現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが作った「天才タマゴ」が200万円超え!? 斬新デザインの走行距離12万キロ走った個体が凄い! オシャレグリーンの極上車が米に登場

ここから本文です

トヨタが作った「天才タマゴ」が200万円超え!? 斬新デザインの走行距離12万キロ走った個体が凄い! オシャレグリーンの極上車が米に登場

掲載 12
トヨタが作った「天才タマゴ」が200万円超え!? 斬新デザインの走行距離12万キロ走った個体が凄い! オシャレグリーンの極上車が米に登場

■まさかの「天才タマゴ」が高値に!

 2023年12月4日、アメリカのカーオークションサイト「Bring a Trailer」において、トヨタ「プレビア(日本名:エスティマ)」が約206万円で落札されました。
 
 どのような個体なのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! 200万円超えの「初代エスティマ」を画像で見る(37枚)

 Bring a Trailerはアメリカのオークショニアで、2007年に開設。日本をはじめ、ヨーロッパや米国などのクルマを取り扱っており、戦前から現行のクルマまで幅広くオークションが開催されています。

 今回、約206万円で落札されたプレビア(エスティマ)は1990年5月に登場した4ドアミニバンです。アメリカで急増していたミニバンマーケットに対応すべく開発されたといいます。

 日本においても当時はまだ商用車をベースにしたキャブオーバー型のワンボックスミニバンが主流となっており、そんななか登場したエスティマは注目の存在でした。

 特筆すべきはデザインとプラットフォームで、デザインに関してはトヨタの北米デザインスタジオであるCALTYが担当。

 スタイリングのテーマは「タマゴ形」で、インテリアも包み込まれるような大胆な造形のインパネを採用するなど、かなり凝ったものとなっています。

 さらに、エンジンは75度傾斜させたうえ、搭載する位置をフロントタイヤより後ろ、1列目のフロア下に配置するというミニバンでは特異なミッドシップ(MR)レイアウトを採用。これにより、優れたハンドリングと広い室内を実現しました。

 なお、日本においては当時「天才タマゴ」のキャッチコピーで、極めて斬新ともいえたスタイリングを前面に押し出した広告を打っていました。

 1994年には通常の2.4リッターエンジンにスーパーチャージャーを追加し、135馬力から160馬力へ出力をアップしたモデルが追加されています。

 販売面ではやや苦戦した傾向にありましたが、2000年登場の2代目からはタマゴ形デザインは引き継ぎながらもMRプラットフォームを廃し、通常のFF駆動となったほか、ミニバンとして正当な進化を遂げたことで一躍人気モデルとなり、トヨタの主力モデルとしてシェアを拡大しました。

 投入のきっかけとなった北米ではエンジンパワー不足が災いとなり、こちらでも苦戦。一足早い1997年に、FF駆動の後継車「シエナ」として次モデルがデビューし、販売を終了しました。

 今回落札されたプレビアは1996年式「LE」グレードのスーパーチャージャー搭載モデルで、走行距離は7.9万マイル(約12万6000キロ)を走行。

 2021年まではカリフォルニア州でワンオーナー車として使用されており、きわめて綺麗な状態を保っています。

 エクステリアは濃いグリーンの「ティールメタリック」で、バンパーやボディ側面下部は無塗装樹脂地となっています。

 この無塗装部分は日焼けによって若干の白化はありますが、エクステリアは飛び石程度で目立つ傷はありません。

 インテリアはグレーのファブリックですが、破れやほつれはなく、ステアリングもテカリなどもないため、大切に使われていたことがうかがえます。

 床下も大きなサビはほとんどなく、機関部は2022年にオルタネーター、フューエルデスビキャップ、デスビローター、ATFが交換されるなど、メンテナンスも行き届いているようです。

 このプレビアは4000ドルで開始後、24件もの激しい入札合戦を経て1万4000ドルで落札。

 27年前のミニバンとしては高値で取り引きされ、次のオーナーへと引き継がれていきます。

※ ※ ※

 映画やマンガ、アニメなどの影響から日本車の人気が高まっており、特に人気なのはトヨタ「スープラ」や日産「スカイラインGT-R」をはじめとする1980年代から90年代のスポーツカーです。

 その一方で、今回のプレビアのような一般的な乗用車であっても、当時の世界観や雰囲気などが支持され、若者を中心に人気を博しており、高値で取り引きされることもあります。

 実際にオークションのコメント欄には、「昔乗ってた」「このプレビアで育ったよ」「運転もプレビアで覚えた」など、当時を幼少期で過ごした若い世代からの入札もあったようで、極めて良い状態で残っていたこともあって高値になったと考えられます。

 すでに役割を終えたと思われる古い乗用車でも、20年以上の時を経て再評価されることが増えており、こうしたモデルを好んで乗る人も少なくないようです。

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • hen********
    私も10年乗りました燃費はリッター5〜7くらいスーパーチャージャーだからアクセルちょん踏みでスタートダッシュはこのボディの重量でも爽快でしたね 懐かしい
  • eec********
    すっごい燃費悪いよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8353.1万円

中古車を検索
エスティマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8353.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村