現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 新型「アコード」やモリゾウのサイン入り「CR-V FCEV」も展示されるぞ! 地方モビリティショーにホンダがブースを出展

ここから本文です

新型「アコード」やモリゾウのサイン入り「CR-V FCEV」も展示されるぞ! 地方モビリティショーにホンダがブースを出展

掲載 4
新型「アコード」やモリゾウのサイン入り「CR-V FCEV」も展示されるぞ! 地方モビリティショーにホンダがブースを出展

 この記事をまとめると

■「ジャパンモビリティショー2023」に続き本だが各地のモビリティショーにもブースを出展する

水素燃料電池&BEVの両方を併せ持つ「ホンダCR-V」がお目見え! 2024年に「現実的な価格」で発売予定!!

■各地モビリティショーには「ジャパンモビリティショー2023」で展示のなかった「CR-V FCEV」も展示予定

■そのほか「サステナCコンセプト」や「ZR-V」、「N-BOX」、「アコード」なども展示する

 東京では展示のなかったCR-V FCEVもモビリティショーに参戦

 2023年11月16日から19日まで開催された「ジャパンモビリティショー2023」にて、陸・海・空とマルチな乗りものを提供しているモビリティメーカーらしいコンセプトカーやディスプレイで楽しませてくれたホンダ。

 そんなホンダが、「ジャパンモビリティショー2023」に引き続き、名古屋、大阪、福岡、札幌で開催される各地モビリティショーへブースを出展する。

 そのなかで注目なのが、「ジャパンモビリティショー2023」には展示のなかった新型燃料電池車の「CR-V FCEV」だ。このCR-V FCEVは、現在のところ日本では発売されていない、北米版の最新型CR-Vをベースに、GMとの協業によって開発された燃料電池システムを搭載したもの。

 展示車両は、11月11日に富士スピードウェイで行われたスーパー耐久シリーズで突如公開されたモデルそのもので、実際、富士スピードウェイでの初公開時には、トヨタ自動車の豊田章男会長が、CR-V FCEVに自らのサインを書いているが、そのサインも残されたままとなっている。2024年の発売を予定しており、日本でも公道を使用しての実証実験が行われているから、日本発売にも期待したいモデルとなっている。

 CR-V FCEV以外にも、「ジャパンモビリティショー2023」で注目されたモデルが目白押しだ。

 コンセプトカーでは、次世代EVを示唆するモデルとされる「サステナCコンセプト」は見逃せない。回収した使用済みアクリル樹脂を再利用して作られており、資源の循環利用(リソースサーキュレーション)によって、地球環境保護と自由な移動の喜びを将来にわたって両立することを目指して開発されている。

 市販車では、2023年4月に発売された「ZR-V」や、先日ニューモデルが発売されたばかりの新型「N-BOX」、さらには2023年末から2024年初頭にかけての発売が予定されている新型「オデッセイ」、新型「アコード」などを出展を予定している。

 各地方モビリティショー開催概要

●名古屋モビリティショー2023 開催日時:2023年11月23~26日 開催会場:ポートメッセ名古屋

●大阪モビリティショー2023 開催日時:2023年12月8~11日 開催会場:インテックス大阪

●福岡モビリティショー2023 開催日時:2023年12月22~25日 開催会場:マリンメッセ福岡

●札幌モビリティショー2023 開催日時:2024年1月19~21日 開催会場:札幌ドーム ホンダの未来に触れられるまたとないチャンスとなっているので、気になるクルマがあるなら各地モビリティショーの会場に足を運んでみよう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

もてぎに「働くクルマ」が大集合、ゴールデンウィークにイベント開催へ
もてぎに「働くクルマ」が大集合、ゴールデンウィークにイベント開催へ
レスポンス
白熱する来季F1ドライバー市場、“主役”はレッドブル離脱噂のフェルスタッペン&新規参戦アウディ?
白熱する来季F1ドライバー市場、“主役”はレッドブル離脱噂のフェルスタッペン&新規参戦アウディ?
motorsport.com 日本版
もはや「スーパーカー」!? めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場!“クセ強”1BOXバンが「カッコ良すぎ」と反響集まる
もはや「スーパーカー」!? めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場!“クセ強”1BOXバンが「カッコ良すぎ」と反響集まる
くるまのニュース
『ホールデン・コモドア』国際交流戦に現れ、快走したオーストラリアンV8【忘れがたき銘車たち】
『ホールデン・コモドア』国際交流戦に現れ、快走したオーストラリアンV8【忘れがたき銘車たち】
AUTOSPORT web
メルセデス・ベンツ Gクラスの電気自動車がまもなくやってくる?──GQ新着カー
メルセデス・ベンツ Gクラスの電気自動車がまもなくやってくる?──GQ新着カー
GQ JAPAN
入賞枠拡大の新F1ポイントシステム案、ドライバーからは賛否両論「大きな切り傷に絆創膏貼るみたいなもん」との声も
入賞枠拡大の新F1ポイントシステム案、ドライバーからは賛否両論「大きな切り傷に絆創膏貼るみたいなもん」との声も
motorsport.com 日本版
スバル レガシィが生産終了へ──GQ新着カー
スバル レガシィが生産終了へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファー「小型・薄型モデル」の選択のキモは、“サイズ”と“音”と“価格”!
[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファー「小型・薄型モデル」の選択のキモは、“サイズ”と“音”と“価格”!
レスポンス
WECスパ、テストで負傷のハプスブルクが復帰へ。LMGT3クラスのエントリーリストには宮田莉朋の名前も
WECスパ、テストで負傷のハプスブルクが復帰へ。LMGT3クラスのエントリーリストには宮田莉朋の名前も
motorsport.com 日本版
ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
レスポンス
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
くるまのニュース
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
motorsport.com 日本版
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
Auto Messe Web
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
Webモーターマガジン
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
AUTOSPORT web
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
AUTOSPORT web
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
WEB CARTOP
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • ハンセン
    ホンダの買収のサインじゃないだろうね。
  • ザ・ファイナル・タカヒロ
    モリゾウのトヨタってF1挑戦したけど0勝140敗という恥ずかしい戦績残して逃げたからな
    出来なかった事をやり続けてるホンダには相当憧れがあるんやろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索
CR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村