現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、パナソニックと提携 家電とEVを連携 不正なドアロック解除などを家電でお知らせ

ここから本文です
日産、パナソニックと提携 家電とEVを連携 不正なドアロック解除などを家電でお知らせ
写真を全て見る(1枚)

 日産自動車とパナソニック、パナソニックオートモーティブシステムズは19日、家電とクルマを連携させる新たなコネクテッドサービスを始めると発表した。家族の帰宅やクルマの異常、電気自動車(EV)の充電完了といった情報を対象の家電経由で通知する。日産のスマートフォンアプリにも同様の機能はあるが、家電を用いることで、より多くの在宅者に伝えられることが特徴という。

 「ニッサンコネクト」とパナソニックのコネクテッド家電機能「音声プッシュ通知」のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を連携させる。例えば、不正にドアロックが解除された場合、「カーアラームが作動しました。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

〈人テク展2024横浜〉住友電工、自動運転可能な電動小型モビリティを初公開
〈人テク展2024横浜〉住友電工、自動運転可能な電動小型モビリティを初公開
日刊自動車新聞
三菱電機とアイシン、電動化部品の新会社を設立 EVやPHV部品を開発・生産
三菱電機とアイシン、電動化部品の新会社を設立 EVやPHV部品を開発・生産
日刊自動車新聞
三菱電機モビリティの加賀邦彦社長、アイシンとの新会社で手掛けるのは構成部品 海外メーカーへの供給も視野
三菱電機モビリティの加賀邦彦社長、アイシンとの新会社で手掛けるのは構成部品 海外メーカーへの供給も視野
日刊自動車新聞
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
日刊自動車新聞
トヨタ、プリウスの後席ドアハンドルのリコール対応 6/14めどに開始 生産再開は6/17から
トヨタ、プリウスの後席ドアハンドルのリコール対応 6/14めどに開始 生産再開は6/17から
日刊自動車新聞
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
日刊自動車新聞
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
月刊自家用車WEB
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
レスポンス
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
日刊自動車新聞
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
日刊自動車新聞
〈人テク展2024横浜〉塗装に代わる3次元加飾フィルム、アイカ工業が自動車の外装向けに提案本格化
〈人テク展2024横浜〉塗装に代わる3次元加飾フィルム、アイカ工業が自動車の外装向けに提案本格化
日刊自動車新聞
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
乗りものニュース
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日刊自動車新聞
スズキ、ハスラー派生車「タフワイルド」発売 専用意匠やシートにはっ水加工を採用
スズキ、ハスラー派生車「タフワイルド」発売 専用意匠やシートにはっ水加工を採用
日刊自動車新聞
ヤマハ発動機、ライダーに音で後方状況を教える新技術「感覚拡張HMI」を開発
ヤマハ発動機、ライダーに音で後方状況を教える新技術「感覚拡張HMI」を開発
日刊自動車新聞
JLRの次世代EV、航続や充電性能を向上へ…まずは『レンジローバー・エレクトリック』から
JLRの次世代EV、航続や充電性能を向上へ…まずは『レンジローバー・エレクトリック』から
レスポンス
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • 葛葉恭次
    日産はそんなことよりもブレーキも満足に踏めない知恵遅れが減速したことを後続車に報せたほうがいい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

659.0944.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

398.0835.9万円

中古車を検索
アリアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

659.0944.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

398.0835.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村