現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「試乗」ついに日本上陸、ボルボXCシリーズの大本命 ディーゼルターボの走りはいかに

ここから本文です

「試乗」ついに日本上陸、ボルボXCシリーズの大本命 ディーゼルターボの走りはいかに

掲載 更新
「試乗」ついに日本上陸、ボルボXCシリーズの大本命 ディーゼルターボの走りはいかに

じつにスカンジナビアンらしい味付け、落ち着きとゆとりをみせた”XC60 D4″

先行したガソリンエンジンモデルの売れ行きも好調なボルボXC60。待望のディーゼルモデルにようやく試乗することができた。シリーズ中、もっとも北欧濃度が高いというD4のレポートをお届けする。

セレブが認めるオンリーワンの空間「敏腕チューナー」によるインテリアの世界

VOLVO XC60 D4】

ボルボの大黒柱であり、世代交代と共にまたもや大ヒット作となった「VOLVO XC60」。その真打ちともいえるディーゼルユニットを搭載したスタンダードモデル『D4 AWDインスペクション』のステアリングを、とうとう日本で握ることができた。フラグシップモデル「XC90」と同じ最新型シャシー「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を核としたボディは日本の環境下において少々大きいが、だからこそインポートカーとしてはその醍醐味が味わえるジャストなお目立ち度である。そこに高い実用を備える2リッターの直列4気筒ディーゼルターボ(190ps/400Nm)が組み合わさるのだから、期待しないわけには行かない。

ちなみにこの『VOLVO XC60 D4(以下D4)』、インポーター陣が強調していたのはかなりのソフト路線ということ。おすすめのポイントはミドルサイズSUVの余裕を活かした乗り心地の良さと、ディーゼルユニットの静粛性。これはひと足先にローンチされたガソリンモデルたちが、キビキビと若々しい走りを軸にキャラを構築していたから、そのギャップをマイナスイメージとしたくなかったからであろう。



非常にタフなディーゼル搭載モデル

そんな前置きを頂いて乗り込んだD4は、しかしというかさすがというか、良い意味でスカンジナビアン(北欧)濃度の濃い仕上がりだった。まず注目のディーゼルユニットだが、これは冷間時には普通にメカニカルノイズが車内に聞こえてくる。この点でボルボにはドイツ勢たちほどの遮音に対するコストは掛けられていないようで、ステアリングやフロア、ABCペダルにかすかな振動が伝わってくるのだが、それが不快というほどではなく、むしろ木訥さとすら捕らえられるのがまずスカンジナビアンっぽい“その1”である。そしてこのエンジンも熱が入って行くほどに音が低くなり、吹け上がりと共にトーンが整って行く。ユニットの性格としてアクセルをフラットアウトし続けるようなタイプではないが、キック一発でグーン!と盛り上がるトルクとサウンドは元気ハツラツで、ディーゼルらしからぬ気持ちよさ。また街中で多様されるパーシャルスロットルでも、大きなボディを快適に転がしてくれる。残念なのは8速ATのセッティングで、シフトアップ時に加速してしまったり、全開時に一瞬トルク伝達が遅れる部分が目立った。またパドル操作に対するレスポンスもいまひとつシャッキリ感に欠ける。だがそのアジリティのなさは、きっと本場北欧の大地では役に立つのだろうなぁ…と思えた。なぜならサスペンションは確かにストロークフルで、ガソリンモデルたちのようなしなやかながらもリニアな乗り味ではない。ただいわゆるクロカン的なダルさはないので、むしろワインディングのような場面でも巧みに車体を曲げて行くし、高速道路の長いカーブでは自重を受け止めながら吸い付くようにコーナリングしてくれる。またソフトな足回りにも関わらず、フラフラせずにピターッと高い直進性を保ってくれるのがいい。荒れた路面での入力の吸収は確かにいい。しかしその様子を注意深く精査すれば、フロアには微かな微振動があり、リアのリーフスプリング周りの渋さが感じ取れる。だが”それが何か?”である。つまり多少荒れた路面だろうがドンドン走破し、自信をもってアクセルを踏めるのがこのクルマの魅力。端正な顔立ちをして結構荒っぽいこともOKなのがスカンジナビアンらしさ“その2”なのである。

そう考えればアクセルに過敏じゃないATの制御や、リニアじゃないけれど粘り腰の足回り、目立たないけれど確実に車輌安定性を保っているAWDの制御にも納得が行く。ボルボのイメージは上品で大人しいと感じている人は多いだろう。しかしこの美しいSUVは、ディーゼルを搭載しガソリンモデルとはまた違う魅力を提案している。その実とってもタフ。ガシガシ使い倒すギャップに萌える一台なのである。

豊かなトルクを全輪で路面に伝える

「デンソー」と共同開発した2リッター直4ディーゼルターボを搭載するD4。アドブルーによるNOx除去装置により、さらにクリーンになった。車重1.9トンを感じさせない太いトルクが魅力的だ。



美しく優しいスカンジナビアンテイスト

ドリフトウッド調のパネルや手触りのいいレザーによるトリミングが、上質な空間を創造。ドイツ車とはひと味違ったプレミアムの演出が北欧生まれを感じさせてくれる。

Specification

ボルボジャパン TEL0120-55-8500http://www.volvocars.co.jp

(TEXT:山田弘樹)

こんな記事も読まれています

あなたは全員言える? 2024年ル・マン24時間レースに参戦する元F1ドライバー18人を一挙紹介
あなたは全員言える? 2024年ル・マン24時間レースに参戦する元F1ドライバー18人を一挙紹介
motorsport.com 日本版
トヨタ「“黒顔”ハイエース」実車公開! ウッド内装がめちゃ「オシャレ」! 家族で寝られる“丸目レトロ車中泊カー”「GMLVAN V-01」とは
トヨタ「“黒顔”ハイエース」実車公開! ウッド内装がめちゃ「オシャレ」! 家族で寝られる“丸目レトロ車中泊カー”「GMLVAN V-01」とは
くるまのニュース
進化したホンダ「ヴェゼル」の印象は? “独自のハイブリッド”は「より快適」で走って楽しい! 新鮮でおしゃれな特別パッケージも注目です
進化したホンダ「ヴェゼル」の印象は? “独自のハイブリッド”は「より快適」で走って楽しい! 新鮮でおしゃれな特別パッケージも注目です
VAGUE
【開発総額380億円】アストンマーティンがインテリアを手がけるレジデンスを発表! マイアミの次にアラブ首長国連邦を選んだ理由とは
【開発総額380億円】アストンマーティンがインテリアを手がけるレジデンスを発表! マイアミの次にアラブ首長国連邦を選んだ理由とは
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツEQBの改良モデルで航続距離の伸延とEV最新デザインへ
メルセデス・ベンツEQBの改良モデルで航続距離の伸延とEV最新デザインへ
Auto Prove
“5速MT”あり「爆速コンパクトカー」販売終了へ! “丸目レトロ”ライト&タテ型4本出しマフラー! 屋根開きモデルもある「アバルト」日本向け生産終了
“5速MT”あり「爆速コンパクトカー」販売終了へ! “丸目レトロ”ライト&タテ型4本出しマフラー! 屋根開きモデルもある「アバルト」日本向け生産終了
くるまのニュース
[15秒でわかる]ロータス『エメヤ』…世界最速で充電可能
[15秒でわかる]ロータス『エメヤ』…世界最速で充電可能
レスポンス
ガチのレーシングカーなのに庶民でも購入可能な価格だった! 維持費も安い「VITA」がめちゃめちゃお得な選択だった
ガチのレーシングカーなのに庶民でも購入可能な価格だった! 維持費も安い「VITA」がめちゃめちゃお得な選択だった
WEB CARTOP
日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
レスポンス
なんだこの超イケてるクーペは!? それでも1代限りで消滅した「ランサーセレステ」という残念な三菱車
なんだこの超イケてるクーペは!? それでも1代限りで消滅した「ランサーセレステ」という残念な三菱車
WEB CARTOP
WRC王者ロバンペラ、ル・マン24時間出場&トヨタハイパーカーのテストに意欲。オジェに続くか?
WRC王者ロバンペラ、ル・マン24時間出場&トヨタハイパーカーのテストに意欲。オジェに続くか?
motorsport.com 日本版
スズキ新型「軽SUVワゴン」“ジムニー顔”で登場か!? 「発売待ってる」「4WD強化して!」新型「スペーシア ギア」への反響は?
スズキ新型「軽SUVワゴン」“ジムニー顔”で登場か!? 「発売待ってる」「4WD強化して!」新型「スペーシア ギア」への反響は?
くるまのニュース
【試乗記】トヨタクラウンスポーツPHEV 環境対応したスポーツの姿
【試乗記】トヨタクラウンスポーツPHEV 環境対応したスポーツの姿
Auto Prove
コーンズが福島・宮城・山形を愛車でめぐるツーリングイベント「CORNES Touring 磐梯吾妻 2024」を開催
コーンズが福島・宮城・山形を愛車でめぐるツーリングイベント「CORNES Touring 磐梯吾妻 2024」を開催
@DIME
いすゞ、タイのSUV「MU-X」大幅改良 ADAS搭載 最上級グレード「RS」追加
いすゞ、タイのSUV「MU-X」大幅改良 ADAS搭載 最上級グレード「RS」追加
日刊自動車新聞
MINIクーパーに5ドアモデルが登場 今秋以降にデリバリー開始
MINIクーパーに5ドアモデルが登場 今秋以降にデリバリー開始
Auto Prove
引退記念、1991年式路線バスを堪能するツアー
引退記念、1991年式路線バスを堪能するツアー
レスポンス
【解説】スバル「クロストレック」ってどんなクルマ?サイズやエクステリア&インテリアの特徴は? グレード・価格はどうなっている?
【解説】スバル「クロストレック」ってどんなクルマ?サイズやエクステリア&インテリアの特徴は? グレード・価格はどうなっている?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村