現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 運命の出会いから32年! 今や貴重となったシングルナンバー、どノーマル「ビートル」を譲り受けた条件とは?

ここから本文です

運命の出会いから32年! 今や貴重となったシングルナンバー、どノーマル「ビートル」を譲り受けた条件とは?

掲載
運命の出会いから32年! 今や貴重となったシングルナンバー、どノーマル「ビートル」を譲り受けた条件とは?

何の変哲もない1971年式のスタンダード・モデルのVW

2023年9月3日(日)に開催された「クラシックカーレビュー ITOIGAWA」の会場でふと目に止まったのが、さりげなくシングルナンバーを掲げていたフォルクスワーゲン「1200」。オーナーに詳しくお話を伺ったので紹介しよう。

シングルナンバー「愛5」のVW「タイプ3」に乗り続けて39年! DIYでエンジンオーバーホールも仲間と一緒にやります

ある意味貴重なフォルクスワーゲン

今を遡ること30年以上前の1992年、新潟県の糸魚川市で第1回目が開催された「日本海クラシックカーレビュー」。いまでは上信越・北陸エリアを代表する我が国有数の老舗ヒストリックカー・イベントとして広く認知されている。しかし、その知名度と人気ゆえ会場やスタッフのキャパシティ的は飽和状態となりつつあった。そこで昨年のイベントをひとつの区切りとして「日本海クラシックカーレビュー」としての開催は一旦終了。今年からはその名称も「クラシックカーレビュー ITOIGAWA」と改め、参加台数のスリム化、市内パレードの割愛など、一部コンテンツを見直したうえ改めて開催されることとなった。

さる9月3日(日)に開催されたこのイベントの参加車両は、国籍を問わず1974年以前に生産されたクルマが対象となる。もちろんヒストリックカーの世界ではお馴染みの空冷フォルクスワーゲン一族も「タイプ1」(ビートル)や「タイプ2」(ワーゲンバス)、「カルマンギア」など5台が今回のエントリーリストに名を連ねた。

それら会場の一角に展示されていたフラット4軍団はいずれも上々のコンディションであるが、その中でふと目に止まったのが、さりげなくシングルナンバーを掲げていたフォルクスワーゲン1200。ある意味、何の変哲もない1971年式のスタンダード・モデルだ。

オリジナル状態のシングルナンバーはぜひ手に入れたかった

「もともと空冷フォルクスワーゲンが好きで、18歳で免許をとって最初に手に入れたのは“1303”でした」

というオーナーの“MCハマ男”さん。いまでは空冷VWも決して安いクルマではなくなってしまったが、当時はビートルといえば財布の軽い若者でも手に入れやすいヒストリックカー/輸入車の定番であった。

「その後2年ほどは1303で空冷VW生活を満喫していたのですが、ある日地元のクルマ屋さんの倉庫で見かけたのがこの1200でした」

その「新5」のシングルナンバーを掲げたクルマは売り物ではなかったのだが、見れば1971年式のスタンダードというベーシックグレードであった。

スタンダードは装備も簡素。また、他のグレードに比べ車重が軽いので、当時中古のスタンダードの多くはヒストリックレーサーやドラッグマシーンのベースとして使われてしまうことも多かったという。

「オリジナルの状態を保っているシングルナンバーを掲げたスタンダードは貴重、これはぜひ手に入れたいと思いました」

と、MCハマ男さんはそのクルマ屋さんと交渉。シングルナンバーを継続するという前提でこの1200スタンダードを手に入れることとなった。

今や「どノーマル」はむしろ少数派

「手に入れた当初はフューエルラインにサビが詰まったり、あるいはポイントの接触不良で止まったりという旧車ならではのマイナー・トラブルには幾度か見舞われましたが、基本的にはシンプルで丈夫なクルマです。高速道路でも十分以上に走りますし、今でも燃費はリッター13kmはいきます」

「スプリットやオーバルなどのビンテージ・ビートルはそれなりの格を備えた“クラシックカー”として貴重品扱いされていますが、逆にこの年式の“どノーマルの1200スタンダード”は、今ではむしろ少数派かもしれませんね」

最近はイベントに参加する機会も多いというMCハマ男さん。クルマ屋さんの倉庫での運命の出会いから32年、時代の空気を色濃く纏ったVW1200スタンダードとMCハマ男さんの幸せな空冷VW生活はいまなお継続中である。

こんな記事も読まれています

ルクレール、ハードタイヤでのペース不足に苦しむ「0.5秒も遅いのは普通じゃない」フェラーリ/F1中国GP
ルクレール、ハードタイヤでのペース不足に苦しむ「0.5秒も遅いのは普通じゃない」フェラーリ/F1中国GP
AUTOSPORT web
クライマックスに起きた悲劇。「どうすることもできなかった」とヌービル/WRC第4戦コメント
クライマックスに起きた悲劇。「どうすることもできなかった」とヌービル/WRC第4戦コメント
AUTOSPORT web
【MotoGP】マルケスのホンダ離脱がヤマハを「目覚めさせた」クアルタラロの2年契約延長にもプラス作用
【MotoGP】マルケスのホンダ離脱がヤマハを「目覚めさせた」クアルタラロの2年契約延長にもプラス作用
motorsport.com 日本版
黒顔&タフ仕様の新型「軽トラ」登場! 新色「デニム」がカッコいい! 定番「白・銀」以外の色がウケる理由
黒顔&タフ仕様の新型「軽トラ」登場! 新色「デニム」がカッコいい! 定番「白・銀」以外の色がウケる理由
くるまのニュース
小林可夢偉を追い詰めたポルシェのエストーレ、ペナルティを「秘密にされていた」と明かす/WECイモラ
小林可夢偉を追い詰めたポルシェのエストーレ、ペナルティを「秘密にされていた」と明かす/WECイモラ
AUTOSPORT web
BMW MINIから新型電気自動車が出たぞ! ガソリンターボにディーゼルターボとかスキがなさすぎる 生まれ変わったMINI カントリーマンを是非!
BMW MINIから新型電気自動車が出たぞ! ガソリンターボにディーゼルターボとかスキがなさすぎる 生まれ変わったMINI カントリーマンを是非!
ベストカーWeb
ルーフ「ターボR」が約2億3000万円で落札! 空冷ポルシェの究極ストリートマシンのカスタムメニューとは
ルーフ「ターボR」が約2億3000万円で落札! 空冷ポルシェの究極ストリートマシンのカスタムメニューとは
Auto Messe Web
レクサス RZ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
レクサス RZ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に
フェイスリフトにより新型「ルノー キャプチャー」はよりモダンに、より低い価格設定に
AutoBild Japan
【アウディeトロン史上最長の一充電航続距離】 619kmを叶えるオプション レンジプラスパッケージ
【アウディeトロン史上最長の一充電航続距離】 619kmを叶えるオプション レンジプラスパッケージ
AUTOCAR JAPAN
国産5社が今年も“共挑”!? クルマづくりが更に進化する! 普通のレースと違う未来への挑戦も!? イマ注目すべき「スーパー耐久」とは
国産5社が今年も“共挑”!? クルマづくりが更に進化する! 普通のレースと違う未来への挑戦も!? イマ注目すべき「スーパー耐久」とは
くるまのニュース
カワサキ KLX230用「フロントスプロケット(12T)」が力造から登場!
カワサキ KLX230用「フロントスプロケット(12T)」が力造から登場!
バイクブロス
サージェント、事前警告ナシの不正追い抜きペナルティに疑問符「順位を戻せと言ってくれたらよかったのに」
サージェント、事前警告ナシの不正追い抜きペナルティに疑問符「順位を戻せと言ってくれたらよかったのに」
motorsport.com 日本版
動画を送ろう! トーヨータイヤが「すべてのトラック・バス事業に携わる人たちに感謝を伝えるプロジェクト2024」を実施
動画を送ろう! トーヨータイヤが「すべてのトラック・バス事業に携わる人たちに感謝を伝えるプロジェクト2024」を実施
乗りものニュース
【MotoGP】苦境が好転しないホンダ、チーム側も予想外? 「理論的には良い改善をしているはずなのに」と困惑
【MotoGP】苦境が好転しないホンダ、チーム側も予想外? 「理論的には良い改善をしているはずなのに」と困惑
motorsport.com 日本版
カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表
カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表
バイクのニュース
ポルシェ『カイエンGTS』改良新型、日本での予約を開始---価格は1868万から
ポルシェ『カイエンGTS』改良新型、日本での予約を開始---価格は1868万から
レスポンス
“信じられない展開”を制したオジエの逆転勝利。ラトバラ代表も「8回も世界王者に輝いた理由がよく分かる」と感嘆
“信じられない展開”を制したオジエの逆転勝利。ラトバラ代表も「8回も世界王者に輝いた理由がよく分かる」と感嘆
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.967.1万円

中古車を検索
レビューの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.967.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村