現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない

ここから本文です

【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない

掲載 50
【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない

 この記事をまとめると

■中谷明彦氏がクラウンスポーツのPHEVモデルに試乗

すべてはリヤビューから始まった! クラウンスポーツの「トヨタ車としては珍しい造形」をデザイン担当者に直撃した

■システム出力は306馬力となるほか、フロントには6POTブレーキキャリパーなどが備わる

■走りの質感やデザインはどれも新世代のクラウンを名乗るに相応しい1台となっている

 圧倒的にスタイリッシュな見た目のスポーツにPHEVが加わった

 スタイリッシュな外観がとにかくかっこいいクラウンスポーツに新たにPHEV仕様が登場した。

 クラウンにはセダン、クロスオーバー、 スポーツ、そしてエステートという4種類のバリエーションが展開されることがアナウンスされているが、そのなかでもクロスオーバーとスポーツは、ハイブリッドかつe-Fourシステム(4WDシステム)を搭載するということで、パワートレインの共通化が図られている。

 すでにハイブリッドモデルの試乗リポートは多く見られるが、その質感が高い走りと軽快なハンドリング、優れた燃費など、スタイリング、デザインだけでなく走りの好特性がポジティブにリポートされていることと思う。

 今回登場したPHEVは、そのクラウン・スポーツをさらにプラグインハイブリッド化したもので、大きな期待を抱かせるクルマだ。

 PHEVは大容量バッテリーをフロア下に搭載し、CHAdeMOの急速充電にも対応していて、EV走行の航続距離が長く取られている。クラウンスポーツPHEVに採用されているのは51Ah(アンペアアワー)のリチウムイオンバッテリーで、床下に搭載されている。51Ahは355.2V(ボルト)をかけることで、電力量としては18.1kwh(キロワットアワー)という数値になる。

 一般的にはキロワットアワーで表示されることが多く、またクラウンスポーツの電費計もメーターに表示されるものはkm/kwhとなっていて、「なぜカタログはAh表示なのか?」というところは若干疑問を感じるところであるが、その辺を開発陣に質問をしても明確な返答は得られなかった。

 18.1kwhのバッテリーはRAV4のPHEVに搭載されているバッテリーと同じものだという。カタログによればEV走行換算距離は90kmと示されており、RAV4と比較しても見劣りしない数字を実現している。外観は、クラウンスポーツのHEV(ハイブリッド)モデルとほとんど見わけることができない。

 グラマラスでスタイリッシュなボディフォルムはそのままで、フロア下に容量の大きなバッテリーを搭載。さらにリヤアクスルにも駆動モーターを搭載して4輪駆動化したe-Fourモデルとなっているが、そのe-Fourというエンブレムも見当たらない。

 クラウンシリーズは、セダンを除きe-Fourの全輪駆動がベースとなっており、あえて表示することを避けているそうだ。

 クルマに乗り込むと、鮮やかな配色の室内空間が目に留まる。ドライバー側はブラックで統一され、コクピット感を演出しているのに対し、パッセンジャーシート側は新開発の煌めきのある赤い素材が張り込まれていて、一層ゴージャスな雰囲気を醸し出している。

 ステアリングホイールにはステッチが縫い込まれたレザーが採用され、12.3インチの大型カラー液晶モニターがダッシュボードセンターに備わる。

 エアコンなどのスイッチ類は物理スイッチとなっていて、モニターのタッチパネル同様使い勝手が非常にいいのは、ほかのクラウンシリーズと同じである。

 動力性能もデザインも文句なし!

 システムを起動し、シフトレバーをDレンジにセットすれば走り始めることができる。

 エネルギーフローモニターを表示させて駆動力の配分を確かめてみると、まず走り始めは4輪全輪で駆動力をかけ始め、車速が上がってくると、ほぼFF前輪2輪駆動状態となっているようだ。

 基本的な駆動力配分は前55、後45がベースとなっていて、 モードや走行シーンによっては前20、後80の駆動力配分にまで変化を与えることができる。

 ドライブモードは、ノーマル、エコ、スポーツ、カスタムとあり、それらはアクセルのトルクピックアップレスポンスやバッテリー出力制御コントロールなど、パワートレインを中心に回生力も含めて制御しているものである。

 一方、シフターの手前方向にはドライブモード選択スイッチが配置されている。左側はプッシュボタン式のハイブリッドモードとEVモードの切り替えを行なうものとなっており、また右側のスイッチは、チャージモードとしてエンジンを稼働させ、バッテリーに充電しながら走行することが可能となるものだ。

 走り始めてすぐに気がつくのは、 非常に静かで乗り心地がいいことだ。一般道の試乗ゆえ、路面のアンジュレーションやつなぎ目、段差などもところどころにあるが、そうしたところの通過時において、非常にしなやかに振動が減衰され、不快感を感じさせない。

 スポーツモードにすると、今回このPHEVから採用されたAVSがショックアブソーバの減衰力を高め、少し硬い印象となるが、ノーマルやエコモードでは非常に滑らかな乗り心地を提供してくれているのである。

 このAVSは、クラウンスポーツHEVには搭載されておらず、今回のPHEVに初めて搭載されたもので、 走り始めてすぐにその効果の高さを感じ取ることができた。

 21インチの大径ホイールに235サイズの幅広タイヤを装着。ミシュランeプライマシーという電動車向けのタイヤと組み合わされている。剛性の高いタイヤなので、一見乗り心地的には厳しいものがあるのではないないかと思わせたが、実際に走らせてみるとすこぶる快適でスムースな足まわりに驚かされた。

 また、ブレーキには6ポットの対向ピストン式大型キャリパーをフロントブレーキに採用し、ブレーキディスクはフローティングハブ方式となっていて耐フェード性が極めて高いことが見て取れるだけでなく、ブレーキペダルフィールも剛性感がありスポーツ性の高さを感じさせてくれる。

 リヤブレーキは一般的な片押しのブレーキシステムだが、 キャリパー部分を赤く塗装することによってフロントブレーキとコンビネーション化されており、見た目をスポーティに演出しているようだ。

 動力性能的には、フロントモーターが182馬力で270Nmのトルクを発生し、リヤモーターは54馬力かつ121Nmの最大トルクを発し、システム出力としては306馬力を発生するとのこと。

 今回の試乗ではアクセル全開加速を試すような場所はなかったので、どれ程の加速力が動力性能の実力として示されるかは確かめられなかったが、2030kgの車両重量に対しても、数値的には相応な速さを持っているといって構わないだろう。

 また、ハンドリングに関しても、クラウンスポーツのHEVは1820kgであったのに対し、PHEVは210kgほど重くなっているが、 それを感じさせない軽快な仕上がりを見せていた。

 バッテリー電力が大きいのでモーターを積極的に稼働させることができ、また大きなトルクを発することも可能となっていて、それが小気味よい加速感を支えてくれているといえる。

 コーナーに進入すると、ステアリング操作に対して非常にリニアな特性で旋回を始める。

 車体のロールはAVSによって抑え込まれ、フラットな乗り味でありながら正確なライントレース性を持たされている。また、その際のステアフィールもしっかりとした手応えが感じられ、高精度で安心感に溢れる乗り味となっているのである。そのステアリングには、システムにはデュアルピニオンのパワーステアリングが装備されていて、これが路面からの入力、ホイールへの外乱をうまく抑え込み、ネガティブな部分を打ち消している。

 さらに、DRSの後輪操舵システムを備え、最小回転半径5.4mを実現している。後輪切れ角は最大4度となり、取りまわし性も優れていた。Uターンや車庫入れなどの実用性に優れ、 利便性を高めているといえるだろう。

 DRSは時速80キロ以上で同相へ変化し、また低速では逆走に変化するなど、クルマの操縦性には欠かせない装備として世界中の多くのクルマに採用され始めている。クラウンスポーツもそうしたトレンドに遅れることなく採用していることは、グローバル化を狙った戦略とうまくマッチして評価を高めていくことだろう。

 市街地中心に走らせた結果、電費は約4km/kWh程度。ハイブリッドモードを使用すると、燃費は19.7km/Lで カタログ燃費に近い数値を引き出すことができた。2トンを超える重量で21インチの幅広タイヤを装着したスポーツモデルが、こうした優れた燃費で走れることは、少し前であれば信じられない。

 後席にも乗ってみたが、リヤシートバックは残念ながらリクライニングしないけれども、シートヒーターのスイッチを発見。 また、USBタイプCの電源コンセントやエアコンの吹き出し口などもあって、後席ユーティリティも高まっているのは嬉しいことだ。ただ、足もとのスペースはショートホイールベースであることもあって決して広いサイズとはいえないが、大人が乗車するにも十分なスペースとなっている。

 リヤのラゲッジコンパートメンメントは、奥行きはあるものの、ボディ形状から高さはあまりない。一般的なスーツケースがふたつぐらいは入りそうだけれども、より多くの荷物を積みたいということならば、 これから登場するエステートのデビューを待つほうがよさそうではある。

 個人的には、このクラウンスポーツの車体外観デザインとフォルムは文句のつけようがないほどに素晴らしく、格好がいいと感じている。それに加えて、優れた燃費と動力性能、走り、また急速充電機能やVtoH(ヴィークルtoホーム)など多機能で、時代にマッチしたクラウンとして大いに歓迎されるダロウ。ボディカラーもまたトレンドにうまく合わせた色調が与えられていて、 どのカラーも似合っている。

 クラウンスポーツPHEVは、おそらく今後ヨーロッパ市場などにも導入され、世界中から高い評価を受けることになると思う。価格は約770万円と高額だが、たとえば東京都であれば、国の補助金や東京都独自の補助金などを合算すると70万円程度の補助金を受けることができる(補助金の期限が終了してしまったものもあるが)。

 また、電気料金は自宅で充電する場合200Vの普通充電機能も備えているので、1kWhあたり30円として計算すれば、18.1kwで543円ほど。それで約90kmも走れるのであれば、ガソリン代に換算すればはるかに経済的だといえるだろう。

 いま、BEVか、ハイブリッドか、あるいはPHEVかと世界中が大きなうねりのなかでさまよい続けているが、PHEVは非常に実績のあるしっかりとした基礎技術を確立しているといえるだろう。 クラウンスポーツPHEV、機会があれば 雪道やちょっとしたサーキット走行なども試してみたいと思わせられた。

こんな記事も読まれています

ダニエル・リカルド、シャシー交換成功か?「予選12番手だけど、11番手だった日本GPより良く感じるんだ」|F1中国GP
ダニエル・リカルド、シャシー交換成功か?「予選12番手だけど、11番手だった日本GPより良く感じるんだ」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第2回】モンテゼーモロ以前のフェラーリ
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第2回】モンテゼーモロ以前のフェラーリ
AUTOCAR JAPAN
アロンソ、大満足の3番手「ストレスの大きいスプリント予選だったが、ウエットでは競争力を発揮できた」/F1中国GP
アロンソ、大満足の3番手「ストレスの大きいスプリント予選だったが、ウエットでは競争力を発揮できた」/F1中国GP
AUTOSPORT web
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
ベストカーWeb
ホイールの汚れをキレイに落とす方法とは? サラダ油がクレンジングのようにダストを浮かせて落とすのを知ってました?
ホイールの汚れをキレイに落とす方法とは? サラダ油がクレンジングのようにダストを浮かせて落とすのを知ってました?
Auto Messe Web
【試乗】BEVってこんなに面白かったの!? スウェーデンの氷上で乗ったボルボEX30がみせた「獰猛な走り」と「安心感」
【試乗】BEVってこんなに面白かったの!? スウェーデンの氷上で乗ったボルボEX30がみせた「獰猛な走り」と「安心感」
WEB CARTOP
「SR400初期型カラーを復刻」!タンク、サイドカバー、テールカバーのセットが【ワイズギア】から  
「SR400初期型カラーを復刻」!タンク、サイドカバー、テールカバーのセットが【ワイズギア】から  
モーサイ
このイス回る! 超絶便利なアウトドアチェアが登場! 一度使ったらもう手放せないぞ【車に積みたいアウトドアアイテム】
このイス回る! 超絶便利なアウトドアチェアが登場! 一度使ったらもう手放せないぞ【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
これぞ無限仕様のシビックタイプR!無限、『FL5 シビックタイプタイプR』用のパーツを発表
これぞ無限仕様のシビックタイプR!無限、『FL5 シビックタイプタイプR』用のパーツを発表
月刊自家用車WEB
4WD & SUV 専業アフターパーツメーカーのジャオスから新型ランドクルーザー250の各種パーツリリース
4WD & SUV 専業アフターパーツメーカーのジャオスから新型ランドクルーザー250の各種パーツリリース
月刊自家用車WEB
モデリスタ、新型ランドクルーザー250のカスタマイズアイテムを発表
モデリスタ、新型ランドクルーザー250のカスタマイズアイテムを発表
月刊自家用車WEB
サブスクでランクルオーナーに!KINTO、ランドクルーザー250の取り扱いを開始
サブスクでランクルオーナーに!KINTO、ランドクルーザー250の取り扱いを開始
月刊自家用車WEB
タクシー運転手さんが連れて行くほどオモウマい! 前橋の名店「広ちゃん飯店」が「BASS BRIGADE」とコラボレーション!
タクシー運転手さんが連れて行くほどオモウマい! 前橋の名店「広ちゃん飯店」が「BASS BRIGADE」とコラボレーション!
月刊自家用車WEB
パイオニアのスマートフォン専用カーナビアプリ「COCCHi」、累計30万ダウンロード突破
パイオニアのスマートフォン専用カーナビアプリ「COCCHi」、累計30万ダウンロード突破
月刊自家用車WEB
【写真蔵】新世代MINIの尖兵として登場した「カントリーマン」
【写真蔵】新世代MINIの尖兵として登場した「カントリーマン」
Webモーターマガジン
通過に3時間20分!? 地獄のGW「アクアライン大渋滞」一番激しいのはいつ?「お台場から延々と渋滞」という絶望状況も!? 「ずらし移動」NEXCO呼びかけ
通過に3時間20分!? 地獄のGW「アクアライン大渋滞」一番激しいのはいつ?「お台場から延々と渋滞」という絶望状況も!? 「ずらし移動」NEXCO呼びかけ
くるまのニュース
マクラーレン、第6戦マイアミGPで今季最初のアップデート投入へ。でもトップ争いにはこれだけでは不十分?
マクラーレン、第6戦マイアミGPで今季最初のアップデート投入へ。でもトップ争いにはこれだけでは不十分?
motorsport.com 日本版
地元フェラーリが予選1-2-3! トヨタ勢は7号車が6番手、8号車が8番手に|WEC第2戦イモラ6時間
地元フェラーリが予選1-2-3! トヨタ勢は7号車が6番手、8号車が8番手に|WEC第2戦イモラ6時間
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

50件
  • rav********
    スポーツと言っても競技とかの意味ではなく(それだったらレーシングやアスリート付ければいい)語源なった『楽しむ、休養、気晴らし』の方が意味合いとしては強いかもしれん。クラウンスポーツを直訳すれば『クラウンに乗って楽しもうぜ』という感じか。
  • ******
    レクサス買え
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3875.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3875.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村