現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディのフラグシップセダンは控えめだからイイ──新型A8 60 TFSI eクワトロ試乗記

ここから本文です

アウディのフラグシップセダンは控えめだからイイ──新型A8 60 TFSI eクワトロ試乗記

掲載
アウディのフラグシップセダンは控えめだからイイ──新型A8 60 TFSI eクワトロ試乗記

アウディの最上級セダン「A8」のプラグイン・ハイブリッドモデルは、完成度の高い1台だった! 小川フミオがリポートする。

本質にこだわった1台

世界一、高価な7500万円のボルボが出た!──GQ新着カー

アウディのフラッグシップセダンであるA8にプラグイン・ハイブリッドのTFSI eが設定され、2023年6月から日本発売されている。これが実にイイ! 改良すべきところは改良され、大型セダンとしての熟成感がみごと。クルマ好きに乗ってもらいたい。

A8の発表は2018年。剛性感のかたまりのような車体に、すぐれた操縦性。ひとことで言って、デカいのによく走る。プレミアムセダン好きにはある意味、ベストな組合せだ。アウディの技術の粋を集めたような出来映えには感心させられた。

競合にあたる大型セダンがモデルチェンジを繰り返しているなかで、いまさら、ちょっと古いんじゃないの? と、思うかもしれないが、試乗したA8 60 TFSI eクワトロは、まったく負けていなかった。というか、今、買う価値がある。

外部充電式のプラグイン・ハイブリッドシステム搭載をあらわす“e”の文字を車名に控えめに持つのは、3.0リッターV6エンジンの今回のモデルと、4.0リッターV8のA8 60L TFSI eクワトロの2モデルの展開だ。

ちなみに車体サイズも異なっていて、標準モデルは、3000mmのホイールベースに全長5190mmの車体を載せている。いっぽう、L版のほうは、3130mmのロングホイールベース(標準モデルでも十分長いけど)に5320mmのボディと、立派ななリムジンだ。

今回運転したのは、ドライバーズカーとしても小回り性の高い、3.0リッターV6搭載の標準ホイールベース版であるA8 60 TFSI eクワトロ。システム最大出力340kW、最大トルク700Nmで、全輪駆動のクワトロシステムの組合せだ。

EVモードでは満充電時、最大54km(WLTC)走行可能とされている。ごく低速域からスムーズな加速を可能にするモーター走行が可能だ。そもそも、先述のとおり、太いトルクを持つクルマであるが、モーター走行で、プレミアムクラスの大型セダンとして、より質感が上がった印象すら受けた。

さらに、エンジンにモーターのトルクを上乗せすることで、走行性能の向上ぶりもめざましい。静止から100km/hまでを4.9秒で加速してしまう。実際にドライブすると、ぐんぐん加速していくパワフルな走りは痛快だ。

ハンドリングもたいへんよい。足まわりとステアリングはしっかりとしていて、ハンドルを切ったときのボディの動きは、意外なほどすばやい。もうすこしコンパクトなアウディ車と同等と思えるほどだ。

「アウディスペースフレーム」というアルミニウムを使った堅固でかつしなやかなボディ構造の恩恵も大きい。路面の凹凸はきれいに吸収し、気持ちよい乗り心地をもたらしてくれる。アダプティブエアサスペンションとの組合せも上手だ。

スタイリングも、古びていない。2022年にフェイスリフトを受けたこともあるけれど、ロジカルなデザイン哲学を感じさせるアウディらしく、トレンドにおもねっていないことが、いまも強い存在感になっていると思う。

インテリアの作りもよく、プレミアムクラスにおける、もっとも重要な質感の点において、乗るひとを失望させることはなさそう。ドアの開閉音の重厚さをはじめ、各部の手触り、操作感、音……伝統的な上質感が、現代のデザインとうまくマッチしている。

たしかに、競合ほどデジタル化は進んでいないかもしれない。3Dのナビゲーションとか、呼びかけなしで起動するボイスコントロールとか、複雑なライティングシステムとか、車内でゲームができたりすることはない。

でも、A8をドライブしていると、クルマの本質とは、ドライブの気持ちよさにあると改めて思うのだ。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

工芸品の趣がある──新型日産スカイラインNISMO試乗記
工芸品の趣がある──新型日産スカイラインNISMO試乗記
GQ JAPAN
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
新しいビュイックの3列シートSUVがエレガントだ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
190万8000円の実力は侮れない──新型ホンダWR-V試乗記
190万8000円の実力は侮れない──新型ホンダWR-V試乗記
GQ JAPAN
5.0リッター最高!──新型ディフェンダー90 V8試乗記
5.0リッター最高!──新型ディフェンダー90 V8試乗記
GQ JAPAN
新しいアルファロメオのコンパクトSUV、ミラノ登場──GQ新着カー
新しいアルファロメオのコンパクトSUV、ミラノ登場──GQ新着カー
GQ JAPAN
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN
【魅力あるクルマ】 Sクラス譲りの最新技術を積極投入。メルセデス・ベンツCクラスの完成度
【魅力あるクルマ】 Sクラス譲りの最新技術を積極投入。メルセデス・ベンツCクラスの完成度
カー・アンド・ドライバー
【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
【10年ひと昔の新車】アウディ A1に使いやすい5ドアのスポーツバックが登場した
Webモーターマガジン
新型トヨタ4ランナー、堂々登場!──GQ新着カー
新型トヨタ4ランナー、堂々登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【比較試乗】ガソリン/ディーゼル/PHEVを徹底比較。ベストEクラス・セダンを探せ!「メルセデス ベンツE200アバンギャルド vs E220dアバンギャルド vs E350eスポーツ エディションスター」
【比較試乗】ガソリン/ディーゼル/PHEVを徹底比較。ベストEクラス・セダンを探せ!「メルセデス ベンツE200アバンギャルド vs E220dアバンギャルド vs E350eスポーツ エディションスター」
LE VOLANT CARSMEET WEB
アウディ Q8/RS Q8【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
アウディ Q8/RS Q8【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
「たっぷり盛った」斬新インテリアに驚く! ミニ・カントリーマン Cへ試乗 170psで充分楽しい
「たっぷり盛った」斬新インテリアに驚く! ミニ・カントリーマン Cへ試乗 170psで充分楽しい
AUTOCAR JAPAN
【試乗】日本にピッタリのEVがきたっ! 速くてエコで先進的なボルボEX30の魅力にノックアウト
【試乗】日本にピッタリのEVがきたっ! 速くてエコで先進的なボルボEX30の魅力にノックアウト
WEB CARTOP
今でも乗りたい1970~1980年代の後輪駆動セダン3選
今でも乗りたい1970~1980年代の後輪駆動セダン3選
GQ JAPAN
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
ベストカーWeb
【比較試乗】最新版! いま選ぶべきプレミアムセダンを徹底考察「BMW・5シリーズ vs トヨタ・クラウン vs メルセデス・ベンツ Eクラス」
【比較試乗】最新版! いま選ぶべきプレミアムセダンを徹底考察「BMW・5シリーズ vs トヨタ・クラウン vs メルセデス・ベンツ Eクラス」
LE VOLANT CARSMEET WEB
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
アウディA7スポーツバック/RS7スポーツバック【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索
A8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村