サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまやクルマの世界も「少子化」! かつて存在した3車種以上の「兄弟車」4組

ここから本文です
 迷うほどに選択肢が豊富だった!

 90年代まではそう変わらない兄弟車というものがトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱でよく見られた。トヨタのカローラとスプリンターがその代表といえる。かつてその種の兄弟車が多数あったのはユーザーの選択肢を増やすという面もあったにせよ、この5社は販売チャンネル(2003年度までのトヨタならトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店、ビスタ店)があったため、各ディーラーに販売するクルマを供給するためというのが最大の理由である。

おすすめのニュース

サイトトップへ