現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 500万円以上で選ぶ「乗っておくべきスポーツ派」ベストモデル

ここから本文です

500万円以上で選ぶ「乗っておくべきスポーツ派」ベストモデル

掲載 7
500万円以上で選ぶ「乗っておくべきスポーツ派」ベストモデル

1位:LOTUS Elise

 ロータス・エリーゼは往年のフォーミュラカーそのままの構成を採用したMRスポーツ。シャシーは高硬度のアルミを曲げ加工しエポキシ系接着剤で組み上げたバスタブ型、エンジンはミッドシップマウント、ボディはFRP製だ。軽量でシンプルな構造と、操縦安定性こそが名門ロータスのこだわり。1996年の販売開始から実に25年、いよいよ有終の美を飾るが、走りの実力は現在でも素晴らしい。矢のように進む直進性と、ステアリング操作と同時に切った方向にシャープに曲がるハンドリング特性は世界最高レベル。エンジンの荷重を受け止め駆動する後輪は、接地感をリアルにドライバーに伝える。イメージどおりにパワーオーバーステアを作り出せるのもエリーゼの真髄。低い着座姿勢も心地いい。エンジンはトヨタ製1.8リッター直4スーパーチャージャー。220psのパワーで軽快に豪快に加速し、曲がり、止まる。最終型はエンジン出力に見合う「最高のパフォーマンス」を秘める。ガレージに収める価値がある。

ロータスが最後のミッドシップエンジン・スポーツカーとなる「エミーラ」を発表

2位:ALPINE A110

 往年のA110の雰囲気はそのままに2017年秋に復活したフレンチスポーツ。ミッドシップらしいシャープな身のこなしと安定性を持ちながら、乗り味は滑らか。室内の雰囲気も大きな個性。吟味した素材と巧みなデザイン処理で上質にまとめている。走り優先のライトウェイトとは別種の優れた日常性の持ち主。幅広いライフスタイルをカバーするモダンスポーツである。

3位:Aston Martin Vantage

 どこか高貴な雰囲気のアストンのコンパクトサイズがヴァンテージ。WEC(世界耐久選手権)などで優勝するパフォーマンスをロードカーとして味わえる。引き締まった動きのなかに、気持ちが安らぐGTカーの要素も併せ持つ。賛否が分かれていたフロントマスクは、新たにヴェーンドグリルが選択できるようになった。トランスミッションは8速ATと7速MT。

4位:HONDA NSX

 日本屈指のスーパースポーツである。3モーター+3.5リッター・V6ツインターボによるSHーAWDシステムは圧巻。前輪は左右独立した駆動力制御が鋭利なハンドリングを約束し、後輪の駆動力伝達も見事。驚異の旋回性能を実現した。速さも超一級。走行パフォーマンスは世界の最先端をいく。この未体験ゾーンはNSXでしか味わえない。時代が求める環境性能も素晴らしい。先日発表されたタイプSを最後に生産を終了してしまうのは、なんとも残念である。

5位:NISSAN GT-R

 日本製スポーツカーの最高峰。デビューから14年が経過したが、いまだ性能はトップレベル。ともかく暴力的に速い。優れた基本設計と、着実なリファインの成果を実感する。ポテンシャルは300km/hオーバー。旋回性能も驚異的なレベル。一方で洗練度も確実に高められており、街乗り時のスムーズさも印象的。フィナーレは近いが日産が世界に誇る名車である。

こんな記事も読まれています

世界初「EVレッカー車」できました! パワーもバッチリで静か! ただ悩ましい課題も
世界初「EVレッカー車」できました! パワーもバッチリで静か! ただ悩ましい課題も
乗りものニュース
光る巨大“パンテノングリル”が超豪華! スーパーSUV ロールス・ロイス「カリナン」に新型「シリーズII」登場
光る巨大“パンテノングリル”が超豪華! スーパーSUV ロールス・ロイス「カリナン」に新型「シリーズII」登場
VAGUE
人気の「キャンピングカー」借りて旅行したい!「レンタル費用」相場はどれくらい? 運転時の「注意事項」もまとめて解説!
人気の「キャンピングカー」借りて旅行したい!「レンタル費用」相場はどれくらい? 運転時の「注意事項」もまとめて解説!
くるまのニュース
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
LE VOLANT CARSMEET WEB
PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
AUTOSPORT web
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
レスポンス
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
motorsport.com 日本版
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
月刊自家用車WEB
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
バイクブロス
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
くるまのニュース
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
カー・アンド・ドライバー
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
Webモーターマガジン
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
Merkmal
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
THE EV TIMES
タイ、それとも韓国か。F1、アジアでのさらなるグランプリ開催を検討。好調アメリカでの“4戦目”には興味ナシ?
タイ、それとも韓国か。F1、アジアでのさらなるグランプリ開催を検討。好調アメリカでの“4戦目”には興味ナシ?
motorsport.com 日本版
ランボルギーニが新型レコードプレーヤーを6月発売へ…V12サウンド収録のアナログ盤が付帯
ランボルギーニが新型レコードプレーヤーを6月発売へ…V12サウンド収録のアナログ盤が付帯
レスポンス

みんなのコメント

7件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

662.0777.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

288.0910.0万円

中古車を検索
エリーゼの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

662.0777.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

288.0910.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村