現在位置: carview! > ニュース > イベント > マツダが「国際福祉機器展 H.C.R.2023」に「CX-30 SeDV」を参考出品。青山学院大学 × パラアスリート × MAZDAのトークセッションも!

ここから本文です

マツダが「国際福祉機器展 H.C.R.2023」に「CX-30 SeDV」を参考出品。青山学院大学 × パラアスリート × MAZDAのトークセッションも!

掲載 3
マツダが「国際福祉機器展 H.C.R.2023」に「CX-30 SeDV」を参考出品。青山学院大学 × パラアスリート × MAZDAのトークセッションも!



―― (左)「MAZDA CX-30 SeDV」(参考出品車) (右)「MAZDA MX-30 SeDV」(市販車)

シンプルで高級感もある! 日産キャラバンがベースのキャンパー

マツダ株式会社は、9月27日(水)~29日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第50回 国際福祉機器展 H.C.R.2023」に、手動運転装置付き「MAZDA CX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」を参考出品する。

●文:月刊自家用車編集部

SeDV以外にも、「走る歓びを、すべての人へ」をテーマとした様々な展示を行う

―― 「MAZDA CX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(参考出品車) 福祉施設訪問などを通じて得られたユーザーからの声から新たな選択肢を用意。MX-30 SeDVと同じく、リング式アクセル、レバーブレーキ、ブレーキサポートボード、移乗ボードの4点などを装備する。

マツダは、行動することをサポートする選択肢として、手動運転装置を搭載した「SeDV」をラインアップしている。現在、ラインアップを拡充しており、第三弾となる「CX-30 SeDV(Self-empowerment Driving Vehicle【セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル】)」を来年中に発売する予定だ。

―― 「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(市販車) リング式アクセル、レバーブレーキ、乗降用補助シートなどを装備した車両で、運転席に座ったままで屋根上のボックスへ車いすを電動収納できるオートボックス(株式会社 ミクニ ライフ&オート製)を装備スライド式の機構により車いすをスムーズに吊り上げ・収納できる。

「CX-30 SeDV」は、2021年に発売した「MX-30 SeDV」と同じく、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」と、「レバーブレーキ」を採用。意のままに操れる手動運転を実現している。さらに、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単に可能で、友人や家族と運転を交代するなど、運転システムを切り替えてのドライブも楽しめる。

今回の「第50回 国際福祉機器展 H.C.R.2023」マツダブースには、「CX-30 SeDV」以外にも「MX-30 SeDV」、「ROADSTER SeDV」を展示。このほか、「走る歓びを、すべての人へ」をテーマとした様々な展示を実施。株式会社マツダE&Tが開発した「SeDV」運転システムによる操作感を体験できる「MX-30 SeDV」のドライビングシミュレーターを設置するほか、マツダの福祉車の歴史を紹介するヘリテージパネルの展示や、青山学院大学の学生、パラアスリート、障がいのある方々と共に実施したワークショップの内容を紹介するパネル展示、そして特別トークセッションも予定している。

■「青山学院大学 × パラアスリート × MAZDA特別トークセッション」(予定)
2023年 9月27日(水) 13:00~13:30 15:00~15:30/9月28日(木) 13:00~13:30 15:00~15:30/9月29日(金) 14:00~14:30

こんな記事も読まれています

フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
AUTOSPORT web
VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
AUTOSPORT web
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
AUTOSPORT web
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
くるまのニュース
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
AUTOSPORT web
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
AUTOCAR JAPAN
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
Auto Messe Web
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
motorsport.com 日本版
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
AUTOSPORT web

みんなのコメント

3件
  • 車椅子なら広島マツダにおまかせ❤️
  • 車椅子が必要な人が運転するのに、
    1人で出来る装備が充実してるのは良いこと。
    ただし、一般的に乗り降りが大変なSUVの
    助手席や後席に乗る人が全員足腰元気とは限らない。
    介助者も乗り降りしやすい床の低いクルマの方が
    この種のクルマには向いてると思う。
    旧バネットセレナはスライドドアの内側に1段低いステップが有ったけど、
    84歳の叔母は
    更に道路にワンステップ低い台をおいてあげないと
    乗り込めなかった。
    最初から足を大きくあげないと乗り込めないSUVを
    介護車両にする意味は無い。
    シエンタやフリードの様な低床の方が遥かに適任。
    マツダなら
    ビアンテとかプレマシーの介護仕様を出さないと
    見ている場所が違うと思われる。


※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.1367.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

143.0338.0万円

中古車を検索
CX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.1367.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

143.0338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村