現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は

ここから本文です

ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は

掲載 65
ホンダ新型「オデッセイ」発売! “イチバン安い仕様”はアンダー500万円!? 「豪華リアシート」も付いて装備は十分!? 「最廉価モデル」の中身は

■「最安オデッセイ」どんな内容?

 ホンダは2023年12月8日、新型「オデッセイ」を発売しました。
 
 復活したオデッセイの価格は480万400円からとなっていますが、最安モデルはどのような内容なのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! これが「一番安いオデッセイ」です! 画像で見る(75枚)

 オデッセイは、2021年末に製造担当工場の閉鎖を理由に一度生産を終了しましたが、中大型ミニバンのニーズがあることや、販売現場およびユーザーからラインナップの復活を求める声があり、2023年4月に再販売を決定しました。

 新型は、国内販売終了後に中国で継続生産されていた改良型で、ホンダの国内販売モデルとしては初となる中国からの輸入車となりました。

 基本的には国内生産モデルと同等ですが、再販売に際して一部改良も加えられています。

 パワートレインは2リッターエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせる「e:HEV」モデルのみで、駆動方式はFFのみとなっています。

 エクステリアは、新デザインのフロントグリルを採用。水平基調の5本バーに突起状のデザインを組み合わせることで、さらに存在感を強めたものとなりました。

 インテリアは従来とほぼ同様ですが、背もたれ上部が前方に向かって倒れる中折れ機能や、オットマンを装備する2列目シートは電動化され、オットマンやリクライニングのきめ細かい調節が可能となっています。

 さらに、2列目用に新たにシートヒーターを装備したほか、折りたたみ式センターテーブル、USB充電ソケットも装備されるなど、快適性を向上しています。

 コクピットではアクセルオフ時の減速の調整が可能な「減速セレクター」を装備し、スイッチ式シフト「エレクトリックギアセレクター」を初採用するなど、先進感が高められています。

 先進運転支援機能では、ホンダ センシングを刷新。フロントカメラを広角化することで、衝突被害軽減ブレーキの検知対象が拡大し、交差点右折時の対向車や横断自転車、夜間の歩行者検知が可能になりました。

 加えて、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)が追加されています。

 さらに、オデッセイでは初となるコネクテッド機能「ホンダ コネクト」を採用し、エアコンやドアロックなどの操作のほか、緊急通報やロードサービスなどを利用することができます。

 ラインナップは「e:HEV ABSOLUTE(アブソルート)」「e:HEV ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION(ブラックエディション)」の3タイプを用意。価格は480万400円から516万4500円に設定されています。

 このうち、最安となるアブソルートはアルミホイールサイズが17インチとなっている点が異なります。

 また、インテリアでは、唯一本革シートは装備されておらず、ファブリック素材「FABTECT(ファブテクト)」/プライムスムースのコンビシートを装備しています。

 しかし、このコンビシートは本革シートよりも優れる点があります。

 シート表面には撥水・撥油加工がされているため、小さい子どもなどがいる家庭では、こちらを選択するメリットがありそうです。

 機能装備では、前席左右および後席で独立して温度調整ができるトリプルゾーンエアコンやハンズフリーテールゲート、ワイヤレス充電器が装備されていません。

 また、運転席大型アームレストやセンターコンソールボックスも省略され、カップホルダー付きトレーのみとなっています。

 これらがオデッセイ最安モデルの特徴ですが、装備では表面的な違いにとどまっており、最安モデルでも前席左右と2列目用シートヒーター、2列目パワーシートなどが装備され、ホンダ センシングも標準装着とするなど、十分充実した内容となっています。

 エクステリアにおいてもホイールのみの違いで、全タイプがアブソルートとなっていることから、いずれのグレードを選んでも遜色のない仕上がりです。

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
くるまのニュース
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
グーネット
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
AUTOCAR JAPAN
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
レスポンス
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
motorsport.com 日本版
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
くるまのニュース
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
motorsport.com 日本版
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
motorsport.com 日本版
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
レスポンス
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
Webモーターマガジン
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
Auto Messe Web
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
WEB CARTOP
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
driver@web
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
Webモーターマガジン
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
motorsport.com 日本版
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン

みんなのコメント

65件
  • mar********
    かっこいい。しかも中国製。価格も500万円。安い。買いたいーってなる日本人はゼロに近い。
  • HIROKAZU
    オデッセイ。古い人間で申し訳ないですが、デビュー当時はまさに斬新で選ぶ意味のあるクルマだったように思います。当時のホンダは超合理的だったりユニークだったり、ウチはウチって感じのプライドも感じましたね。アコードしかり、シビックしかり、シティ、CR-X、オデッセイ。インスパイアも面白かった。若い人が任されている感じの、イメージが若々しいメーカーと思っていましたよ。

    今のホンダ。なんだか年取ったなぁという印象・・。T社ばかりの一人勝ち状態に風穴を明けるように、頑張って欲しいんですがね。年寄の戯言でした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村