現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォード エクスプローラーにもダウンサイジングの2Lターボ搭載モデルが登場した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

フォード エクスプローラーにもダウンサイジングの2Lターボ搭載モデルが登場した【10年ひと昔の新車】

掲載 2
フォード エクスプローラーにもダウンサイジングの2Lターボ搭載モデルが登場した【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、フォード エクスプローラーだ。

フォード エクスプローラー(2012年:車種追加)
昨秋(編集部註:2011年秋)に日本デビューを果たした、5代目にフルモデルチェンジされたフォードのミドルクラス(日本ではLクラスに思えるが)SUV、エクスプローラー。それからまだ半年も経っていないが、新たに「エコブースト(EcoBoost)」と呼ばれるモデルが加わった、なんと2Lの直4ターボエンジンを搭載し、燃費と性能の両立を目指しているというのだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

先代の4代目から、スタイリングやパワートレーンなどを大きく変更させて我々を驚かせた現行エクスプローラーだが、再び驚かされる日が訪れた。車両重量は2トンを超える大きな車体に搭載されるのは、「エコブースト」と名づけられた排気量わずか2Lの直4 直噴ターボエンジン。

ついにダウンサイジングの波は、このようなアメリカンSUVにまで押し寄せてきたのかと感心しつつ、とてもマトモに走りそうにはないなと思わされたのが本音。だが、スペック上では最大トルク値は3.5L V6モデルの345Nmを上回る366Nmを発生し、しかも発生回転数もV6の4000rpmより低い3000rpmとなっている。

まずは、走ってみることにしよう。すると、乗る前に感じていた不安は杞憂だったことはすぐに分かった。中間加速における力強さはV6モデルをしのいでおり、周囲のクルマの流れに乗るまでの所要時間は確実に短い。エコブーストの音質も直4らしからぬ重厚なサウンドで、安っぽい感じがしないところもいい。

一般的に、最近多く登場してきたダウンサイジングターボは、小排気量であるがゆえに過給が十分でない低速域では扱いにくいものが少なくない。だが、このエコブーストはダウンサイジングとはいえ排気量は2Lあるから、そのあたりのセッティングも巧く仕上げられているようだ。

駆動方式はFFのみだがオンロード中心なら十分
ちなみに、駆動方式はFFのみとなる。新型エクスプローラーはトーラス(日本未導入)などと同じ横置きエンジンのプラットフォームを採用しているから、2WDの場合はFRではなくFFとなる。4WDにこだわりたい人はV6モデルを選ぶほかないわけだが、V6モデルでもほとんどのシチュエーションではFFで走行しているわけだし、ラフロードのハードな走りをする機会が多くない限りは、FFのみでも問題はないと思われる。

新型エクスプローラーはオンロードでの走りの良さもウリのひとつだけに、乗り心地は快適そのものだ。車両重量はV6モデルの2130kgに大して100kg以上も軽い2020kg。そのおかげで、V6モデルでも大きさのわりにドライブフィールは軽快だったが、その軽快さがさらにいくぶんか増しているようだ。

グレードとしてはエントリー的な位置づけのXLTとなるので、上級グレードのリミテッドほど快適装備は充実してはいないが、V6モデルのXLTでは設定されていない本革シートが標準装備される点がうれしい。インテリアのクオリティは先代より上質なレベルにアップしているし、3列シート7人乗りの室内空間は3列目まで広々としている。しかもラゲッジスペースの容量も十分だ。

こうした新型エクスプローラーの強みに加えて、エコブースト搭載によって燃費も性能も向上させた。そして何よりも、アメリカンSUVらしい大らかなスタイリングは日本でも人気を集めている。日本製のLLクラス ミニバンに飽き気味の人たちには、ぜひとも試してもらいたい要注目の1台といえそうだ。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト 主要諸元


●全長×全幅×全高:5020×2000×1805mm
●ホイールベース:2860mm
●車両重量:2020kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1998cc
●最高出力:179kW(243ps)/5500rpm
●最大トルク:366Nm(37.3kgm)/1750rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・70L
●10・15モード燃費:8.1km/L
●タイヤサイズ:245/60R18
●当時の車両価格(税込):440万円

[ アルバム : フォード エクスプローラー はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
AUTOSPORT web
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
レスポンス
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
GQ JAPAN
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
AUTOSPORT web
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
乗りものニュース
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
motorsport.com 日本版
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
くるまのニュース
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • パワー無さすぎてすぐに排気量上げたんじゃなかったっけ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索
エクスプローラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

489.0635.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.01090.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村