サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 変身!! 子供の憧れだったが時代の波に消えた リトラクタブルライトの名車たち

ここから本文です

変身!! 子供の憧れだったが時代の波に消えた リトラクタブルライトの名車たち

 これまで購入したフェラーリ13台のうち11台がリトラ、半年間だけ乗っていた「カウンタック・アニバーサリー」も含めると、私はこれまで12台のリトラ車を乗り継いでいるが、実はリトラに対する思い入れはあまり深くはない。

 中高年フェラーリファンには、「リトラじゃないとダメ!」と言う人も多いし、スーパーカーの三種の神器は「リトラ、ガルウィング、ミッドシップ」だったりもするが、リトラの場合、なにせオーナーは点灯している状態を見る機会がほとんどないので、愛車の写真を改めて見て、「こんな形になるのか!」と軽い驚きを覚えたりする。

専用スポーツカーは絶望的か!? それとも… ロータリーとマツダの生きる道

 2002年のRX-7(FD3S型)の生産中止以来、国産車からはリトラが消滅。輸入車は最後が何なのかよくわかりませんが、とにかくこの世からリトラの新造車が消えて20年近い。理由は、米国の前照灯規格変更や歩行者保護、空気抵抗や重量増などなどによりまする。

 それでもリトラファンは根強く残っていて、こういったリトラ特集企画も永遠だ。

 そこでことで今回は、タイプ別のリトラ名車を独断で選出してみたいと思います。まったくの独断ですが。

文/清水草一
写真/Ferrari、Lamborghini、ISUZU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】リトラクタブルヘッドライト好きがたまらない! カッコよさと愛嬌を持ち合わせたクルマたち

■実に愛らしい 丸いお目目の丸形2灯型

 丸形2灯のリトラは、ポップアップすると丸いおめめがパッチリと、カエルのような愛らしい顔になる。

 リトラ車は基本的にスポーツカーが中心。つまり乗り手にとっては「武装」だが、リトラを上げた瞬間にそれが一転、とってもカワイイ感じになる。そのギャップが萌えを生む。

<代表的な車種>
・トヨタ 2000GT
・マツダ サバンナRX-7(初代)
・マツダ ロードスター(初代)
・ポルシェ 924/944
・デ・トマソ・パンテーラ
・フィアット X1-9
・フェラーリ 308/328
など

<ベスト 丸いお目目>
・フェラーリ328
 現在の自分の愛車でスイマセン。実は、328のカエル顔の魅力に気付いたのは割と最近でした。もともと清楚な美少女型のデザインだが、リトラを上げるとマヌケなほど目が大きく見えて、美女が軽いヘン顔をしているようでメチャメチャかわいいんです。

1985年に登場したフェラーリ328。写真は、デタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)のGTS

■メカっぽいイメージの角目2灯型

 閉じていれば丸目か角目かはわからないが、開いた状態では、丸目に比べて断然メカっぽいイメージになる。

 丸目2灯はいま見ると完全にレトロだが、角目は「リトラクタブル=最新メカ」の香りがほのかに残っており、「20世紀の最新型」みたいなイメージになっております。

<代表的な車種>
・トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ(ハチロク)
・マツダ RX-7(FC/FD)
・トヨタ MR2(初代/2代目)
・トヨタ セリカXX
・三菱 スタリオン
・三菱 GTO
・日産 180SX

など多数あるが、不思議なことに輸入車にはあまりない。

<ベスト 角目2灯>
・トヨタ 初代MR2
 全身メカっぽい直線基調、ボンネットフードの低いミッドシップ2シーターに角型2灯の組み合わせは、ちょっと昔の最新メカ感満点。角目2灯リトラとの完璧なるコーディネートだった。

1984年に登場したトヨタ「MR2(AW11)」。直線基調のボディデザインによくマッチしていた

■存在感抜群! 堂々の4灯型

 可憐な2灯型に対して、より本格的かつスーパーなモデルに採用される傾向がある。ひとつのヘッドライトの径が小さくなる分、ポップアップした時に車体全体を幅広に見せる効果もある。

 丸目と角目があるが、丸目がよりレトロな雰囲気なのは2灯型と同じ。と言っても、点灯する夜はクルマ全体のシルエットがよく見えなくなるので、どっちでもいいかもしれません。

<代表的な例>
・ランボルギーニ・カウンタック/ディアブロ初期
・フェラーリ多数(BB、348、F355、テスタロッサ系、F40など)
・BMW 8シリーズ(旧)
・マツダ 3代目コスモ
・ホンダ 初代NSX
など

<ベスト 4灯型>
・ランボルギーニ・カウンタック
 カウンタックのリトラは、ノーズの先端ではなくかなり中腹のあたりにあり、その下にポジションランプがあって、普段の「目」のイメージ役になっている。その配置が実に絶妙だ

 ボンネットは滑り台にもなりそうなくらいの直線で、そこ長方形のリトラが持ち上がって丸型4灯が出てくると、すさまじくカッコいい。なにせカウンタックはスーパーカーの帝王であり、すなわちリトラの象徴と言ってもいいわけですから!

 自分で所有もしていたけれど、リトラが上がった状態はほぼ写真でしか見たことがなく、最近になって「こんなにカッコよかったのか!」と改めて感動し、またカウンタックが欲しくなりました。

丸型4灯が特徴的なリトラクタブルライトを装着。写真はカウンタック LP5000S

■えっ、どうなってるの? ポップアップ型

 フタが開くのではなく、通常は斜め上を向いているヘッドライトが、点灯時には持ち上がる形。通常時も「目」が見えているので、クルマの表情を作りやすいというデザイン上の利点があるが、数は少ない。

<代表例>
・ランボルギーニ・ミウラ
・ポルシェ 928
・トヨタ 3代目セリカ前期(ライズアップ)

<ベスト ポップアップ型> 
・ランボルギーニ・ミウラ
 なんといってもミウラのカッコよさは図抜けている。というより、ミウラのヘッドライトが持ち上がった状態を、私はナマで見たこともないのですが、持ち上がってない状態の、あのまつ毛のようなフィンの造形は、さすがイタリアン・スーパーカー。まさに「美女の目」のアイコンそのものだ。

 対する3代目セリカの前期モデルは、通常はマヌケな上を向いた角目、持ち上がっても「なんじゃこりゃ?」で評判が悪く、後期モデルは通常のリトラに変更された。

変わった構造を採用したのが、こちらのランボルギーニ・ミウラ。ライトが前方に立ち上がるようになっている

■イメージを崩さない 控え目美人なセミリトラ型

 フタが全部ではなく一部開閉する形や、フタの一部がブラックアウトされている形などを、こちらに分類させていただきました。ポップアップ型同様、通常時のイメージをあまり崩さないという利点があるが、リトラファンに言わせれば、「これは本物のリトラじゃない!」かもしれない。

<代表例>
・初代ピアッツァ
・2代目プレリュード
・流面形セリカ
・3代目フェアレディZ
など

<ベスト セミリトラ型>
・いすゞ 初代ピアッツァ
 「これで開いたの?」と思うほどわずかなフタの開き方は、セミリトラ中のセミリトラ! ジウジアーロデザインのすばらしさは言わずもがなでもあります。

 そのほか変わりダネとしては、チゼータV16Tのように、上下に配置された片側2つずつのリトラが合計4つ開いて「4つ目が通る」になるものもあった。インパクトは絶大だが、違和感も絶大でした。とっても、実物は見たこともありませんが……。

G・ジウジアーロがデザインしたいすゞ「ピアッツァ」。ヘッドライトカバーが上がるセミリトラクタブルヘッドライトだった

【画像ギャラリー】リトラクタブルヘッドライト好きがたまらない! カッコよさと愛嬌を持ち合わせたクルマたち

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します