現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガルウイングや観音開きが個性的!「ドア」にこだわりすぎたクルマ5選

ここから本文です

ガルウイングや観音開きが個性的!「ドア」にこだわりすぎたクルマ5選

掲載 18
ガルウイングや観音開きが個性的!「ドア」にこだわりすぎたクルマ5選

■カモメや蝶々のように開くドアとは?

 すべてのクルマにはドアがついていて、必ずドアを開けて乗り降りします。

デザインが酷い! 酷評された車5選

 ほとんどのクルマに採用されているのは、ドアの前側にヒンジが付いている形式ですが、ミニバンの後席側面のドアにはスライドドアが採用されていることが多いです。

 そしてクルマの個性と使い勝手を高めるために、変わったドアを採用したモデルがあります。

 そこで今回は変わったドアを採用したクルマを5台紹介します。

●マツダ「オートザムAZ-1」

 マツダ「オートザムAZ-1」は、1992年に発売された軽自動車のスポーツカーです。

 マツダ「キャロル」と同様にエンジンはスズキ製が採用され、兄弟車としてスズキからも「キャラ」という名前でOEM販売もされました。

 オートザムは、マツダがアンフィニ、ユーノス、オートラマと5系統のディーラーを構築した際に、比較的コンパクトなモデルを中心に販売したディーラーです。

 そのなかでオートザムAZ-1は、世界最小のスポーツカーといわれて注目を浴びました。

 ちなみに、AZシリーズとしては、「ユーノスプレッソ」の兄弟車「オートザムAZ-3」やスズキ「ジムニー」の兄弟車の「AZ-オフロード」、スズキ「ワゴンR」の兄弟車の「AZ-ワゴン」などもラインナップされていました。

 オートザムAZ-1は、軽自動車では珍しいエンジンをリアに搭載したミッドシップレイアウトを採用し、後輪を駆動するというこだわりの感じられるスポーツカーらしいパワートレインのほか、「ガルウイングドア」を採用したことが特徴です。

 ガルウイングとは「カモメの翼」という意味で、ドアのヒンジは天井の中央についており、両側のドアを開けてそのドアをクルマの前から見たときに、カモメが飛んでいるような姿に似ているから名付けられました。

 市販乗用車では、メルセデス・ベンツ「300SL」に初採用され、その後、車高の低い高級スポーツカーなどに採用。映画に登場したデロリアンなどでも注目を浴びました。

 そのようなこだわりのガルウイングドアを採用したAZ-1でしたが、MTのみの設定だったことや、バブル崩壊も重なり、1994年で販売が終了してしまいました。

●トヨタ「セラ」

 トヨタ「セラ」は1990年に発売された4シータの3ドアクーペです。セラはクーペではあるものの、スポーツカーらしい走りを追求したモデルではなく、スタイルを重視したスタイリッシュなデザインが特徴的でした。

 全体的に丸みを帯びたスタイルやルーフまでつながるグラスエリアも先進的でしたが、最大の特徴は「バタフライウイングドア」を採用した点にありました。

 ガルウイングドアが天井の中央にヒンジがあるのに対し、バタフライウイングドアのヒンジはドア前方と天井の前側の2か所にあります。

 そして、ドアを開いた際は、蝶(バタフライ)が羽ばたくような前方側に広がる独特の開き方をします。

 ちなみに、セラは1996年まで6年弱販売されましたが、販売台数はあまり多くなく、後継モデルは登場せず1世代で終了しました。

●スズキ「アルト・スライドスリム」

 スズキ「アルト」は同社の軽自動車のなかでもロングセラーモデルで、過去にはさまざまなバリエーションが登場しました。

 1998年に発売された3代目アルトには、「スライドスリム」と名付けられた変わったドアを備えるモデルがありました。

 スライドスリムは、通常のアルトと同様に3ドアではあるのですが、運転席と助手席のドアがスライドドアになっています。

 ミニバンなどは後席ドアにスライドドアを採用するのが一般的ですが、スライドスリムは国産車で初となるフロントドアへスライドドアが装備されました。

 スライドドアにすることで、狭い駐車場で大きなクルマの隣に止めた際などでは隣のクルマに当たるかどうか心配することなく開閉することができます。

 またスライドスリムには回転ドライバーズシートが装備されており、座席ごと横向きになることから足腰の弱った高齢者などが乗り降りしやすい機構となっていました。

 1990年のマイナーチェンジでは軽自動車の規格が変わって660ccに排気量がアップし、その際には両側スライドドアが運転席のみのスライドドアに変更。助手席側は2枚の通常のヒンジドアが配置された変則的な4ドア車となりました。

 軽自動車ではほとんど1名乗車が多いため、コストダウンされたのでしょう。

■ドアにこだわるクルマは短命に終わる傾向が…

●ホンダ「ステップワゴン」

 ホンダ「ステップワゴン」は3列シートと側面にスライドドアを備えた、オーソドックスなミニバンです。

 初代は大人気モデルでしたが、ライバルのトヨタ「ノア/ヴォクシー」、日産「セレナ」など競合がひしめいており、近年そのセールスは好調とはいいがたい状況でした。

 そのようななか、2015年に登場した5代目ステップワゴンには、「わくわくゲート」と呼ばれるテールゲートにドアを組み合わせた新開発の機構が盛り込まれました。

 ミニバンに新たな価値を付与するわくわくゲートは、通常の上のヒンジで開くリアゲートに、さらに横開きに開くためのヒンジが設けられ、通常の縦開きに加えて横開きもできるという優れものです。

 背の高いミニバンは、後ろの壁ぎりぎりに駐車するとリアゲートを全開にすることができません。

 しかし、リアゲートの半分の横開きのサブゲートをつけることで、後ろに壁があっても多少の隙間があれば荷物の乗せ降ろしや人の乗り降りができます。

 しかし、2020年の一部改良時にはわくわくゲートの非装着車も登場。2022年に発売される新型ステップワゴンにわくわくゲートが採用されないのではないかとのウワサもあります。

 わくわくゲートの使い勝手は良いのですが、わくわくゲートを搭載することで非対称となったリアデザインがかなり個性的で賛否を分けたのかもしれません。

●トヨタ「オリジン」

 2000年に発売されたトヨタ「オリジン」は、トヨタ累計生産1億台達成を記念して登場しました。

 コンパクトな高級セダン「プログレ」をベースとし、1000台限定で発売。エクステリアは、初代「トヨペットクラウン」を思わせるクラシカルなイメージで作られており、トヨペットクラウンと同様に観音開きのドアが採用されました。

 観音開きのドアとは、通常のドアがフロント、リアともに車両の前側にヒンジがあることに対し、リアのドアのみヒンジが車両の後側にあり、前後のドアを同時に開けると、仏壇のように左右に大きく開くものです。

 フロントヒンジドアと比べ、リアの足元部位が広く開くので、後席の人の乗降性が高まります。そのため、専属の運転手などが運転するような海外の超高級セダンや、ロンドンタクシーなどにも採用されています。

 そのほか、2ドア的なデザインでありながら、たまに後席を使う際にも便利に使えるという目的のために、国産車でも意外と観音開きのドアを採用するモデルがたびたび発売されています。

 2002年に発売されたマツダ「RX-8」、ホンダ「エレメント」、2006年に発売された「FJクルーザー」などに採用され、最近では2020年に発売されたマツダ「MX-30」にも採用されています。

 いずれのモデルも個性的で魅力があるものの、大ヒットというクルマにはなっていない点が、残念ながら観音開きのドアを共通の傾向です。

 モーターショーや自動運転車のコンセプトモデルの多くは見栄え感と新しさを演出するためか、観音開きのドアで登場するものが多いようです。

※ ※ ※

 自動車のデザインや機能は日進月歩であり、常に新しいアイディアが盛り込まれて登場します。

 しかし、今回紹介した新たな使い勝手の提案や斬新なデザインなどを具現化したドアを採用したモデルは、のちのモデルに引き継がれることがなく、残念ながらことごとく短命に終わっています。

 そうはいっても、ミニバンのスライドドアは定番となっていますし、出た当時は大げさすぎるのではないかと思われていた、電動パワースライドドアや電動リアゲートなど採用が広がり、定番の装備となっています。

 定番になれなかった個性的な残念なドアはまだまだ改良の余地はあると思いますので、ぜひさらにリファインして再登板してもらいたいものです。

こんな記事も読まれています

『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
motorsport.com 日本版
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
ベストカーWeb
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
ベストカーWeb
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
ベストカーWeb
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
Auto Messe Web
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
Webモーターマガジン
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb

みんなのコメント

18件
  • セラに乗ってました。
    面白いクルマだったな。
    ドアは言うほど重くもなかったです。なんかの時ドア上げたら、上の天井?か何かに当たった事があるぐらい
  • 初代ワゴンRは運転席側1枚、助手席側2枚の変則的な形状でした
    それと、初代バモスホンダとダイハツフェローバギィはドア自体が無かった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.0188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

109.0218.0万円

中古車を検索
セラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.0188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

109.0218.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村