現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トラックからまさかのバンボディ化!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・前編【モデルカーズ】

ここから本文です

トラックからまさかのバンボディ化!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・前編【モデルカーズ】

掲載 更新 4
トラックからまさかのバンボディ化!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・前編【モデルカーズ】

最後の純スバル製サンバー

軽ワンボックスバン/軽トラックの代表的車種であったスバル・サンバーと言えば、現在ではダイハツ・ハイゼットのOEM車種となってしまったが、かつてはその独特の存在感でファンを魅了したものであった。サンバーの登場時には、軽自動車におけるキャブオーバー・タイプのバン/トラックの存在はまだ黎明期であり、ジャンル自体を確立したのがサンバーであると言っても間違いではないだろう。

プラ板の箱組みでこのボディは作れる!アオシマ製プラモ「TT2型サンバー」をディアスに改造・後編【モデルカーズ】

【画像31枚】見事完成したディアスとその制作過程を見る!

初代サンバーの発売は1961年のこと、まずトラックのみが世に送り出された。その3年前に登場していたスバル360のコンポーネンツ(リアエンジン・レイアウトやサスペンション)をそのまま利用し、キャブオーバー型トラックとして開発された訳だが、この設計の利点は、荷重バランスや乗り心地の良さ・積み荷へのショックの少なさを実現できることにあった。

7ヶ月後にはライトバンを追加、1966年にはモデルチェンジで二代目へと生まれ変わる。以後のモデルチェンジでも、RR、四輪独立懸架、キャブオーバー・スタイルという特徴が連綿と受け継がれていったのはご存じの通りだ。続く三代目(1973-1982年)ではモデルライフ中様々な変更を受けたが、それらは軽自動車規格の変化に応じたものでもあった。

三代目最大の特徴はエンジンを空冷から水冷へと変更したことであったが、1976年には軽自動車規格の改定(排気量が360ccから550ccに、またボディ寸法枠も拡大)を受け、サンバー5へと進化。エンジンは2サイクルから4サイクルに変更され、排気量も490ccにアップした。ボディ自体は従来通りだったため、1977年には車体を寸法枠いっぱいまで拡大したサンバー550を発売、エンジンも排気量を544ccに拡大した。1980年には4WDモデルも追加している。

1982-1990年の四代目では、デビュー当初バンにサンバートライの名称が与えられたが、マイチェンでこの名はハイルーフ上級モデルのみを指すことに修正。またこのマイチェンではフルタイム4WDが追加されている。続く五代目(1990-1999年)では、さらなる軽規格改定にあわせて排気量を660ccに拡大。さらにスーパーチャージャー付きエンジン搭載車がラインナップに加わったほか、サンバートライがサンバーディアスへと名称を改めている。

最後のスバル自社製サンバーを締めくくるWRブルーリミテッド
本題の六代目は1999年2月に発売された。最大の特徴はボディサイズが拡大されたこと(前年の軽自動車規格改定に合わせたもの)だが、メカニズムは大半を先代から継承。ラインナップはトラックとバン、そしてバンをベースに乗用ユースとしたディアスの3本柱が基本だった。以後の変化などに簡単ながら触れていくと、まず1999年にはディアスワゴン・クラシックを追加。これは、先代から存在していたレトロ調フロントマスクを持つバージョンの後継モデルである。翌年12月には電動モデルのサンバーEVも発売された。

2001年に環境性能向上などの改良がおこなわれた後、2002年9月にはマイナーチェンジを実施。フロントはバンパーが縦に厚くなり、その分ヘッドライトが上方へ移動している。翌年の一部改良でディアスはディアスワゴンに統合されたが、2005年11月のマイナーチェンジで再びラインナップ。このマイチェンではバンパーやグリルの形状が変更されたほか、環境対応車のVBクリーン(バン)とTBクリーン(トラック)も発売された。

細かな変更が数回おこなわれたのち、2009年9月にはまたもマイナーチェンジを実施。フロントフェイスが立体感を増したほか、バンにスーパーチャージャー車が復活している。2011年7月には、サンバー発売50周年記念特別仕様車としてWR BLUE LIMITED(WRブルーリミテッド)を限定1000台発売。トラック(TC)とバン(ディアス)をベースに、専用色WRブルー・マイカや専用ブラック・シート(イエロー・ステッチ)などを装備したモデルであった。

これが最後の花道であったかのように、翌2012年2月いっぱいで六代目サンバーは生産を終了。4月にはダイハツからのOEM版であるサンバーが登場したことで、この六代目が最後のスバル自社生産によるサンバーとなったのである。

さて、ここでお見せしているのは、六代目サンバーのバン(ディアス)を1/24スケールで再現したプラモデル作品である。元々サンバーのプラモデル化自体とても少なく、きちんとした1/24スケール・モデルとしては、アオシマの三代目ハイルーフバン4WD(旧イマイ金型)と、同じアオシマの六代目トラックがあるのみである。この作品は、アオシマのトラックをベースにボディを改造し、ディアスへと仕立てたものだ。

仕様としては2011年の特別仕様車WRリミテッドをモチーフとしており、スバリスト感涙の作品と言えるのではないかと思われるが、単に六代目サンバー・バンの再現としても、カーモデラー必見の作品と言えるだろう。制作過程の写真に添えたキャプションや、追って公開する後編の記事をじっくりとお読みいただきたい。

こんな記事も読まれています

新型ハイブリッドバスに乗れる!撮れる! 東急バス虹が丘営業所がGW中心に車庫公開
新型ハイブリッドバスに乗れる!撮れる! 東急バス虹が丘営業所がGW中心に車庫公開
乗りものニュース
柴田自動車とバンタンがコラボ、学生デザインのグッズ販売
柴田自動車とバンタンがコラボ、学生デザインのグッズ販売
レスポンス
ランドクルーザー250がついに正式発表。最廉価グレードは520万円から! 導入記念モデル“First Edition”も用意
ランドクルーザー250がついに正式発表。最廉価グレードは520万円から! 導入記念モデル“First Edition”も用意
月刊自家用車WEB
「我が家よりデカい」東名高速の「超巨大看板」が話題に!? “日本最大級”サイズになる納得の理由も 一体何が書かれているのか
「我が家よりデカい」東名高速の「超巨大看板」が話題に!? “日本最大級”サイズになる納得の理由も 一体何が書かれているのか
くるまのニュース
オービスで撮られたときにマスクやサングラスで「変装」してたらどうなる? 顔がわからなくても逃れることは基本不可能だった
オービスで撮られたときにマスクやサングラスで「変装」してたらどうなる? 顔がわからなくても逃れることは基本不可能だった
WEB CARTOP
「死者数だけが非常に多い」東京の交通事故“異常事態”なぜ? “ヤバイ事故”増加か
「死者数だけが非常に多い」東京の交通事故“異常事態”なぜ? “ヤバイ事故”増加か
乗りものニュース
最近、ナンバープレートで「30A」とか「5FH」というアルファベットを見かけます これってどういう意味ですか?
最近、ナンバープレートで「30A」とか「5FH」というアルファベットを見かけます これってどういう意味ですか?
Merkmal
うぉぉ勝ったぞヒロキさん!! 完全勝利で問題なしかに思えたが……もうちょいでマシン丸焦げ!?!? 一体唐津でなにがあったのよ!!
うぉぉ勝ったぞヒロキさん!! 完全勝利で問題なしかに思えたが……もうちょいでマシン丸焦げ!?!? 一体唐津でなにがあったのよ!!
ベストカーWeb
レクサスの小さな高級車「LBX」 想い詰まった式典開催! 東北から世界に羽ばたく
レクサスの小さな高級車「LBX」 想い詰まった式典開催! 東北から世界に羽ばたく
くるまのニュース
日産が新型「高級スポーティセダン」実車公開へ! 次期「スカイライン」か!? 「Vision Qe」中国初披露に
日産が新型「高級スポーティセダン」実車公開へ! 次期「スカイライン」か!? 「Vision Qe」中国初披露に
くるまのニュース
いつすればいいか説明できる? 車線変更の正しいタイミングとは
いつすればいいか説明できる? 車線変更の正しいタイミングとは
バイクのニュース
一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
レスポンス
ヨコハマタイヤ SUV/ピックアップトラック用ジオランダーA/T4を発表
ヨコハマタイヤ SUV/ピックアップトラック用ジオランダーA/T4を発表
Auto Prove
初代ソアラが大記録を樹立!! スープラにGT-R、NSXの戦いが熱い……最高速チャレンジをした「ヤタベ」激闘史
初代ソアラが大記録を樹立!! スープラにGT-R、NSXの戦いが熱い……最高速チャレンジをした「ヤタベ」激闘史
ベストカーWeb
三菱地所設計が可変的なシステムでシームレスな移動を可能にする次世代モビリティ計画「Passenger VTOL」を発表
三菱地所設計が可変的なシステムでシームレスな移動を可能にする次世代モビリティ計画「Passenger VTOL」を発表
@DIME
春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
レスポンス
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
くるまのニュース
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • kinokonosato
    tv2のマニュアルに乗ってました。今はエブリイですがやっぱり4気筒で機械を操ってる感がとても懐かしいですね。オイル漏れが無かったらもうすこし乗ってたかと思うんですが(T_T)
    トランクションのかかり方がRRなだけに他には無い乗り味でしたね。雪道も強かったなぁ
  • fan********
    画像は?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.1530.0万円

中古車を検索
サンバーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.1530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村