現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型ランクルミニの正式車名は「ランドクルーザーFJ」? あのFJクルーザーが400万円以下で復活するってホント?

ここから本文です

新型ランクルミニの正式車名は「ランドクルーザーFJ」? あのFJクルーザーが400万円以下で復活するってホント?

掲載 26
新型ランクルミニの正式車名は「ランドクルーザーFJ」? あのFJクルーザーが400万円以下で復活するってホント?

 11月7日、日本の特許庁に「LAND CRUISER FJ(ランドクルーザーFJ)」という車名が商標登録された。これは何を意味するのか? あのFJクルーザーが復活するのか、迫ってみたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、予想CGイラスト(ベストカーが製作したもの)

新型ランクルミニの正式車名は「ランドクルーザーFJ」? あのFJクルーザーが400万円以下で復活するってホント?

■「ランドクルーザーFJ」の名で商標登録された

北米では2006年から、日本では2010年から販売されていたFJクルーザー

 11月7日、日本の特許庁に商標登録された「LAND CRUISER FJ(ランドクルーザーFJ)」。思わず、FJクルーザーの復活か、と声を上げてしまった。

 FJクルーザーといえば、40系をオマージュしたレトロ&モダンなSUVで日本では2010年12月~2018年1月まで(アメリカでは2006年3月~2014年12月)販売されていた。

 ではこのランドクルーザーFJの正体は何なのか? どんなクルマなのか? 熱心な読者ならピンと来たかもしれないが、これまで報じてきたランクルミニに他ならない! ほんとにあるのかと聞かれれば、確実にあると断言しておこう。

ランドクルーザー250の発表会で謎のコンパクトSUVのシルエット(スクリーン左側)をチラ見せ。これってもしや……?

 当然、20系や40系、60系など、かつてのFJシリーズをオマージュしてFJと名を付けたのは間違いない。

 8月2日に行われたランクル250&70のお披露目会では、後ろのスクリーンにしれっと、コンパクト&ミドルクラスSUVと思わせるシルエットをチラ見せした。

 FJクルーザーは全長4645×全幅1905×全高1840mmとプラド級だから、このシルエットを見る限り、サイズ感からいえばFJクルーザーの後継車にはふさわしくはない。

 どちらかというと、2021年12月に行われた「バッテリーEV戦略に関する説明会」でモックアップモデルが公開された「コンパクトクルーザーEV」によく似ている。

2021年12月にお披露目となったCompact Cruiser EV

[articlelink]

■2024年中に発売される可能性が高い

ランクル250を小さくしたようなランクルミニ(ベストカーが製作した予想CGイラスト)

 以前、ランクルミニの車名が、8月8日に商標登録された「LAND HOPPER(ランドホッパー)ではないかと報告したが、それはジャパンモビリティショー(10月25日から開催)で公開された電動3輪パーソナルモビリティだった。

 しかし、今回は間違いないだろう。このランドクルーザーFJが、これまで報じてきたランクルミニ、となるのは99%間違いない。

 ただランドホッパーのようにジャパンモビリティショーの発表約3カ月前に商標登録していることから、2014年1月に開催される東京オートサロンで公開される、別のクルマという線もありえなくはない。

サイズはカローラクロスに近いものになりそうだ(ベストカーが製作した予想CGイラスト)

 ランクルミニのエクステリアデザインについては、ベストカーが製作した予想CGイラストはかなり正確だと思ってもらってもいい。ヘッドライトは丸目で、ランクル250の縮小版というイメージ。ランクル250にはない背面タイヤを装着しているのも特徴だ。

 ボディサイズは、全長が4350mm前後、全幅は1850mm前後という情報が入ってきており、全体的なサイズ感はカローラクロス(全長4490×全幅1825×全高1620mm)に近いものとなりそうだ。ただし、全高はもっと高く1860mm前後となる。

 パワートレインは、BEVという線も考えられるが、信頼できる筋からの情報では純ガソリンエンジンとハイブリッドになるとのこと。具体的にはカローラクロス用の1.8L、直4NAとハイブリッド、RAV4の2L、直4NAと2.5Lのハイブリッドのいずれかが搭載される。

 パワートレインに関してはまだ流動的だが、ランクル250が2.4Lターボハイブリッド(海外仕様)を搭載することを考えると、もっと小さい1.5Lターボを投入してくる可能性もある。

 デビュー時期は意外に早く、2024年中になりそうだ。スタート価格は400万円を切ってくるだろう。カローラクロス級のミドルSUV、ランドクルーザーFJのデビューはもうすぐ! 今から購入の用意をしておくべし!

ランドクルーザーを名乗るかぎり、頑丈なフレーム構造でなければファンは納得しない。背面タイヤもランクルのイメージを強くするランドクルーザーを名乗るかぎり、頑丈なフレーム構造でなければファンは納得しない。背面タイヤもランクルのイメージを強くする(ベストカーが製作した予想CGイラスト)

こんな記事も読まれています

VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
本番前からペナルティ多数/ミディアムは超トリッキー/フェラーリ499Pのリザーブ2名etc.【テスト2日目Topics】
本番前からペナルティ多数/ミディアムは超トリッキー/フェラーリ499Pのリザーブ2名etc.【テスト2日目Topics】
AUTOSPORT web
トラック運転手不足→「速度を上げよう」意味不明? 最高速度引上げナゼ実施? 意図が分からないとの声も
トラック運転手不足→「速度を上げよう」意味不明? 最高速度引上げナゼ実施? 意図が分からないとの声も
乗りものニュース
もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
レスポンス
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
@DIME
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
くるまのニュース
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
motorsport.com 日本版
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
AUTOSPORT web
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
motorsport.com 日本版
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
グーネット
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
グーネット
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
くるまのニュース
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
レスポンス
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
AUTOSPORT web
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします
首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします
Auto Messe Web
トヨタ1600GT(昭和42./1967年8月発売・RT55型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト039】
トヨタ1600GT(昭和42./1967年8月発売・RT55型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト039】
Webモーターマガジン
ホンダF1、2026年から導入される次世代PUの開発状況は”2割”。計画率いる角田LPL「勝負はホモロゲ提出まで」
ホンダF1、2026年から導入される次世代PUの開発状況は”2割”。計画率いる角田LPL「勝負はホモロゲ提出まで」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

26件
  • けいのじ
    ベストカーさん、憶測、妄想だけで無責任な記事を書いてお金になるって羨ましいです。
  • うめきち
    FJクルーザーは350万以下だったよね?
    お買い得だったなぁ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.0349.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.9505.2万円

中古車を検索
FJクルーザーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

324.0349.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.9505.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村