現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】モデル名を「A4」から「A5」に変更へ!これがアウディA4後継となる「A5アバント」次期型だ!

ここから本文です

【スクープ】モデル名を「A4」から「A5」に変更へ!これがアウディA4後継となる「A5アバント」次期型だ!

掲載 11
【スクープ】モデル名を「A4」から「A5」に変更へ!これがアウディA4後継となる「A5アバント」次期型だ!

偶数名モデルはBEVモデルへと名称変更

アウディは現在、欧州Dセグメントの主力モデル、『A4』次期型を開発中だが、その派生ワゴン「アバント」最新プロトタイプをカメラが捉えた。

【スクープ】ランドローバーに6年ぶりとなる「SVR」が復活か!? これが「ディフェンダーSVR/SVX」の最終デザインだ!

【画像28枚】「A4アバント」改め「A5アバント」のスクープショットはコチラ

A4後継モデルは開発が最終段階に入っており、ほぼフルヌード姿が見てとれる。2023年初め、アウディはラインナップの次世代型に新命名法を使用すると発表。偶数番号のモデルは段階的にピュアエレクトリック(BEV)に移行すると伝えられている。つまりこのICE搭載A4後継モデルは、「A5セダン」と「A5アバント」として生まれ変わる。

捉えたプロトタイプの六角グリルは、内部に大きなメッシュパターンを配置、スリム&ワイド化され、ボンネットの先端からバンパーの最下部まで伸びるまで、グリルがどんどん大きくなるという20年間の傾向を逆転させたようだ。バンパーの高さを低くすることで、ノーズはより滑らかでスポーティな外観となっている。またバンパーのコーナーには、垂直のエアインテークがあり、現行の RS4 を彷彿とさせる立体的なものになっている。

ヘッドライトも刷新され、内部には新LEDデイタイムランニングライトが見てとれる。ボンネットは縮小され、グリルまで伸びたり、ホイールに向かって側面を覆ったりはしていない。定かではないが、この変更は軽微な事故後の修理コストを大幅に削減するために行われたのではないかと考えられる。

側面では、現行型と非常に似ているが、ドア下部セクションはさらに深くえぐられているほか、上部にはフラッシュマウントハンドルを装備している。後部では、リアウィンドウが狭くなり、ルーフウィングが強調されているように見える。LEDテールライトの一部も見えているが、おそらくよりスリムで、コーストツーコースト(端から端の意味)のLEDストリップで接続されているはずだ。

このプロトタイプは、はボンネットの下に内燃エンジンを備えているが、リアバンパーに統合されたデュアルエキゾーストパイプと、充電ポートの欠如から判断して、プラグインハイブリッドではないだろう。

これまでの情報から、新型A5のすべてのバージョンは、スポーツバックであろうとアバントであろうと、ガソリンエンジンを搭載することになる。プラグインハイブリッドの派生モデルも存在するが、フルエレクトリック仕様は「A4」として販売される予定だ。

新生A5のワールドプレミアは2024年以降だが、伝統的セダンのプロトタイプがいまだ出現していないことからも、「スポーツバック」とア「バント」のみを販売する意向であるという噂が高まっている。

関連タグ

こんな記事も読まれています

マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
AUTOCAR JAPAN
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
レスポンス
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
AUTOSPORT web
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
GQ JAPAN
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
GQ JAPAN
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
driver@web
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

11件
  • ホモサピエンス
    なんでクルマの記事ってこんなに誤字脱字が多いの?
    『ア「バント」』に至っては何つったら良いのか。
  • suk********
    いつになったら出るんだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村