サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型投入も好敵手ルーミーは強し!ソリオはその牙城を崩せるのか!?

ここから本文です

新型投入も好敵手ルーミーは強し!ソリオはその牙城を崩せるのか!?

 2021年1月の販売台数は、トヨタ『ルーミー』が1万939台、スズキ『ソリオ』が5446台と2020年12月に新型を投入したものの、その差は大きくついている。

 この差には、少なからずこれまで苦戦はしながらも販売台数に加わっていた、フルハイブリッドモデル廃止の影響もあるのではないだろうか?

N-BOXのHVはいつ出る? ホンダの軽電動車はどうなるのか?

 登録車クラスのライバルとして、ガチンコで相対することになることになるこの2台。ソリオがルーミーの牙城を崩すために必要な物とは何か? 現状の戦況と、ライバルに比肩するために求められるものについて考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部

【画像ギャラリー】新型ソリオ/ ソリオバンディットの蔵出し画像を公開!

■今、スライドドア付きのコンパクトトールワゴンが人気!

 コンパクトカーは人気のカテゴリーで、国内で販売される乗用車の26%を占める。軽自動車を除いた小型/普通乗用車に限れば40%に達する。

 今は安全装備や運転支援機能の充実もあってクルマの価格が高まり、直列4気筒2Lエンジンを搭載するミニバンやSUVの売れ筋価格帯は、270~330万円に達する。200万円以下のクルマを探すと、主力はコンパクトカーと軽自動車だ。クルマの値上げにより、コンパクトカーの販売比率が以前よりも増えた。

 コンパクトカーは、全高が1550mm以下の車種と、それ以上の車種に分けられる。全高が1550mm以下のトヨタ『ヤリス』、ホンダ『フィット』、日産『ノート』、マツダ『マツダ2(旧デミオ)』などは、立体駐車場を使いやすく価格も少し安い。

 全高が1550mm以上の車種は、トヨタ『ルーミー』/ダイハツ『トール』/スバル『ジャスティ』の3姉妹車と、スズキ『ソリオ』/三菱『デリカD:2』だ。以前は日産『キューブ』などもあったが、今は廃止されている。これらのコンパクトカーは、全長を3700~3800mmに抑えた5ナンバー車だが、全高は1700mmを超えるから、ボディサイズの割に車内が広い。後席を畳むと、自転車のような大きな荷物も積める。

コンパクトカーだが全高は1700mmを超え、自転車のような荷物も積み込める

 後席側のドアはスライド式で、売れ筋グレードには電動開閉機能も備わる。子供や荷物を抱えた状態でも、開閉操作が可能だ。開閉時にドアパネルが外側へ大きく張り出さないから、狭い場所でも使いやすい。

 このように背の高いコンパクトカーは、2列シートでも、ミニバンに似た実用性を発揮する。子育て世代にも適するため、高い人気を得た。

■トヨタ『ルーミー』、実はヤリスより人気

 特に販売の好調なトヨタ『ルーミー』は、2020年10月と2021年1月の登録台数が1万台を超えた。

 ちなみに小型/普通車の登録台数1位は、日本自動車販売協会連合会の発表ではトヨタ『ヤリス』とされるが、この数字は「ヤリス+GRヤリス+ヤリスクロス」を合計したものだ。『ヤリスクロス』はSUVだから、一般的には別の車種として認識されている。

 そこで別々に算出すると、ヤリス(GRヤリスを含む)、ヤリスクロスともに、2021年1月の登録台数は1万台を下まわった。つまりルーミーは、2021年1月には、実質的に小型/普通乗用車の登録台数1位になっている。

『ルーミー』は実質的に小型車 / 普通乗用車の登録台数第1位であり、それを後押ししているのはトヨタの販売店統合だという

 今までの経緯を振り返ると、ルーミーの販売ランキング順位が高まったのは、2021年10月以降だ。トヨタの販売店は、2020年5月に全店が全車を扱う体制へ移行した。そのために姉妹車のルーミーとタンクを両方とも用意する必要はなくなり、2020年9月のマイナーチェンジでタンクを廃止している。全店でルーミーを売るようになり、タンクの需要も上乗せされて、登録台数が急増した。

 2021年1月のルーミーの登録台数は1万939台で、前年の1月は「ルーミー:6193台+タンク:4893台=1万1086台」だった。1年前に比べて、姉妹車を削りながら、登録台数はほとんど減っていない。この息の長い人気も注目される。

■他社ユーザーを取り込むも、絶対的な販売数で苦しい戦いの『ソリオ』

 対するライバル車のスズキ『ソリオ』は、2020年11月25日にフルモデルチェンジを発表した新型車だ(納車を伴う発売は12月4日)。2021年1月の登録台数は5446台で、前年に比べると1.5倍売れたが、ルーミーに比べると約半数になる。なぜソリオは新型車なのに売れ行きを伸ばせないのか。

 最も大きな影響を与えたのは、トヨタとスズキの車種構成の違いだ。最近のスズキは軽自動車需要の先行きに不安を感じて小型車にも力を入れるが、それでも2020年1~2月の国内販売における小型/普通車比率は17%に留まった。ダイハツの8%よりは多いが、今でも80%以上は軽自動車で占められる。

 そして、スズキが小型車の販売に力を入れるようになった時期は、2015年に先代ソリオを発売した頃だ。従って今でもスズキのブランドイメージは、軽自動車が中心になる。

 しかもスズキの軽自動車には、ソリオと似ている背の高い『スペーシア』がある。スペーシアの届け出台数は、コロナ禍の影響を受けた2020年でも1カ月平均で1万1654台に達した。スズキで背の高いスライドドアを備えたクルマといえば、今でもスペーシアが筆頭だから、ソリオは相対的に印象が弱い。

 そこで販売店にソリオの販売状況を尋ねると、以下のように返答された。

「軽自動車のスペーシアからソリオに乗り替えるお客様もいるが、数は多くない。むしろフィットのような他社のコンパクトカーからの乗り替え、あるいはセレナやヴォクシーなどのミニバンからダウンサイジングするお客様が多い。ルーミーと比較してソリオを選ぶお客様もいる」

他社のユーザーを取り込むことができるのだから、決して実力が低いわけではない

 スズキでは背の高いスライドドアを備えた車種ではスペーシアが主力だから、ソリオは1カ月の販売目標も4000台と控え目に公表している。過去を振り返っても、ソリオの1カ月平均の登録台数は3400~4000台で推移してきた。それでも常に一定した売れ行きを保つため、メーカーや販売店にとっても都合がいい。

 一方、ルーミーについては、販売店は以下のようにコメントした。

「ノアのようなミニバンから乗り替えるお客様が多い。お子様が生まれたりして、ヴィッツ(現在のヤリス)やパッソで狭さを感じたお客様が、ルーミーを選ぶこともある」

 ルーミーはトヨタ車とあって、ミドルサイズミニバンのヴォクシー系3姉妹車、コンパクトミニバンのシエンタ、コンパクトカーのヤリスやパッソなど、ダウンサイジング需要を含めていろいろな車種からの乗り替えが期待される。

 特にスライドドアと後席を格納した時に得られる広い荷室は、ミニバンからの乗り替えにはピッタリだ。トヨタは販売店も4600箇所と多く、ルーミーには好条件が重なった。

 それでも今後、ソリオが売れ行きを伸ばす余地は十分にある。前述のとおり今のスズキは、ブランドイメージが従来の軽自動車から「軽自動車+コンパクトカー」へ移る過渡期にある。もう少し時間が経過して、スズキの小型車を所有する人達が増えると、乗り替え需要も徐々に多くなる。

■ソリオには広告塔となるストロングHV仕様が必要 !?

 商品力の違いにも注目したい。ソリオとルーミーを比べると、売れ筋グレードの動力性能、エンジンノイズ、燃費、走行安定性、操舵した時の挙動変化の正確性、乗り心地、後席の座り心地などにおいて、ソリオが優れている。ルーミーは背の高い軽自動車の販売急増に対抗すべく、約2年の短期間で開発されたから、造りの粗さが目立ってしまう。

 ルーミーのメリットとしては、収納設備が多く、荷室床面を反転させると汚れを落としやすい素材も貼られている。ソリオを意識して便利に使えるコンパクトカーに仕上げたが、総合的には先代型の段階からソリオが勝っていた。ソリオが2020年にフルモデルチェンジを行い、さらに商品力の差が拡大している。ルーミーを選ぶ時は、ソリオも試乗して、納得した上で購入していただきたい。

 ソリオでは、このような優位性の訴求が不十分だ。スズキが軽自動車を中心に売ることまで含めて、ソリオは総じて販売力が弱い。

 このほかソリオの場合、先代型のフルハイブリッドを廃止したこともマイナスに作用した。先代型のフルハイブリッドは、今でも採用されるマイルドハイブリッドと比べた場合、価格差の割に燃費数値が低い。価格差を燃料代の差額で取り戻すのに、27~28万kmの走行を要した。

ユーザーの注目度が高い為、現状のマイルドHVではなくストロングHVにすべき。というのが筆者の考え

 ATも異なり、フルハイブリッドは有段式の5速AGSを採用した。この運転感覚も、マイルドハイブリッドの一般的なCVT(無段変速AT)に比べて馴染みにくく、フルハイブリッドの販売比率は5~10%と低迷した。

 そのためにフルハイブリッドは現行型で廃止されたが、ほかの車種を見てもユーザーの関心は高い。例えばヤリスクロスでは、60%以上をフルハイブリッドが占める。今後ソリオが売れ行きを伸ばすには、フルハイブリッドを復活させ、使い勝手を改善して、燃費を向上させる必要がある。

 スズキで最も多く売られる小型/普通車では、以前からソリオが定番だ。改善を加えれば、売れ行きは必ず伸びる。特に今は冒頭で触れたとおりコンパクトカーの販売比率が増えているから、ソリオにとってチャンスが訪れている。

【画像ギャラリー】新型ソリオ/ ソリオバンディットの蔵出し画像を公開!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します