サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 街乗り、ときどき車中泊! 日産セレナとNV200に「マルチベッド」採用モデルを発売

ここから本文です

街乗り、ときどき車中泊! 日産セレナとNV200に「マルチベッド」採用モデルを発売

2列シート仕様で積載量もナットク

 日産の関連会社「オーテックジャパン」は、車中泊のニーズに対応したミニバン、セレナの「マルチベッド」を設定するとともに、NV200バネット「マルチベッドワゴン」の仕様を一部向上した。

日産「大阪オートメッセ2020」出展概要を発表、注目はNISMOとオーテックによる最新カスタマイズ車両

 セレナ「マルチベッド」は、”XV”、”ハイウェイスターV”、”e-POWER XV”、”e-POWER ハイウェイスターV”のグレードをベースに製作。いずれも2列シート仕様とし、人気のオプション「防水シート」を標準装備。ベッドボードにはシートと同じ防水性のある素材を採用したことで、汚れを拭き取りやすく手入れが簡単に行なえる。

 また、ウェアや小物などを掛けることができる「サイドマルチパイプラック」や、釣り具やサーフボードを積載するためのアイテムをオプション設定した。

 一方のNV200バネット「マルチベッドワゴン」は、ワゴン2列シート仕様のグレードがベース。1月に実施したベース車両の一部仕様向上と同様に、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「ハイビームアシスト」、「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全装備を新たに採用する。さらに「マルチベッドワゴン」専用のボディカラーとして、趣味のフィールドでも都会の街並みの中でも個性が光る、2種類のパステル調2トーンカラーを追加設定した。 この2トーンカラー車は、ボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することも可能。ベッド横で食事などに使用できるテーブルも、オプションで用意している。

 両モデルともに、日常的な使用はもちろん、アウトドアや大きな機材を使用する趣味を楽しむ人、ペット連れの旅を楽しむ人のために、2列(5人乗り)のシートレイアウトと収納式のベッドシステムを搭載。高い実用性と快適な休憩のためのスペースを同時にもたらす1台となっている。

 このように、宿泊施設を利用せずに車内で快適に就寝することもできるので、活動的なライフスタイルをより充実したい方をさまざまなシーンでサポートしてくれるだろう。なお、セレナ「マルチベッド(323万1800円~)」は2月10日より、NV200バネット「マルチベッドワゴン(262万4600円~)」は1月31日より、日産の販売会社を通じて全国一斉に発売している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します