サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則281】初代アウディR8はミッドシップのイメージを一変させる快適さを持っていた

ここから本文です
2006年にドイツで正式に発表された初代アウディR8。ル・マン24時間レースで勝利を重ねるレーシングカー「R8」の遺伝子を受け継ぎ、その名前をそのまま冠したことも話題となった。2003年のフランクフルトモーターショーで初公開されたコンセプトカー「ルマン・クワトロ」の市販バージョンと言えたが、エンジンは5.2L V10ではなく4.2L V8だった。アウディ初の本格ミドシップスポーツカーはどんなモデルだったのか。2007年1月、アメリカ・ラスベガスでその国際試乗会が行われたが、今回はその模様を振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ