現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走れば走るほどもっと乗りたくなる!? 優れたハンドリングのFF車3選

ここから本文です

走れば走るほどもっと乗りたくなる!? 優れたハンドリングのFF車3選

掲載 更新 38
走れば走るほどもっと乗りたくなる!? 優れたハンドリングのFF車3選

■優れたハンドリングの前輪駆動車を振り返る

 現行モデルのスポーツカーやスーパーカーは、高性能なエンジンを搭載し、後輪駆動もしくは4WDというのが一般的です。とくにハイパワーなエンジンを搭載していると、駆動力を地面に伝えるにはリア駆動か4WDが有利なためです。

ホンダ「S2000」復活! ファンの声に応えて試作車を初公開!

 一方で、それほど大パワーでなければ、前輪駆動車でも運動性能や加速性能が大きく劣るわけではありません。

 実際に、優れたハンドリングと評された前輪駆動車も存在。そこで、とくに運動性能が優れたFFモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

●ロータス2代目「エラン」

 イギリスを代表する老舗スポーツカーメーカーといえばロータスです。F1マシンを製作するほどの高い技術力を持っていたロータスは、レースに出場するのと並行して、高性能な市販車を数多く生み出しました。そのなかの1台が、1962年に登場した初代「エラン」です。

 エランは鋼板製バックボーンフレームにFRP製ボディを架装したオープン2シーター(後にクローズドボディを追加)のFRスポーツカーで、軽量な車体にパワフルな1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、優れた走行性能を発揮。

 エランは欧州とアメリカでヒットし、その後も改良が重ねられて1975年まで生産されました。

 その後ロータスはトヨタと資本関係を結び、1986年にはゼネラルモーターズ(以下、GM)の傘下となり、1990年に2代目エランを発売。

 初代と同じくバックボーンフレームに、スタイリッシュなFRP製ボディを架装したオープン2シーターモデルです。

 搭載されたエンジンは、ロータスと同じく当時GMの傘下だったいすゞが「ジェミニ」用に開発した1.6リッター直列4気筒DOHCで、ターボと自然吸気を設定。5速MTのトランスミッションもいすゞから供給されました。

 そして、2代目エラン最大の特徴は、ロータスが生産するクルマで唯一無二の前輪駆動となっていたことです。

 サスペンションは4輪ダブルウイッシュボーンを採用し、ロータスの手によるセッティングから優れたハンドリングを実現。新世代のFFスポーツカーとして高く評価されました。

 しかし、伝統的に後輪駆動のクルマを製造してきたロータスがFFを採用したことと、高額な価格だったことから販売は極端に低迷し、1995年に生産を終了。

 その後、2代目エランの製造権は韓国のキアに売られ、1996年に同社のエンジンを搭載したキア「エラン」(日本では「ビガート」)として発売されました。

●「ミニ クーパーS」第1世代

 BMWグループのプレミアムスモールとして2000年に登場した「ミニ」は、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が販売していたミニを彷彿とさせるデザインで、発売直後から世界中で人気となりました。

 グレードはベーシックな「ワン」、スポーティな「クーパー」、そして、スーパーチャージャーを装着した「クーパーS」をラインナップ。このグレード構成もクラシック・ミニを踏襲しています。

 ボディサイズは全長3655mm×全幅1690mm×全高1425mm(クーパーS)と非常にコンパクトで、ラインナップは3ドアハッチバックのみです。

 クーパーSに搭載されたエンジンは最高出力170馬力を誇る1.6リッター直列4気筒スーパーチャージャーで、トランスミッションは6速MTが組み合わされます。

 足まわりはフロントがストラット、リアがマルチリンクの4輪独立懸架を採用し、クラシック・ミニをイメージさせるクイックなハンドリングは「ゴーカートフィーリング」と呼ばれ、高く評価されました。

 その後、オープンモデルの「コンバーチブル」が設定されますが、優れたハンドリングはそのままに、手軽にオープンエアドライブが楽しめるモデルとして人気となります。

 2006年には(日本での販売は2007年から)第2世代にモデルチェンジし、2013年には現行モデルの第3世代が登場し、ボディバリエーションも拡充しましたが、ドライブフィールやデザインのコンセプトは第1世代から変わっていません。

■日本が誇る往年のFFコーナリングマシンとは!?

●ホンダ2代目「CR-X」

 1983年に登場したホンダ「バラードスポーツCR-X」は、「シビック」とシャシを共用する4人乗りファストバッククーペで、コンパクトなスポーツカーとしてシビックと人気を二分しました。

 シビックに比べ極端に短いホイールベースにより、クイックな挙動の高い運動性能を発揮し、シビックとは違う操縦性となっていました。

 そして、1987年に発売された2代目は「CR-X」に改名され、ワイド化されたシャシに4輪ダブルウィッシュボーン・サスペンションを採用したことで、コーナーリング性能が向上。

 外観は初代のフォルムを継承しながらも張りのあるグラマラスなボディによって、ワイド&ローなスタイルが強調されています。

 1989年のマイナーチェンジで追加された「SiR」グレードには、最高出力160馬力を発揮する1.6リッター直列4気筒DOHC VTEC「B16A型」エンジンを搭載し、トランスミッションは5速MTのみを設定。

 自然吸気の市販車用エンジンで、リッターあたり100馬力を誇ったのは、当時としては驚異的なことです。

 初代よりも大型化したボディながら車重は970kg(SiR)と軽量で、ハイパワーなエンジンと優れた足まわりから、走りを重視するユーザーだけでなくジムカーナなどのモータースポーツ車両としても人気となりました。

 その後、1992年に3代目にあたる「CR-Xデルソル」がデビュー。ボディはオープン2シーターとコンセプトが大きく変わったことがネガティブな要素となってしまい、ヒット作にはならず、この代をもってCR-Xの歴史は幕を閉じました。

※ ※ ※

 現在、日本車で高性能なFFモデルの最高峰に位置するのは、ホンダ「シビックタイプR」です。

 2020年10月にマイナーチェンジモデルが発売され、エンジンは最高出力320馬力を誇る2リッター直列4気筒ターボを搭載。

 これ以上のパワーアップはトラクションの限界もあるため難しいと思われますが、それでも300馬力を大きく超えるパワーは、ひと昔前のFF車では考えられませんでした。

 技術の進歩によって、FFスポーツカーの概念が大きく変わったといえます。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
@DIME
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
レスポンス
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
@DIME
「イリュージョンみたいなガソリンスタンド」メリットは? 懐かしさにネットで話題に…でもなぜ減った?
「イリュージョンみたいなガソリンスタンド」メリットは? 懐かしさにネットで話題に…でもなぜ減った?
乗りものニュース
「洗車のタイミング」いつがベスト? 「年に1回」「汚れたら洗う」はNG!? 早めのお手入れが必要な理由とは
「洗車のタイミング」いつがベスト? 「年に1回」「汚れたら洗う」はNG!? 早めのお手入れが必要な理由とは
くるまのニュース
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
motorsport.com 日本版
車載グッズランキング、スマホ充電機器が全世代でトップ
車載グッズランキング、スマホ充電機器が全世代でトップ
レスポンス
【MotoGP】9月に延期されていたMotoGPカザフスタンGP、中止が正式発表。代替としてミサノ・サーキット連戦が決定
【MotoGP】9月に延期されていたMotoGPカザフスタンGP、中止が正式発表。代替としてミサノ・サーキット連戦が決定
motorsport.com 日本版
「世界で最も危険な道路」が崩落してしまった… 経済への影響「計り知れない」 地震でさらに危険さを増す 台湾
「世界で最も危険な道路」が崩落してしまった… 経済への影響「計り知れない」 地震でさらに危険さを増す 台湾
乗りものニュース
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
くるまのニュース
「スパ・フランコルシャン」名物「ラソース栗まんじゅう」なんていかが? ヨーロッパ3大24時間レースのトリはメディアセンターもアットホーム【みどり独乙通信】
「スパ・フランコルシャン」名物「ラソース栗まんじゅう」なんていかが? ヨーロッパ3大24時間レースのトリはメディアセンターもアットホーム【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
唯一無二の秀逸装備だと思ったのに! シレっとモデルチェンジで葬り去られたクルマの装備たち
唯一無二の秀逸装備だと思ったのに! シレっとモデルチェンジで葬り去られたクルマの装備たち
WEB CARTOP
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
motorsport.com 日本版
給料は上がらずクルマの値段は上がるってどういうこっちゃ! 同一モデルで比べたらやっぱりクルマは高額化していた
給料は上がらずクルマの値段は上がるってどういうこっちゃ! 同一モデルで比べたらやっぱりクルマは高額化していた
WEB CARTOP
車の“免許証”「12桁の謎数字」意味はナニ? 「学科試験の成績」がわかるって本当? 「番号」変わることもある? 知られざる「法則」とは
車の“免許証”「12桁の謎数字」意味はナニ? 「学科試験の成績」がわかるって本当? 「番号」変わることもある? 知られざる「法則」とは
くるまのニュース
本日開店! コーンズ大阪がフェラーリの新車だけでなく認定中古車のショールームを心斎橋に! なぜ御堂筋にラグジュアリーブランドが集まる!?【編集長コラム】
本日開店! コーンズ大阪がフェラーリの新車だけでなく認定中古車のショールームを心斎橋に! なぜ御堂筋にラグジュアリーブランドが集まる!?【編集長コラム】
Auto Messe Web
大注目のピックアップ「三菱トライトン」がラリーに参戦! ノーマル部分も多いマシンでデビューいきなり表彰台を獲得
大注目のピックアップ「三菱トライトン」がラリーに参戦! ノーマル部分も多いマシンでデビューいきなり表彰台を獲得
WEB CARTOP
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードがワールドプレミア。日本への導入も決定
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードがワールドプレミア。日本への導入も決定
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

38件
  • SIRは楽しかった。
  • ここは輸入車は外して国産車で記事にして欲しかったな

    バブル期の国産FFは優秀なモノが多かった!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索
CR-Xの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村