現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

ここから本文です

N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

掲載 11
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

 ベストカー本誌で30年も続いている超人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」。過去の記事を不定期で掲載していきます。今回はホンダ N-VAN(2018年-)試乗です!(本稿は「ベストカー」2018年11月26日号に掲載した記事の再録版となります)

PHOTO/平野 学

N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

■想像力をかき立ててくれるいっぽうで、乗り手の「遊びの身体能力」が問われるクルマ

今回の試乗車はホンダ N-VAN +STYLE COOLターボ Honda SENSING 4WD(CVT・183万8160円)。全車4ナンバーの軽貨物車となるN-VANだが、個人ユースを狙った「+スタイルシリーズ」もあり、人気を呼んでいる

 新型ジムニーと同じくらいに注目していたN-VANに、ようやく乗れることになった。

 運転席以外のシートをすべて倒してフラットにできる仕組みと、センターピラーのない助手席側の巨大な開口部は、実用上も見た目も相当なインパクトがある。

 ホンダはN-VANをプロボランティアで話題になった尾畠春夫さんに差し上げるべきだ。彼ならこのクルマを完璧に使いこなすだろう。でも「要らない」と断られてしまいそうだが。

 N-VANは貨物車登録になる軽自動車だが「+スタイル」というシリーズは個人ユースを狙ったグレードで、ボディカラーも豊富だし、遊び心もある。

「+スタイル」には「ファン」と「クール」があって、今回の試乗車は「クール」。

 本当は黄色いボディで丸目のファンが私の好みだが、N-VANの特徴と魅力はファンでもクールでも同じだ。

 N-VANは想像力をかき立ててくれるクルマである。車中泊でのひとり旅はもちろん、ふたりでも可能。「N-VANを買ったらどこへ行こうか」を想像するだけでワクワクする。

 クルマにとって大事なのは、想像力をかき立ててくれるかどうかだ。実際は忙しくて車中泊での旅などできないとしても「やろうと思えばできる」のが大事。それが商品の魅力となる。

 この点でN-VANは相当レベルが高いが、いっぽうで、乗り手の「遊びの身体能力」が問われるクルマでもある。

 N-VANを使いこなせるだけの「遊び力」がなければ所有する意味がない。大げさに言えば、人生観をも問われるクルマと言えるかもしれない。

 商用車だから運転席以外のシートはかなりショボイ。助手席はバスの補助席みたいだし、リアシートは背もたれが立っていて、ヘッドレストも付けられない。

 でも、それがひとつの味になっているように思うのは、N-VANに青春の匂いを感じるからだろうか。若い人が友だち4人でドライブに行き、「シートがきつかった」というのもまたいい思い出になるはず。そういう楽しさがN-VANにはあるのだ。

 ちなみに、私も後席に座ってみたが、いい姿勢で座れて、かえって体にいいんじゃないかと思った。

 N-BOX譲りの走りは文句なしだった。試乗車はターボで動力性能も充分だし、静かで乗り心地もいい。これなら尾畠さんも高速道路を使って日本全国、どこへでも快適にボランティアに出かけられるだろう。

 内装は余計なものがなく、シンプルで好感が持てる。

 荷室の壁にはユーティリティホールがたくさんあって自由にアレンジできる。また、その荷室は汚れに強く、汚れたとしてもぞうきんやタオルで拭けばいいだけであり、シートを倒すのも簡単だ。

 こうした道具に徹した作りこそ、N-VAN最大の魅力なのだ。つくづく「ホンダらしいクルマ」だと思う。

■走りも文句なし! 使いこなすのが格好いいクルマだ!

N-BOX譲りの走りは軽貨物とは思えないほどしっかりしていた。ターボなら高速道路でも苦にならないはずだ

 先ほど、クルマには想像力をかき立てる力が大事だと書いた。N-VANにはその力があるのだが、一方で、ユーザーはあるところで冷静になるものでもある。高い買い物なのだから当然だ。

 夢と妄想でいっぱいになりながらディーラーへ行き、契約書にハンコを押す寸前に、ふと我に返る。

「俺はこのクルマで本当に旅に出るのだろうか?」「こんなに広い荷室に積むものがあるのだろうか?」「いくらなんでもこのシートはないんじゃないか?」など、気になる点が次々に出てきて、気がついたら普通のN-BOXを買っていたという人はたくさんいそうだ。

 N-VANを買うには、強い目的意識がなければならない。そして、それがこのクルマの魅力に繋がっているのである。

 N-VANは「日本のピックアップトラック」なのだ。もちろん、カタチはピックアップとはまったく違うが、使いこなすのが難しいという点で似ている。そして、使いこなせれば凄く格好いいというのも同じなのだ。

 日本では、ピックアップトラックは道具というよりファッショナブルな存在だ。N-VANの本質も、実はファッショナブルなところにあるのではないか。

 個人ユースを狙ったN-VAN+スタイルシリーズは、遊びの身体能力が高くなければ使いこなせないクルマだ。

 ジムニーといいN-VANといい、最近の軽自動車は趣味性が高く、乗り手を選ぶクルマが連続して登場している。

 ひと言でいって楽しいクルマたちだ。クルマ好きのひとりとして「ありがたい!」と感謝したい気分である。

■テリー伊藤 今回のつぶやき

 使いこなすのが難しく、だけど使いこなせればとても格好いい。N-VANは、実は乗り手を選ぶクルマだった!

(写真、内容はすべてベストカー本誌掲載時のものです)

こんな記事も読まれています

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」買うなら年収はいくら必要? 価格未公表の「超人気モデル」を手に入れるために“お金よりも必要なもの”とは?
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」買うなら年収はいくら必要? 価格未公表の「超人気モデル」を手に入れるために“お金よりも必要なもの”とは?
VAGUE
トヨタ新型「”3列SUV”クラウン」公開で反響多数!? 「名前カッコいい」「いいなあ」豪華内装&新色ブルーの「クラウンクルーガー」中国に登場
トヨタ新型「”3列SUV”クラウン」公開で反響多数!? 「名前カッコいい」「いいなあ」豪華内装&新色ブルーの「クラウンクルーガー」中国に登場
くるまのニュース
ザウバーF1、マクラーレン”電撃解雇”のプルシェールに別のインディカーシートを模索中。来季F1候補は「4人の勝利経験者」か?
ザウバーF1、マクラーレン”電撃解雇”のプルシェールに別のインディカーシートを模索中。来季F1候補は「4人の勝利経験者」か?
motorsport.com 日本版
スタイルもカラーも個性的! 2024上半期試乗したバイク BEST 3を発表!~小野木里奈の○○○○○日和~
スタイルもカラーも個性的! 2024上半期試乗したバイク BEST 3を発表!~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
画期的な試みは現在の規範に!! 首都高ジャンクションのループ状の公園「目黒天空庭園」オープン[復刻・2013年の話題]
画期的な試みは現在の規範に!! 首都高ジャンクションのループ状の公園「目黒天空庭園」オープン[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
ラッセル、F1スペインGPで見せた絶品スタートは“アロンソ流”と明かす「2011年のスタートシーンを覚えていた」
ラッセル、F1スペインGPで見せた絶品スタートは“アロンソ流”と明かす「2011年のスタートシーンを覚えていた」
motorsport.com 日本版
オレンジのボディにブラックのデカールが映える! 北米日産がZ生誕55周年を祝い「ヘリテージエディション」を今夏発売
オレンジのボディにブラックのデカールが映える! 北米日産がZ生誕55周年を祝い「ヘリテージエディション」を今夏発売
Webモーターマガジン
ダイハツの「4ドア“クーペ”」!? 全長4.2mボディ×旧車デザイン採用! まるで「小さな高級車」な豪快内装もイイ「DNコンパーノ」とは
ダイハツの「4ドア“クーペ”」!? 全長4.2mボディ×旧車デザイン採用! まるで「小さな高級車」な豪快内装もイイ「DNコンパーノ」とは
くるまのニュース
これが最後か!?特別なアルピナ登場!「BMW ALPINA B3 GT」「BMW ALPINA B4 GT」予約受付中!
これが最後か!?特別なアルピナ登場!「BMW ALPINA B3 GT」「BMW ALPINA B4 GT」予約受付中!
AutoBild Japan
CAMSHOP.JP から「ホンダ 3D スーパーカブキーホルダー」が登場!
CAMSHOP.JP から「ホンダ 3D スーパーカブキーホルダー」が登場!
バイクブロス
今年で7回目となるドライビングツアー。ランボルギーニの熱狂が沖縄を席巻!「Lamborghini ESPERIENZA GIRO」
今年で7回目となるドライビングツアー。ランボルギーニの熱狂が沖縄を席巻!「Lamborghini ESPERIENZA GIRO」
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
月刊自家用車WEB
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
Merkmal
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
くるくら
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
日刊自動車新聞
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
くるまのニュース
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
バイクのニュース
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

11件
  • 上々鯛踊り
    N-VNN記事になると湧いてでてくる
    助手席ガー 荷室長ガー

    あいつらにはとうてい理解できないだろうけど、
    このテリーさんの文章は『クルマ哲学』そのものだよ。
    使い勝手やスペックがどうののこうのといった「レポート」じゃない。
    イキった言い方をすれば
    己の人生においてクルマとはナニか ってことを語ってるんだけど

    他人の人生観や価値観なんて知ったこっちゃない! なーんてヤカラがまたガーガーやりだすんだろうな
  • bay********
    ホンダのN-VANとスズキのジムニーは遊び車として最適だな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.5201.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0289.0万円

中古車を検索
N-VANの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.5201.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0289.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村