現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 第7世代のメルセデス・ベンツ・SクラスにV8エンジン+ISG搭載車が登場

ここから本文です

第7世代のメルセデス・ベンツ・SクラスにV8エンジン+ISG搭載車が登場

掲載 更新 44
第7世代のメルセデス・ベンツ・SクラスにV8エンジン+ISG搭載車が登場

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルのSクラスに「S580」を追加設定。パワーユニットには48V電気システムとISGを組み合わせた4リットルV8エンジンを搭載

 メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、第7世代となるSクラス(W223)に「S580」を設定し、同日より予約受注を開始した。

プレミアムミニバンのメルセデス・ベンツ・Vクラスが安全運転支援システムとエクスクルーシブシートの改良を実施

車種展開は以下の通り。
S580 4MATIC(ISG搭載モデル):1611万円
S580 4MATICロング(ISG搭載モデル):1953万円

 7代目Sクラスの最上級グレードに位置するS580は、パワーユニットに「M176」3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(最高出力503ps/5500rpm、最大トルク700Nm/2000~4000rpm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター、モーター、出力15kW/180Nm)/48V電気システム/リチウムイオンバッテリー(容量約1kWh)+9G-TRONIC(電子制御9速AT)を搭載する。V8エンジンは2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する“ホットインサイドV”レイアウトによって、ハイパワーと俊敏なレスポンスを発揮。また、大きな力を必要としないときに4つの気筒が休止するシリンダーマネジメントシステムを採用し、高回転まで滑らかに吹け上がる特性とともに、環境性能を高次元で両立する。さらに、アイドリングストップからの再発進時の瞬時のエンジン始動、ほとんど振動を感じることのないシフトアップ/ダウンなど、高い快適性も具現化した。一方、駆動機構には全天候型フルタイム4WDシステムの4MATICを採用。合わせて、走行安定性と旋回性を高める後輪操舵システムのリア・アクスルステアリングを組み込んでいる。

 懸架機構にはエアスプリングと電子制御ダンパーを組み合わせて極上の乗り心地を提供する高性能型のAIRMATICサスペンションに加えて、4輪それぞれに48V電動油圧ユニットを装備する「E-ACTIVE BODY CONTROL」をオプションで設定する。機能としては、フロントガラス上部のステレオマルチパーパスカメラで前方の路面の詳細な凹凸を検知し、様々なセンサーからの情報によるドライビング状況も加味して電子制御ダンパーおよびエアスプリングをコントロールするロードサーフェススキャン機能のほか、コーナリング時のロールによるばね上の傾きを修正して水平になるよう制御するダイナミックカーブ機能を採用した。側面衝突の危険を検知すると、サスペンションシステムが衝突側の車体を瞬時に持ち上げ、より頑丈な車体下部で衝突を受け止めることで乗員保護性能を高める機能を有していることも、同システムの訴求点だ。

 インテリアの機能面では、エナジャイジングパッケージ(エナジャイジングコンフォートプログラム)やアクティブマルチコントロールシートバックパッケージ(アクティブドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能)などの快適アイテムを標準で装備。また、S580 4MATIC/S580 4MATICロング用レザーエクスクルーシブパッケージをオプションで用意している。

こんな記事も読まれています

アルパインスターズ× HONDA コレクション2024/ライディングシューズ4アイテムが登場!
アルパインスターズ× HONDA コレクション2024/ライディングシューズ4アイテムが登場!
バイクブロス
スーパーGT第2戦富士では荻野目洋子さんが国歌独唱。DJ KOOさん出演のスペシャルライブも決定
スーパーGT第2戦富士では荻野目洋子さんが国歌独唱。DJ KOOさん出演のスペシャルライブも決定
AUTOSPORT web
マックス・フェルスタッペン、米タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出
マックス・フェルスタッペン、米タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出
motorsport.com 日本版
アルパインスターズ× HONDA コレクション2024/サマーグローブからレーシングモデルまで5アイテムが登場!
アルパインスターズ× HONDA コレクション2024/サマーグローブからレーシングモデルまで5アイテムが登場!
バイクブロス
サスティナブル素材50%超の2024年MotoEタイヤ ミシュランのピエロ・タラマッソさんに聞く独特なデザインの意味とは
サスティナブル素材50%超の2024年MotoEタイヤ ミシュランのピエロ・タラマッソさんに聞く独特なデザインの意味とは
バイクのニュース
走り好きには最高の1台!! スイスポは軽量で1.4Lターボに6速MT! 運転支援まで充実で文句なしのデキ
走り好きには最高の1台!! スイスポは軽量で1.4Lターボに6速MT! 運転支援まで充実で文句なしのデキ
ベストカーWeb
新しい日産のコンパクトSUV、キャッシュカイが出た!──GQ新着カー
新しい日産のコンパクトSUV、キャッシュカイが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
3万5000円で買ったスバル3代目「サンバー」は人生2台目! なぜ「剛力サンバー」を8年間も探し続けることになった?
3万5000円で買ったスバル3代目「サンバー」は人生2台目! なぜ「剛力サンバー」を8年間も探し続けることになった?
Auto Messe Web
トヨタ、プラド後継車「ランクル250」を発売。8000台限定の特別仕様車あり!
トヨタ、プラド後継車「ランクル250」を発売。8000台限定の特別仕様車あり!
driver@web
ついに新型トヨタ ランドクルーザー250シリーズが日本発売開始!──GQ新着カー
ついに新型トヨタ ランドクルーザー250シリーズが日本発売開始!──GQ新着カー
GQ JAPAN
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
くるまのニュース
新井大輝のシュコダが圧勝。2020年王者、4年ぶりの全日本ラリー総合優勝果たす/第2戦唐津
新井大輝のシュコダが圧勝。2020年王者、4年ぶりの全日本ラリー総合優勝果たす/第2戦唐津
AUTOSPORT web
新型ハイブリッドバスに乗れる!撮れる! 東急バス虹が丘営業所がGW中心に車庫公開
新型ハイブリッドバスに乗れる!撮れる! 東急バス虹が丘営業所がGW中心に車庫公開
乗りものニュース
柴田自動車とバンタンがコラボ、学生デザインのグッズ販売
柴田自動車とバンタンがコラボ、学生デザインのグッズ販売
レスポンス
ランドクルーザー250がついに正式発表。最廉価グレードは520万円から! 導入記念モデル“First Edition”も用意
ランドクルーザー250がついに正式発表。最廉価グレードは520万円から! 導入記念モデル“First Edition”も用意
月刊自家用車WEB
「我が家よりデカい」東名高速の「超巨大看板」が話題に!? “日本最大級”サイズになる納得の理由も 一体何が書かれているのか
「我が家よりデカい」東名高速の「超巨大看板」が話題に!? “日本最大級”サイズになる納得の理由も 一体何が書かれているのか
くるまのニュース
オービスで撮られたときにマスクやサングラスで「変装」してたらどうなる? 顔がわからなくても逃れることは基本不可能だった
オービスで撮られたときにマスクやサングラスで「変装」してたらどうなる? 顔がわからなくても逃れることは基本不可能だった
WEB CARTOP
「死者数だけが非常に多い」東京の交通事故“異常事態”なぜ? “ヤバイ事故”増加か
「死者数だけが非常に多い」東京の交通事故“異常事態”なぜ? “ヤバイ事故”増加か
乗りものニュース

みんなのコメント

44件
  • 63と73も追加されるよ
    73は800馬力超え
  • 外観上はそろそろ見慣れてきたかな。
    それでも先代のW222デビューの時のような強烈なインパクトは無い。
    W222は最初から、これはこのセグメントの中で最も美しく、ライバルを大きく引き離し、マイナーチェンジで3本のアクセントライトが付いた際も、斬新な感じでこのデザインはまだまだ使えると思った。
    特に内装はあのダッシュボード上の曲線を描くウッドパネルと、丸いエアコンの吹き出し口も未だに綺麗だと思う。
    ベントレーよりもむしろこちらの方がエレガントに思える。
    それに対して新型のあの味わいのない平面的なダッシュボードにタッチパネルはなんとかならんのかなと今だに思う。
    あのヘンテコな3本スポークステアリングも興ざめ。
    まだまだ欲しいと思えるまで時間がかかる・・・車体が大きくなったのはいいけど、リアもなんかのっぺらとして味わいがない。 Sクラスどうしちゃったの??って感じ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02160.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02160.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村