現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「ADバン」は昭和のビジネスマンを支えた1台でした! 仕事一途の2ドア2シーター【カタログは語る】

ここから本文です

日産「ADバン」は昭和のビジネスマンを支えた1台でした! 仕事一途の2ドア2シーター【カタログは語る】

掲載 6
日産「ADバン」は昭和のビジネスマンを支えた1台でした! 仕事一途の2ドア2シーター【カタログは語る】

使い勝手をアピールするカタログになっていた

世代によっては「ライトバン」の呼び名になじみがあるかもしれない。ともかく商用バンは、いわゆる働くクルマの1カテゴリーで、昔も今もわれわれの生活にはなくてはならない存在であり、かつては各社とも車種ごとに設定のあったさまざまなバンが街中を走り回っていた。ザックリといえば、それまでは既存の乗用車(ワゴン)をベースに、ビジネス向けの仕様にして仕立てられたのがバンだった。

トヨタ「プロボックス&サクシード」の室内装備がすごかった! 商用車に革命を起こしたプロユース仕様のバンでした【カタログは語る】

5代目サニーをベースに開発されたADバン

そうしたバン世界の様相に変化をもたらしたのが、1982年に日産から登場した「ADバン」だった。このADバンは、それまで車名ごと(販売ディーラーごと)に分かれていたバンの「集約」を目的に登場したクルマだった。日産でいうと、それまではサニー、パルサー、バイオレット、オースター、ブルーバード、スカイライン、セドリック、グロリアの各バンがあったが、このうちのサニー、パルサー、バイオレット、オースターの4車種が、ADバンの1車種にまとめられたのだった。

実車はFFへと駆動方式が変わった最初のB11型・5代目サニー(1981年)をベースに開発された。B11型サニーにはワゴン版として2代目のカリフォルニアがあったが、ADバンではリアドアから後部を専用設計とし、バックドアも傾斜をもたせたカリフォルニアに対して立てられたほか、ルーフ高もADバンのほうが高められていた。

もちろんこれらはバンとしての荷室容量を確保するためだった。またカリフォルニアにはない2ドアシリーズが用意されたのもADバンの特徴。サスペンションもリアについては半楕円リーフスプリングを採用している。

写真のカタログは1983年7月に2ドアが追加された際のサニーADバンのものだが、いかにも社長/部長/係長/新人といった設定のスーツ姿の4人のビジネスマンが登場。その見開きには「仕事一途のおトクな2ドア2シーター、名づけて『ビジネスDX』」と、何ともユーザーに寄り添った(!)コピーも。

ユーザーに寄り添ったという意味では、内装の造りや装備もそう。運転席まわりは「乗用車感覚のインストルメントパネルを用意」(カタログより)と快適性を意識した点をアピールしつつ、クォーツ時計、シートアンダートレイやドアポケットをはじめ、「水平に近くリクライニングする」(カタログより)フロントシートなどが採用されている。「ハンドブレーキケース」とは駐車ブレーキレバーのところのトレイ状の部分を指す呼び方だが、そのポケット部分にソフトパッケージのタバコのマールボロが写っているのは時代を感じさせる。

広い分野でADバンの活躍の場が想定できた

またバンにとって重要な荷室まわりについては2見開き/4ページを割いて紹介。「5人+250kg積」と「2人+400kg積」とあるほか、荷室サイズは5人乗り、2人乗りそれぞれの高さ、幅、奥行きが記されているほかに、ハネ上げ式バックドアの開口高さ(1800mm)や床面地上高(555mm)などが記されている。ホイールハウス間の間隔は1105mmと表記されており、十分なスペースが確保されていたことがわかる。セミハイルーフによる余裕のある後席ヘッドクリアランス、バックドアロック、2ドア2シーター(サニーADバンのみに設定)の荷室フロア下のユースフルスペース、明るい荷室ランプなどの紹介も。

そしてもうひとつの見開きは、具体的なモジュールを紹介。見ると「具体例」は多岐に及んでいて、サンキストのオレンジの箱(27個)、パン屋のサンジェルマンのプラスチックケース(34個)、サッポロドラフトビールの箱(26個)をはじめ、日立の14インチTV(6個)や電子レンジ(4個)の箱、ゴルフバッグ(30個とは本当だったのだろうか?)、背広ケース(72個)などが載っている。

以上は「画(え)」にしやすい事例であり、もちろん電気工事、塗装工など技術系や職人さん系であったり、ルートセールスといった営業など、広い分野でADバンの活躍の場が想定される。思えばADバンが登場したこの時代は、まだ今ほど宅配は普及していなかったから、何か小口で運ぶものがあれば自社で……となったはず。そうした小型のボンネットバンの活躍の場、ニーズに対してADバンが応えるクルマだったのである。

ディーゼル車で燃費29.1km/Lを記録

ハードウェア面では、前述のとおりFF化したB11型サニーのそれをベースに、搭載エンジンは1.5Lと1.3Lのガソリンと1.7Lのディーゼルが設定された。当時の60km/h定地走行燃費で1.5L 5速フロアシフト車が24.0km/L、ディーゼル車で29.1km/Lと、経済性にも優れている点もアピールポイントのひとつだった。

なおサニー、パルサー、ダットサンの各ADバンの表紙を並べたカタログは、1985年9月のマイナーチェンジ時のもの。この時にフロントまわりではヘッドライトがSAE規格の角形に変わるなどした。

またADバンはその後、2代目(Y10型・1990年)、3代目(Y11型・1999年)と続き、2006年から現在の4代目(Y12型)へと続いている。この間にOEM車としてマツダ・ファミリアバン(1994~2018年)、三菱ランサー・カーゴ(2008~2019年)、スバル・レオーネバン(1994~2001年)などの派生車も生まれた。このうちファミリアバンについては、2008年からはトヨタ・プロボックス/サクシードのOEMに切り替わった。

こんな記事も読まれています

SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
SFドライバーのテオ・プルシェールがインディカー参戦決定。第2戦ロングビーチでマクラーレンから代役出走へ
AUTOSPORT web
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
ベストカーWeb
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

112.0279.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0109.8万円

中古車を検索
ADバンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

112.0279.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0109.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村