現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 6速MTのみでアンダー300万円!? 最安のトヨタ「快速FRスポーツ」はまさかの“鉄チン”! 改良で生き残った「GR86 RC」の中身は?

ここから本文です

6速MTのみでアンダー300万円!? 最安のトヨタ「快速FRスポーツ」はまさかの“鉄チン”! 改良で生き残った「GR86 RC」の中身は?

掲載 更新 56
6速MTのみでアンダー300万円!? 最安のトヨタ「快速FRスポーツ」はまさかの“鉄チン”! 改良で生き残った「GR86 RC」の中身は?

■簡素な装備は変わらず、改良で最新の安全装備を搭載!

 今では貴重な「FRスポーツカー」ですが、そのなかでもトヨタ「GR86」が人気となっています。
 
 初代モデルは2012年にデビュー。トヨタがスバルと共同開発したスポーツカーとして、「86(ハチロク)」の車名で登場しました(スバルでは「BRZ」)。

【画像】「えっ…!」最安グレードが激変!? これがカスタムしまくった「GR86 RC」です! 画像を見る(34枚)

 2021年にフルモデルチェンジし、2代目(現行モデル)からはTOYOTA Gazoo Racing(TGR)が展開するスポーツカーシリーズ「GR」の一員となり、車名を「GR86」へと変更。

 基本的なエクステリアデザインは初代譲りですが、新型ではよりグラマラスでエモーショナルなスタイリングへと進化しながら、GRシリーズに共通する「ファンクショナルマトリクスグリル」を採用し、デザイン性とラジエーターの冷却性能を兼ね備えたフロントマスクを備えました。

 また、初代モデルで2リッターだった水平対向4気筒エンジンは、2代目モデルでは2.4リッターへと拡大。中速域を中心に加速性能が向上し、乗りやすさがアップしています。

 トランスミッションは、6速ATと6速MTが用意されます。

 GR86のグレードとして、最上級の「RZ」、中間グレードの「SZ」、エントリーグレードの「RC」といった3つが設定されていますが、もっとも安いRCの価格(消費税込)は291万6000円と、300万円を切る価格設定となっています。

 RCはMT車のみとなっており、このグレードだけAT車の設定がないのですが、一体どのようなモデルなのでしょうか。

 RCの内外装の基本的なデザインは中間グレードのSZとほぼ同じ。その一方で、内外装の装備や機能は簡素化されています。

 外観においては、ホイールはアルミではなくスチールホイール(俗にいう鉄チン)だったり、マフラーカッターやエンジンカバー、リアフォグランプ(オプションも未設定)、フロアサイレンサーなどが備わりません。

 内装は、シフトノブとサイドブレーキがウレタン(ほかのグレードは本革巻き)、ペダル類やドアスカッフプレートが樹脂製、スピーカーが2スピーカー(RZは8スピーカー)など、細かな装備が省かれています。

 無駄な装飾を省いた仕様となっているものの、シートはSZと同じファブリック素材のものが備わっており、スポーティで上質感のあるシートとなっています。

 エンジンは、全グレードで235馬力/250Nmを発揮する2.4リッター水平対向エンジンを搭載。サスペンションやブレーキ、トルセンLSDといった部分は全車共通ですが、RCはエンジン音をスピーカーから出力する「アクティブサウンドコントロール」が装着されていません。

 このように、簡素な装備のRCはカスタマイズを楽しむユーザーをターゲットとしており、サーキット走行のために装備は必要最小限で十分というユーザーや、車両を安く購入しそのぶんのお金をカスタマイズに回したいというユーザー向けの仕様となっているのです。

 そのためタイヤやホイールは交換を前提として最低限のものが装着されます。

※ ※ ※

 2023年11月のGR86の一部改良で、これまでAT車に搭載されていた運転支援システム「アイサイト」がMT車にも標準装備されました。

 そもそもRCにはMT車しかなく、他グレードに装着されていた「クルーズコントロール」といった先進技術の類が一切搭載されていなかったのですが、一部改良によってアイサイトが搭載されています。

 最廉価のRCにもプリクラッシュセーフティや追従機能付きクルーズコントロール、車線逸脱警報といったMT車専用のアイサイトの機能がフル装備され、安全性能が格段に向上。ロングドライブでも疲れにくいスポーツカーへと進化しました。

 なお、改良前の価格は279万9000円で、約12万円ほどの値上げとなりましたが、300万円を切る価格が維持され、新車で買える手頃なスポーツカーといえます。

 さらに、この一部改良では、「パンダトレノ」の誕生40周年を記念した特別仕様車を設定。

 こちらは、当時の「スプリンタートレノ/カローラレビン(AE86)」を彷彿させるデザインなどが取り入れられ、白と赤の2色のボディカラーで200台が限定販売されました。

こんな記事も読まれています

1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
レスポンス
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
くるまのニュース

みんなのコメント

56件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.8980.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.8980.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村