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
ベストカーWeb
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
ベストカーWeb
デミオ改め[新型マツダ2]登場もうすぐ!? そもそもどうしたら生き残れるのか!?
デミオ改め[新型マツダ2]登場もうすぐ!? そもそもどうしたら生き残れるのか!?
ベストカーWeb
パイクカーの最後[ラシーン]は7万台も売れたヒット車だった!? エンジンもブレーキも[まず壊れない]驚きの耐久性
パイクカーの最後[ラシーン]は7万台も売れたヒット車だった!? エンジンもブレーキも[まず壊れない]驚きの耐久性
ベストカーWeb
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
ベストカーWeb
[ビークロス]背面タイヤの謎!! 超絶カッコいいけどどうやってタイヤ出すの!?
[ビークロス]背面タイヤの謎!! 超絶カッコいいけどどうやってタイヤ出すの!?
ベストカーWeb
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
ベストカーWeb
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
「なんでいなくなった!?」人気車だったはず……だよね? 忽然と姿を消したクルマたち5選
「なんでいなくなった!?」人気車だったはず……だよね? 忽然と姿を消したクルマたち5選
ベストカーWeb
トヨタのステーションワゴン復活熱望!! 5ナンバーサイズの[ビスタ・アルデオ]今こそ人気爆発の存在!?
トヨタのステーションワゴン復活熱望!! 5ナンバーサイズの[ビスタ・アルデオ]今こそ人気爆発の存在!?
ベストカーWeb
トヨタ[C-HR]はとんでもない能力を秘めてた!! [SUV超え]の走りを見せた秘密は開発場所にあった!
トヨタ[C-HR]はとんでもない能力を秘めてた!! [SUV超え]の走りを見せた秘密は開発場所にあった!
ベストカーWeb
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • shi********
    当時、狭山工場ではオデッセイのサイズがギリギリラインで組める大きさだった。
    オデッセイはエスティマと共有する部品を使用していた事は知らないだろう。
    MPVの出始めの値段は400万越でR32GT-Rが買える値段。
    ホライゾンにJAZZなつかしい。ジープのチェロキーなんて栃木で右ハンドルに変更してたもんなぁ
  • ZVW********
    そろそろタイトルに「爆誕」を使うのは、クリック詐欺と思われかねないから、真当な記事を上げているつもりなら止めた方が良いかと。

    それともディスコメ想定のタイトル?w
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8562.9万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8562.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村