現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 絶滅危惧種! 日本で乗用ステーションワゴンが激減した理由とは

ここから本文です

絶滅危惧種! 日本で乗用ステーションワゴンが激減した理由とは

掲載 更新
絶滅危惧種! 日本で乗用ステーションワゴンが激減した理由とは

「大は小を兼ねる」的な発想でミニバンやSUVに流れた

 一時期はプリメーラやマークII、クラウンなど多くの車種にバリエーションとして用意されただけでなく、単一車種としても一大ムーブメントを巻き起こしたステーションワゴン。しかし、現在の国産車のラインアップを見ると車種が圧倒的に縮小されていることにお気づきの方も多いハズ。

【噂の真相】荷物で塞がりルームミラーで後ろが見えなくても違反じゃない?

 執筆時点で新車として購入できるステーションワゴンは、5ナンバーサイズだとトヨタ・カローラフィールダー、日産ウイングロード、ホンダ・シャトルの3車種のみだが、すでにウイングロードは一部グレードで注文ができない状態となっているため、実質2車種といったところ。

 3ナンバーサイズでも、マツダ・アテンザワゴン、トヨタ・アベンシス、トヨタ・プリウスα(5人乗り)、スバル・レガシィアウトバック、スバル・レヴォーグ、ダイハツ・メビウスと、まさに数えるくらいしか存在していない。

 ということはステーションワゴンの需要がなくなってしまった、と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、ステーションワゴンの積載性を求めるユーザーがいなくなってしまったとは考えにくい。では、なぜステーションワゴン人気が落ち着いてしまったのだろうか?

 それは、恐らくステーションワゴンに求められていた要素をミニバンやSUVがカバーしてしまったからだろう。元来、日本人は「大は小を兼ねる」ということわざがあることからもわかるように、“どうせなら大きなものを選ぶ“という選択をしがちな民族であり、「どうせクルマを買うならいざというとき多く乗れるミニバンを買おう」とか、「いざというとき悪路も走れるSUVにしよう」というクルマ選びをするために、ステーションワゴンが選ばれにくくなってしまったということではないだろうか。

 もちろん、ステーションワゴンには「セダンと同等の走りのポテンシャルを持ちつつ荷物も積める」という利点があるのだが、そこに重きを置くユーザーが少なくなっているというのは残念なところ。ただ、そういうユーザーがゼロでないからこそ、欧州ブランドのステーションワゴンや、スバルのステーションワゴンが現在でも一定の支持を集めている、とも言えるのだが。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
レスポンス
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
くるまのニュース
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
くるくら
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
レスポンス
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
WEB CARTOP
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
乗りものニュース
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
レスポンス
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
月刊自家用車WEB
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
GQ JAPAN
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
レスポンス
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
くるまのニュース
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
バイクのニュース
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索
ウイングロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.6237.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9115.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村