現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 19年の歴史に幕! トヨタ「最小・最安コンパクトカー」まもなく“終了”! めちゃカワイイ「パッソ」どんなクルマだったのか

ここから本文です
19年の歴史に幕! トヨタ「最小・最安コンパクトカー」まもなく“終了”! めちゃカワイイ「パッソ」どんなクルマだったのか
写真を全て見る(42枚)

■サヨナラ「パッソ」!まもなく19年の歴史に幕を下ろす

 2023年9月下旬をもって生産終了し、19年の歴史に幕を閉じることになったトヨタのコンパクトカー「パッソ」。

【画像】超カッコイイ! まもなく“買えなくなる”トヨタ「パッソ」を画像で見る(40枚)

 晩年は、同じようなサイズ感の「ヤリス」や「アクア」の人気に押され気味でしたが、ダイハツとの共同開発車として2004年6月にデビューした初代は、コンパクトカー市場の活性化に大きく貢献。ピーク時には年間9万台超の好調な販売台数を記録しました。

 そんなパッソの歴史を振り返ります。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

メルセデス、鈴鹿で1ストップ戦略選んだ理由を説明。失敗に終わった原因は究明中
メルセデス、鈴鹿で1ストップ戦略選んだ理由を説明。失敗に終わった原因は究明中
motorsport.com 日本版
ホンダの「ド迫力シャコタンBOX」に反響多数!? 超人気車が「ド迫力ボディ」になっちゃった! 末広がりのゴツ盛りカスタムとは
ホンダの「ド迫力シャコタンBOX」に反響多数!? 超人気車が「ド迫力ボディ」になっちゃった! 末広がりのゴツ盛りカスタムとは
くるまのニュース
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
WEB CARTOP
メルセデスAMGからGT63の弟分登場!新型「メルセデスAMG GT43 クーペ」のすべての情報をお届け!
メルセデスAMGからGT63の弟分登場!新型「メルセデスAMG GT43 クーペ」のすべての情報をお届け!
AutoBild Japan
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
くるまのニュース
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
Merkmal
シビックが並ぶホンダのブースで「スポーツ」というDNAを感じる…オートモビルカウンシル2024
シビックが並ぶホンダのブースで「スポーツ」というDNAを感じる…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
【ヤマハRZ250開発秘話】1980年「2スト最後のピュアスポーツ」を覚悟して作られた、水冷&モノショックの画期的モデル
【ヤマハRZ250開発秘話】1980年「2スト最後のピュアスポーツ」を覚悟して作られた、水冷&モノショックの画期的モデル
モーサイ
陥没から3年半「外環道 東名延伸」今どうなってる? 工事は進んだ? 開通予定がいつまでも発表されない理由とは
陥没から3年半「外環道 東名延伸」今どうなってる? 工事は進んだ? 開通予定がいつまでも発表されない理由とは
くるまのニュース
苦手な人も多い? 新車の匂いは何が原因なのか
苦手な人も多い? 新車の匂いは何が原因なのか
月刊自家用車WEB
ホンダ「CB650R」 クラッチ操作不要でMTを楽しめる「Honda E-Clutch」搭載仕様を設定し発売
ホンダ「CB650R」 クラッチ操作不要でMTを楽しめる「Honda E-Clutch」搭載仕様を設定し発売
バイクのニュース
別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
Webモーターマガジン
【限定65台】ヤマハR1「JRレプリカ」登場! スーパーバイク仕様の冬季テストと本番車のグラフィックを再現【海外】
【限定65台】ヤマハR1「JRレプリカ」登場! スーパーバイク仕様の冬季テストと本番車のグラフィックを再現【海外】
WEBヤングマシン
トヨタモビリティパーツとギックス、エンジニアの作業負荷削減に向けて【AI整備見積りシステム】を共同提供開始
トヨタモビリティパーツとギックス、エンジニアの作業負荷削減に向けて【AI整備見積りシステム】を共同提供開始
カー・アンド・ドライバー
ついに解禁されたライドシェア、賛成派と反対派どっちが多い?
ついに解禁されたライドシェア、賛成派と反対派どっちが多い?
@DIME
トヨタ「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新でめちゃ「カクカク」デザイン採用! 同格の「ランクル250」とは何が違う?
トヨタ「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新でめちゃ「カクカク」デザイン採用! 同格の「ランクル250」とは何が違う?
くるまのニュース
最高出力333PS、最大トルク420Nmを実現!アウディが高性能コンパクトモデル「S3」を大幅改良
最高出力333PS、最大トルク420Nmを実現!アウディが高性能コンパクトモデル「S3」を大幅改良
@DIME

みんなのコメント

37件
  • 普通はヤリスや(数年前までなら)ヴィッツを買うもんな…安いだけが取り柄のクルマだった
  • 日本の軽自動車はあまりに特殊でグローバルではそのままでは通用しないガラパゴス商品ですよね。そんなガラパゴス商品に世界に通用する日本の小型車が国内で駆逐されてしまうのは、日本の自動車産業の衰退に結び付くようで残念です。
    こんなニュースを見ると、軽自動車というカテゴリーは早期にやめた方が良いのではないのかと悩んでしまいます。(数年以内に軽自動車をEVのみにするならというのなら納得)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.5190.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8188.8万円

中古車を検索
パッソの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.5190.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8188.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村