現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが新型「エリシオン」発表! “高級ミニバン”改良! 「BLACK Edition」も設定! 541万円から中国で発売

ここから本文です

ホンダが新型「エリシオン」発表! “高級ミニバン”改良! 「BLACK Edition」も設定! 541万円から中国で発売

掲載 46
ホンダが新型「エリシオン」発表! “高級ミニバン”改良! 「BLACK Edition」も設定! 541万円から中国で発売

■新型「エリシオン」登場

 2023年7月15日、ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」は、新たな2024年型となる「エリシオン」を発表・発売しました。

【画像】六角グリルがカッコイイ! ホンダ新型「エリシオン」を画像で見る(29枚)

 日本でエリシオンといえば、2004年に登場したモデルを思い浮かべるかもしれません。

 当時、ステーションワゴン寄りの低車高なスタイリングを特徴としていたオデッセイの3代目(RB1)や4代目(RB3)よりもひと回り大きいミニバンとして登場し、北米向け2代目(RL1)オデッセイを日本へ逆輸入した「ラグレイト」の実質的な後継ポジションに位置するモデルでした。

 その後、オデッセイが2013年11月のフルモデルチェンジで5代目となり、より大型なモデルとして登場し、それに統合される形で国内のエリシオンは販売を終了しました。

 そんなエリシオンですが、その名前は現在も中国でも生き続けています。

 ホンダは中国において、東風汽車との合弁会社である東風ホンダと、広州汽車との合弁会社である「広汽ホンダ」の2つの合弁会社を設立しています。

 中国では5代目オデッセイが2014年8月に広汽ホンダから販売されており、このオデッセイの姉妹車として東風ホンダから販売されているのが、通算2代目となるエリシオンです。

 両モデルは外観を中心にデザインが変更されており、オデッセイがファミリーユースを意識した仕様となっているのに対し、エリシオンはより高級感の高い仕様となっています。

 この2代目エリシオンは、2021年12月30日にもマイナーチェンジが施されていますが、今回登場した2024年型となる新型エリシオンは、そのさらなる改良モデルです。

 新型エリシオンについて、東風ホンダは「上質さと楽しさを兼ね備えたフルシナリオMPV」としています。

 ボディサイズは、全長4951mm×全幅1842mm×全高1711mm、ホイールベースは2900mm。シートは「2+2+3」レイアウトを採用し、2列目はアームレスト、レッグレスト、シートヒーターなどを搭載した独立シートで、3列目シートにもシートヒーターを搭載しています。

 エクステリアは、高級感の高いエレガントなデザイン。今回、車両全体にブラックの加飾を追加したオプションパッケージ“Black Edition”が発売されており、これには18インチのブラックホイールや、専用ロゴなども含まれます。

 インテリアは落ち着いた雰囲気で、シートやドアパネルに施されたキルティングのレザーが高級感を高めています。また、Black Editionでは、インテリアも専用のものが用意されます。

 パワートレインは、最高出力145馬力・最大トルク175Nmを発揮する2.0リッターエンジンに最大出力183馬力・最大トルクは315Nmを発揮するモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。これに組み合わせるトランスミッションはE-CVTです。

 先進装備のコネクティッド機能「Honda CONNECT 3.0」などが装備されており、デジタルキー、音声アシスタント、インテリジェントナビゲーション、V2H、OTAオンラインアップグレードなど多数の機能が追加されています。

 価格は、27万9800元から(約541万円)からです。

 新型エリシオンについて、東風ホンダは以下のように説明します。

「新型エリシオンは、ホンダが展開するハイブリッド車シリーズ全体の『電動化パイオニア』として、あらゆるシーンに適用できる電気駆動MPVの新たな価値を刷新し、消費者に優れた旅行体験を提供するだけでなく、東風汽車の発展にも貢献するでしょう。東風ホンダ20周年を機に、電動化変革の発展における新たな章が幕を開けました」

こんな記事も読まれています

トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
くるまのニュース
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
バイクのニュース
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
Auto Messe Web
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
レスポンス
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
レスポンス
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
くるまのニュース
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
バイクのニュース
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
motorsport.com 日本版
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
カー・アンド・ドライバー
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
くるまのニュース
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
WEBヤングマシン
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
バイクのニュース
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
motorsport.com 日本版
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
日刊自動車新聞

みんなのコメント

46件
  • オデッセイの派生のような位置付けではなく、アルヴェルに対抗できるような本格的な高級ミニバンを作って欲しい。日産のエルグランドもいい加減FMCをしてほしい。中国では今、高級ミニバンブームなのだから、その波に乗るべきだ。
  • 旧ODYSSEYにしか見えない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.6157.8万円

中古車を検索
エリシオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

297.0361.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.6157.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村