現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長5m級! ホンダのカッコいい「新型セダン」発売! スポーティな「RS欲しい」の声も… 販売店の声はいかに

ここから本文です

全長5m級! ホンダのカッコいい「新型セダン」発売! スポーティな「RS欲しい」の声も… 販売店の声はいかに

掲載 1
全長5m級! ホンダのカッコいい「新型セダン」発売! スポーティな「RS欲しい」の声も… 販売店の声はいかに

■新型アコードは2024年春頃登場! 販売店はどんな状況?

 ホンダ新型「アコード」は2024年春頃の発売と言われています。発売が近づくなか、ホンダ販売店はどのような状況になっているのでしょうか。

【画像】「えっ…!」ホンダのスポーティセダンはどんな姿? 画像を見る!(41枚)

 ホンダの日本におけるセダンラインナップは、先代アコードが生産終了となったことから一時的にセダンが消滅してました。

 その後、北米などではすでに販売されている新型アコードの日本導入によって、再びセダンタイプが復活することとなります。

 新型アコードはすでに2023年1月からアメリカやメキシコ・中国では、販売が開始されており、高い評価を受けています。

 主力モデルとしてスタイリッシュなデザインや高い走行性能が魅力的なモデルです。

 そうした中で、2023年9月21日にホンダは公式ホームページで新型アコード(日本向け)を先行公開。日本国内の先行予約は2023年12月からスタートしました。

 それでも発売は2024年春から発売が予定されていることから、世界的に見ると日本での発売は後発です。

 新型アコードの国内モデルのボディサイズについては、明確に発表されていませんが、北米仕様車のボディサイズ全長4970mm×全幅1861mm×全高1450mmと同等と予想されています。

 新型アコードに搭載するのは、システム総合出力204馬力を発揮する2リッター新型ガソリンエンジンに2モーターを組み合わせるハイブリッド「e:HEV」です。

 現在ホンダの日本におけるラインナップでセダンはアコードだけになるため、最上位モデルとして外装/内装にもこだわりを持っているのも特徴です。

 エクステリアはフルLED化を採用した薄型フロントヘッドライト、リアコンビネーションランプが横一文字を採用。流れるようなシルエットで、従来のロー&ワイドなプロポーションを継承しながらオリジナリティを発揮します。

 インテリアは統一された水平基調で広い視界を確保しているのに加えて、手に触れやすい車内部分はソフト素材を採用して上質で高級感のある雰囲気に仕上げられています。

 2024年春の発売ということですが、現在の状況について、関東圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードは、現在は全国の特別展示が行われている段階ですが、高い人気を得ているモデルといえます。

 ありがたいことに、すでにオーダーを入れていただいているお客様は何件かいらっしゃいますが、現車をご覧になってから買うと言うお客様も多くいらっしゃいます」

 また、関西圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードはありがたいことに多くの人から興味を持っていただいており、すでに複数のオーダーをいただいている状況です。

 納期に関しては明確なものがわかっていないのですが、先行予約の段階でオーダーをかけてくださったお客様から順番にご案内となります。

 いち早く納車したいと言う場合は、お早めにご連絡をいただければと思います」

※ ※ ※

 ひと足先に新型アコードを見たいと考えているユーザーのためにも、ホンダは特別先行展示を実施。日本全国で2023年11月から2024年2月末までの間に開催されています。

 なおアジアなどではスポーティな「RSグレード」が設定されており、ユーザーからは「新型アコードにRSグレード出してほしい」という声もありました。

こんな記事も読まれています

進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
レスポンス
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
Auto Messe Web
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
AUTOSPORT web
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
乗りものニュース
華やか、かつ緻密。ポルシェ・ペンスキーの最新ファクトリーに特別潜入
華やか、かつ緻密。ポルシェ・ペンスキーの最新ファクトリーに特別潜入
AUTOSPORT web
今季唯一の耐久戦は新型クプラ・レオンVZ TCRのレイス&フォレスティ組が制覇/TCR南米開幕戦
今季唯一の耐久戦は新型クプラ・レオンVZ TCRのレイス&フォレスティ組が制覇/TCR南米開幕戦
AUTOSPORT web
ホンダアクセス、「アウトドアデイジャパン名古屋 2024」にHondaキャンプとして出展
ホンダアクセス、「アウトドアデイジャパン名古屋 2024」にHondaキャンプとして出展
月刊自家用車WEB
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
くるまのニュース
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
グーネット

みんなのコメント

1件
  • ********
    泣き顔レジェンドが消滅し、セダン購入高所得層はトヨタに流れてしまい、ホンダには300万円以下のクルマしか買えない低所得層だけが残った

    しかしこんなアウディ劣化パクリエクステリア、昭和なハニカムエアコン吹出口が目立つ安っぽいインテリアのクルマを見てクラウンより良いと思えるだろうか

    ホンダファンには安いクルマは買えても安っぽい高額車は厳しいと思う
    また取引先だけが買って乗るクルマになりそうだ


※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.0468.0万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.0468.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村