現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モデル末期のフリードのほうが売れてる! 売れそうで売れない「いいクルマ」ステップワゴンの不思議

ここから本文です

モデル末期のフリードのほうが売れてる! 売れそうで売れない「いいクルマ」ステップワゴンの不思議

掲載 48
モデル末期のフリードのほうが売れてる! 売れそうで売れない「いいクルマ」ステップワゴンの不思議

 この記事をまとめると

■2022年に、Mクラスミニバン3モデルがフルモデルチェンジを行なっている

【試乗】見た目の「超コンサバ」は自信の表れ! 新型N-BOXの「中身の進化」が超絶だった

■売り上げの1位と2位はトヨタのノアとヴォクシー、3位がセレナ、4位がステップワゴンだ

■ステップワゴンが売れてない理由には”中途半端”な仕様となっていることが挙げられる

 ステップワゴンが売れそうなのになぜか売れない原因とは

 2022年は、ミドルサイズのミニバンが一斉に新型になった。トヨタのノアとヴォクシー、ホンダ・ステップワゴン、日産セレナがフルモデルチェンジを実施した。ただし、セレナe-POWERは、2023年4月になって納車を伴う発売を開始している。

 そこで、2023年度上半期(2023年4~9月)の1カ月平均登録台数を比べると、以下のとおりになる。 1位:ノア(8265台)

 2位:ヴォクシー(7503台)

 3位:セレナ(7209台)

 4位:ステップワゴン(3425台) このミドルサイズミニバン4車のうち、ノアとヴォクシーは基本部分を共通化した姉妹車で、合計すると1万5768台に達する。この販売実績は、小型/普通車の登録台数で1位になるヤリスシリーズ(ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス)と同等だ。ノアとヴォクシーは、超絶的な人気車になっている。

 その一方で、売れ行きを落ち込ませたのがステップワゴンだ。ライバル3車の半数以下に留まる。同じホンダのコンパクトミニバン、フリード(5699台)よりも少ない。フリードは、2016年に発売されて2024年にフルモデルチェンジを行う可能性もあるモデル末期車だが、ステップワゴンはこの台数を下まわった。

 ステップワゴンは認知度の高いミニバンなのに、なぜ売れ行きが低迷するのか。販売店に尋ねると以下のように返答された。

「ステップワゴンは価格が高く、もっとも安価なグレードでも300万円を超える。納期も約半年を要する。その点でフリードは価格がステップワゴンよりも約100万円安く、納期も1~2カ月と短い。さらにフリードでは、残価設定ローンに(年率2.9%の)低金利を実施して、ディーラーオプションのサービスなども行っている」

 このようにステップワゴンは、価格の高騰や納期の遅延があり、ユーザーがフリードに流れた。

 いまのホンダのイメージにステップワゴンはあってない

 理由はほかにもある。

 まずステップワゴンは、ライバル3車に比べるとフロントマスクの表情が穏やかだ。いまのような殺伐とした時代には、ステップワゴンのフロントマスクは好感を持てるが、一般的には存在感の強い顔立ちが好まれる。ステップワゴンは目立たない。

 そしてステップワゴンの柔和なデザインを明確に反映したのは、エアロパーツを装着するスパーダではなく標準ボディのエアーだが、この仕様には後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーションが設定されない。その背景には、ボディ後部のバンパー形状がスパーダと異なるため、ブラインドスポットインフォメーションのユニットが収まらなかった事情がある。

 このほか、エアーには、スパーダに用意されるLEDアクティブコーナリングライト、前席シートヒーター、2列目シートのオットマンなども用意されない。

 そうるなると、せっかくステップワゴンの穏やかな外観に魅力を感じてエアーを選ぼうとしても、装備に不満を感じてしまう。だからといってスパーダでは、エアーに比べて穏やかな魅力が薄れるため、結局はステップワゴンは中途半端な商品と受け取られる。ユーザーを逃してしまうのだ。

 また、ホンダ車の売られ方も変化した。いまでは日本で販売されるホンダ車の約40%がN-BOXで占められ、NーWGNなどほかの軽自動車も加えると50%を超える。そこに前述のフリードも加算すると、70%前後に達するのだ。

 つまり、N-BOXが際立って好調に売られる時代が10年以上続いたことで、ホンダのブランドイメージは「小さくて背の高い実用車を作るメーカー」に変化した。「ホンダ車を買うならステップワゴンではなくフリードでしょ」というわけだ。

 このようにステップワゴンの販売不振は複数の理由に基づき、ホンダの国内販売を象徴している。ステップワゴンに限らず、フィットやヴェゼルの売れ行きも、フリードを下まわっている。

こんな記事も読まれています

F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web

みんなのコメント

48件
  • mas********
    不思議でもなんでもない。
    求めるもの、求めたいモノではないだけ。
  • h_y********
    デザインについては皆さんの好みがあるのでどうこう言うつもりはない(私個人的には初代~2代目のテイスト満載なので大好き)。
    しかし、現行モデルで失敗していることが以下にあると思います。
    ・オデッセイ(5代目=現行)の国内生産を2021年12月(販売は2022年9月)に終了したことに合わせるように現行ステップワゴンをオデッセイの車格に上げたこと
    ・「AIR」「SPADA」の区分が明確な装備の違いとなっている
    ・エントリーモデル(現行は「AIR(ガソリン車)」)の価格が消費税込みで300万円を超えている

    ホンダがステップワゴンを売れ筋商品に少しでも戻すための私なりの考えとして
    ・価格設定の見直し…エントリーモデルでもせめて260~270万円
    ・「AIR」「SPADA」の装備差を極力なくす。できるならほぼ同装備で見た目の違いで選択できること

    これらが実現したら少しは違うと思うんだけどな…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索
ステップワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村